ぼくのくれよん」 夏の雨さんの声

ぼくのくれよん 作・絵:長 新太
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1993年04月
ISBN:9784061318915
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,804
みんなの声 総数 168
  • この絵本のレビューを書く
  • クレヨンというのは、「石鹸・蝋・脂肪などに各種の顔料をまぜて棒状に造る」と「広辞苑」に出ている。「学童などが用いる図画用の絵具」ともあるように、ほとんどの子どもが使ったのではないだろうか。
     色鉛筆と違って、削らなくてよくて、描いていく感触も柔らかいのがいい。
     漫画の「クレヨンしんちゃん」とか児童書専門店の「クレヨンハウス」とか、やはり子供と関係して馴染み深い。
     そのクレヨンを題材にして、「ナンセンスの神様」という異名のある絵本作家の長新太さんが描いた作品が、この絵本です。

     一本のくれよん(絵本の表記がひらがななので、以下ひらがなで)がまず出てきます。
     大きな丸太のように、とても大きいのです。
     どうしてかというと、ぞうさんのくれよんだからです。
     ぞうさんが青いくれよんで大きな丸を描くと、まるで池みたいにみえます。
     まちがってカエルが跳び込んだりします。
     赤いくれよんで描くと、火事みたいに見えます。
     動物たちがあわてて逃げ出します。
     黄色のくれよんで、大きなバナナを描きましたが、もちろん食べられません。
     ぞうさんの大きなくれよんは、人騒がせなくれよんです。

     ページを開くと、子供たちの歓声と笑い声が弾きでるような作品です。

    投稿日:2021/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのくれよん」のみんなの声を見る

「ぼくのくれよん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(168人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット