新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ

どんぐりむらのどんぐりえん」 ピクルスさんの声

どんぐりむらのどんぐりえん 作:なかや みわ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2013年09月06日
ISBN:9784052038037
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,105
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く
  • がんばってるあっくんを見守りつつ・・・ 受賞レビュー

    • ピクルスさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    2歳から、この春まで、4年間保育園に通ったうちの娘。
    本棚にこの絵本があるのを見つけて、まずはひとりでじっくり読んでいました。

    どんぐりえんのおはなしは、シリーズのぱんやさんやぼうしやさん、おまわりさんのように主人公がはっきりしていません。
    先生もこどもたちも、ひとりひとりが主役。
    そんなお話の中で、娘は、お母さんとの別れ際に涙をこぼしていた「あっくん」が気になったようでした。
    先生に抱っこされてお母さんと別れたあっくんを、次のページで探します。
    するとまだ先生の足元で、しょんぼり。
    その次のお散歩に出かけるシーンでも、バギーの中でまだ不安そうな顔。
    でもページをめくるたび、あっくんは少しずつみんなの輪に入って、楽しそうな表情に変わっていくんです。

    想えば、娘もそうでした。毎日寂しさをこらえてママと別れ、でもお友達や先生といっしょに過ごすうちに楽しくなり、いろんな経験をさせてくれた保育園。

    娘はきっと、親しみと懐かしい思いをもってこの絵本を読み、あっくんをページの中に探しだのだと思います。
    そんな娘の想いに、この絵本はこたえてくれました。
    あっくん以外の子にも、いろんなストーリーが隠れていそうです。

    もちろん、ストーリーの中心となっているどんぐりえんのおみせやさんまつりも、とっても楽しそうです。
    こんなすてきな保育園があるから、どんぐりむらのどんぐりたちは安心してお仕事に励めるんですね!!

    ひととおりストーリーを楽しんだ後でも、ひとつぶひとつぶ観察したり、表紙の裏の「どんぐりえんのこどもたち(紹介)」をじっくり読んだりと、何度でも楽しめる絵本だと思います。
    特に、保育園っ子におすすめします!

    投稿日:2014/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どんぐりむらのどんぐりえん」のみんなの声を見る

「どんぐりむらのどんぐりえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

全ページためしよみ
年齢別絵本セット