ウリンボー」 レイラさんの声

ウリンボー 絵:荒井 良二
文:椎根 和
出版社:芸術新聞社
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年06月17日
ISBN:9784875863656
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,230
みんなの声 総数 4
「ウリンボー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • イノシシが福島を浄化する

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    ウリンボーとはイノシシの赤ちゃんのこと。
    古事記にも書かれている、日本の古来種なのです。
    そんなウリンボーのことが描かれ、突如ストーリーは福島の原発事故へと進みます。
    放射能に汚染された土地に残ったイノシシたちに、
    フクシマの王子さまがお願いをするのです。
    汚染された木の葉・木の実・キノコを食べ、浄化して欲しい、と。
    どこまで科学的な話なのかわかりませんが、この発想に考えさせられます。
    『風の谷のナウシカ』にもこのような浄化シーンがありましたね。
    福島の土壌汚染を考える参考になるかもしれませんね。

    投稿日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ウリンボー」のみんなの声を見る

「ウリンボー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット