新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

はしるってなに」 ヒラP21さんの声

はしるってなに 文:和合 亮一
絵:きむら ゆういち
出版社:芸術新聞社
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年06月25日
ISBN:9784875863595
評価スコア 3.67
評価ランキング 39,465
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 小学校6年生の読み聞かせに使いました。
    東日本震災の津波と、福島第一原発の爆発で、故郷の富岡町を離れ、青森の浅虫の親戚に身を寄せた少年が、走ることで自分自身に問いかけ、自分自身の答えを見つける、お話(詩)です。
    浅虫と富岡の海の風景の対比、忘れられない津波の恐怖、きむらゆういちさんの荒々しい絵が、問いかけるように迫ってきました。
    そして、何より「走る」という行為の中に、父親が込めた意味をしっかりと受け止めた少年は、走ることの孤独の中で自分自身を乗り越えるという素晴らしい成長を遂げたことに、拍手をしたいと思いました。

    投稿日:2013/10/07

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はしるってなに」のみんなの声を見る

「はしるってなに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット