まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ただいま! マラング村」 えみりん12さんの声

ただいま! マラング村 作:ハンナ・ショット
訳:佐々木 田鶴子
絵:斉藤木綿子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年09月09日
ISBN:9784198636784
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,322
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 日本とは全く違う生活

    楽しいかというと楽しい話ではない。

    でも、アフリカの実在の少年ツソの話は、身に染みる。

    お父さんが病気で死んでしまい(医者もいないし薬を買うお金もなく)、お母さんに捨てられ、4歳のツソと8歳のダウディはおばさんの家に預けられる。4歳でも水汲みとかいろんな仕事をし、いとこたちがたくさん食べるのに、ツソたちはほんの少しの食糧を食べるだけ。とうとうお兄さんと逃げ出して、街でピーナツや水を盗んで過ごします。ダルエスサラームにいくバスに乗ろうとする兄とはぐれ、翌日、自分もバスに乗り込みます。でもとうとう兄とは会えずじまい。

    女の人と手をつないでバスにタダ乗りしいろいろさがしても会えません。

    盗みながら暮らすうち、シスターに出会い、学校で食事や勉強を提供されます。

    ある日、家(といってもおばさんの)に帰りたいといい、歩いていってみます。ノックしてどうぞ、と聞こえた声はきっとお兄ちゃんのもの。「お兄ちゃん!」と開ける瞬間で本が終わります。

    再会できるところを読みたかったですが、、、

    子供には、こういう恵まれない子もいると知ることが良いチャンスになるかと思いました。

    投稿日:2016/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ただいま! マラング村」のみんなの声を見る

「ただいま! マラング村」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット