新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ

「ぼくら」シリーズ(1) ぼくらの七日間戦争」 Tamiさんの声

「ぼくら」シリーズ(1) ぼくらの七日間戦争 著:宗田 理
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2007年01月
ISBN:9784591095775
評価スコア 4.25
評価ランキング 20,484
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 小6の息子が読みました。
    母の私も読んだので、親子2代で読んだ本です。
    おもしろかったらしく、
    シリーズを読み進めています。
    1985年に出版されて以来、出版社が変わりつつ45巻もあるのですね。ビックリしました。

    主人公は、東京の下町の中学1年生、菊地英治。
    1学期の終業式の日。
    栄治ら1年2年の男子生徒が突如行方不明となります。
    英治たちは、荒川河川敷の廃工場に立てこもって、
    学生運動をまねた「解放区」として、
    過度な体罰や校則で生徒を縛り付ける教師や親に対し、
    徹底抗戦を行うのです。
    突入してきた教師に様々な仕掛けて対抗するシーンは爽快です。

    1985年といえば、
    まだバブル期です。
    当時は体罰をする先生もいて、
    学校は荒れていました。
    今は体罰をする教師はほぼいませんが、
    ちゃんと感情移入して読んだようです。

    大人に対してここまで反抗心を持ったこと、
    私もあったなーと思い出しました。
    中高生の頃、尾崎豊が好きだったんですが、
    そういう感覚を忘れないで子育てしていきたいものだなと思いました。

    「ぼくら」シリーズも、
    ドラえもんやサザエさんやちびまる子ちゃんのように、
    時代を超えて読み継がれる本になったのですね。
    ちょっと感慨深いです。

    投稿日:2022/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「「ぼくら」シリーズ(1) ぼくらの七日間戦争」のみんなの声を見る

「「ぼくら」シリーズ(1) ぼくらの七日間戦争」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット