新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

岩波少年文庫 ランサム・サーガ(7) 海へ出るつもりじゃなかった(上)」 てんぐざるさんの声

岩波少年文庫 ランサム・サーガ(7) 海へ出るつもりじゃなかった(上) 作:アーサー・ランサム
訳:神宮 輝夫
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\836
発行日:2013年05月
ISBN:9784001141825
評価スコア 4
評価ランキング 30,025
みんなの声 総数 1
「岩波少年文庫 ランサム・サーガ(7) 海へ出るつもりじゃなかった(上)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ウォーカーきょうだいが外海に出ちゃいます!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    今回はウォーカーきょうだいだけの冒険になります。
    いえいえ、実は最初だけは、たまたま一時期帰還するお父さんを迎えにいった東部の海岸近くで知り合ったジム青年と一緒でした。
    ところが、とんでもないアクシデントが続き、ウォーカーきょうだいはたった4人だけで、カッター(帆船)で外海に出ることになってしまう物語です。

    荒れ狂う波に、ヨットや帆船に乗りなれているはずのスーザンは(ティティもだけど、ティティは頭が痛くなったくらいで、スーザンほどではない)、生まれて初めて船酔いするんですが、小さな子どもたち(ティティやロジャ)を守るはずの自分がこんなことありえない!と、葛藤している様子は、読んでいてこっちも船酔いしそうでした。
    ほんと、ランサムはそういう1つ1つの個性を主張しすぎず物語の中に溶け込ませることがうまいな〜と、思いました。

    ジョンも長兄としていろいろ頑張りますよ〜。
    他の冒険の時は最近すっかりナンシーのやることのサポート役に徹していましたが、普段しっかり者のスーザンがいろいろテンパって半狂乱になっていても、スキャッパー(船長)としてみんなと船の安全を第一に考えた最善策を遂行します。それが、外海に出るしかないことでも!

    いや〜、毎回いつもそうなのですが、このシリーズは一度読み始めると、もう続きが気になって気になって、ドキドキしながら子どもたちと冒険に出ている自分がいるんですよ〜。
    時にはジョンになったり、スーザンになったり…。
    この物語が書かれた当時、まだそれほど世の中が便利すぎていない時代。自分たちにできることを必死にやろうとする冒険者の子どもたちがとても愛おしくなります。
    私は小さな船ではすぐ船酔いしてしまう性質ですが、彼らが乗る帆船になら乗ってみたくなります。

    今回はがっつり船の中のことがメインなので、女の子より、どちらかというと乗り物や海、冒険が好きな男の子たちにぜひお勧めしたいです。

    投稿日:2016/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 ランサム・サーガ(7) 海へ出るつもりじゃなかった(上)」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 ランサム・サーガ(7) 海へ出るつもりじゃなかった(上)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 堀内花子さん 紅子さん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット