宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ペッタン」 こりこりこさんの声

ペッタン 作:高部 晴市
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年04月25日
ISBN:9784061325449
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,343
みんなの声 総数 9
「ペッタン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 正体がわかると、また読みたくなる!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    なりたい動物に変えてくれる不思議な注射をうってくれる!ツネキ先生。
    その正体は??あれ、なんだかページをめくるごとに、いろいろなパーツがひょっこり、ひょっこり、、、ツネキ、先生。
    なるほどー!と思いながらも、なぜツネキ先生がそんな注射を持ってるのか、そもそも本当に存在する病院なのか?正体が正体なだけに謎が深まる。
    こどもたちや先生のなりたい動物が、バラエティーにとんでいて、え、それになりたいの?!と思わず思ってしまう生き物に変身している子もいて、
    人それぞれなのだなぁってことを、こどもともチラリと話せたことがよかったです。
    特に4歳の娘は、喜んで繰り返し読み聞かせています。自分だったら、なにになりたいか想像するのが楽しいようです。

    投稿日:2019/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ペッタン」のみんなの声を見る

「ペッタン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / そらいろのたね / はらぺこあおむし / くだもの / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット