まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

赤いおおかみ」 金のりんごさんの声

赤いおおかみ 作・絵:フリードリッヒ カール ヴェヒター
訳:小沢 俊夫
出版社:古今社
本体価格:\2,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784907689193
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,941
みんなの声 総数 5
「赤いおおかみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 骨太で壮絶な絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    絵本の紹介本で、他の本は2冊ないしは4冊で1ページ使っているところ、この本1冊で堂々1ページ使って紹介され、絶賛されていた本です。
    紹介文が結構重かったので、興味はあるものの、なかなか手に出来ませんでした。
    今回初めて読んでみたのですが、思ったよりずっと読みやすく、しかも深い感動がありました。
    そして、あまり見たことがないスタイルの、「骨太で壮絶な絵本」でした。

    1匹の赤毛の小型犬が生まれるところから始まり、その犬の一生を描いています。
    最初人間と一緒に暮らしていたのに、オオカミに拾われてオオカミとして育ち、そしてまた人間と暮らして、最後には壮絶な死が。
    犬としての人間との柔らかで幸せな時間、そしてオオカミとしての強さと狩と戦いの時間、どちらも彼にとっては真実で、充実した自分の人生だったのです。
    だから、人との柔らかなふれあいを心地よく思いながらも、最期の時は、オオカミとして決然として死に向かうのです。
    1ページの文章量が少ないので、どんどんページを進めることができます。
    それは、読みながら、一緒に彼の人生をたどっていく作業でもあります。
    死ぬ間際に、彼が自分の人生を振り返って豊かで素晴らしかったと喜ぶところは、圧巻です。

    投稿日:2007/03/02

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「赤いおおかみ」のみんなの声を見る

「赤いおおかみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / ジャイアントジャムサンド / いわたくんちのおばあちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット