クレヨンのはしご」 ぱみままさんの声

クレヨンのはしご 作・絵:板橋敦子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1986年
ISBN:9784893256560
評価スコア 4.45
評価ランキング 10,005
みんなの声 総数 10
「クレヨンのはしご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 私が幼稚園の時に読んでとても印象に残っている本です。
    それがまだ手元にあるので、今また娘と読めることになりました。
    当時の感動はいまだに覚えているので、娘の反応というより、当時の私が感じていたことを書きます。

    たっちゃんは、自分のクレヨンが空中に絵が描けることに気づきました。それだけで当時の私はワクワクして、自分のクレヨンも何かのひょうしにそんなふうにならないかなと期待していました。

    それから、たっちゃんがクレヨンで描いた「はしご」は、なんと人が乗っても大丈夫!私も登ってみたいと何度思ったかわかりません。

    雲の上まで登って出会ったカミナリの子たちにお願いされて、すべり台やジャングルジム、シーソー、ブランコまで快く描いてあげるたっちゃんの親切には、子供心にも感心しました。

    カミナリの子が誤ってはしごを壊してしまい、たっちゃんが地上に帰れないかもしれない…!となった時にも、たっちゃんが怒らず騒がず、にっこり笑ってまたはしごを描きながら帰っていく場面でも、たっちゃんは本当にえらいなぁと思っていました。
    最後のほうでクレヨンがなくなり、指についたクレヨンで薄いはしごを描きながら慎重に下りていく場面は、たっちゃんと一緒になってハラハラドキドキしました。

    その他、折りたたみのページがあって、それを開くと地上から雲の上まではしごが続いている様子がわかる工夫がされています(昭和61年版なので、最新の本はどうなっているのかわからないのですが)。
    3歳になったばかりの娘は、たっちゃんが描く時に出てくる「シュッシュッサーッ」という音を真似してリズムを楽しんでいるようです。

    投稿日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クレヨンのはしご」のみんなの声を見る

「クレヨンのはしご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット