しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

レッツとネコさん」 てんぐざるさんの声

レッツとネコさん 作:ひこ・田中
絵:ヨシタケシンスケ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2018年06月13日
ISBN:9784062210645
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,374
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 5歳児より少し上のお子さんたちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    絵が多くて文字が大きい幼年童話。
    5歳児「レッツ」のシリーズ第1巻です。
    レッツのおウチにはお父さんとおかあさんとレッツと、ねこの“キウイ”がいます。
    とても仲の良い家族で、読んでいるとこっちまで幸せな気分になってきます。

    特に気に入ったのは、
    「好き」や「わかった」や「大丈夫」に似ているけれどちょっと違う
    『もちろん!』って、返事。
    こう言っているときののパパの笑顔がまたいいんです。
    (このシリーズは「ヨシタケシンスケさん」がイラストを描いています)

    幼年童話ですが、この本はレッツと同じくらいの年齢のお子さんより、少し上小学校低学年くらいのお子さんたちに薦めたいです。
    ちょうどこの本の中で、5歳児のレッツが3歳児の年少さんを見て

     レッツも、むかしむかし、お〜むかし、あんな子どもだったかと おもうと、ちょっと かなしくなる。

    って、振り返っているように、少し年齢を重ねてからのほうが客観的に見て楽しめるんじゃないかな。と思います。

    作者のひこさんはほぼ同時に、中学生(「なりたて中学生」)と、小学生(「ハルとカナ」)と、園児(5歳児の「レッツ」シリーズ)のおはなしを書いていたんですね。私はそれを中学生のシリーズから逆に読んできましたが、どれもそれぞれの年齢ならではの日常が描かれていて、等身大で見れて面白いです。

    レッツのおはなしに興味を持った方は別のシリーズもぜひどうぞ。

    投稿日:2017/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「レッツとネコさん」のみんなの声を見る

「レッツとネコさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット