100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!
クッチーナママさん 40代・ママ

これ欲しい!
「100にんのサンタクロース」は、子供…

ぼくのおおじいじ」 てんぐざるさんの声

ぼくのおおじいじ 作:スティバンヌ
訳:ふしみ みさを
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月30日
ISBN:9784265850501
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,758
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 小さな子にもしっかり「死」を伝える。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    どちらかというと、絵のタイプは海外の新聞に載っているマンガのような絵柄で、子どもたちから見ると親しみやすい絵なのかな〜と、感じました。
    とはいえ、内容はしっかり伝わってくるものがり、おおじいちゃんとひ孫との心の触れ合いをとても感じることができました。

    この絵本を読んで、すごいなと思ったところは、小さな子どもにもちゃんと向き合って自分の身近な人の「詩」について説明するシーンがあったこと。
    日本人はどちらかというと「死」を忌み嫌うところがあり、
    おじいちゃんやおばあちゃんが亡くなった時、まして小さな子どもには伝えるどころか、どちらかというと隠そうとする気がします。
    でも、この物語のようにしっかり身近な人のの「死」を伝えるとこは、実は大切なことなんじゃないかと、この作品を読んで改めて感じました。
    もし変におおじいちゃんが生きているようなそぶりをされたり、「死」を隠すようなことをされていたら、「ぼく」の気持ちはどこにももっていいきようがなく、長い間重荷になってしまいそうです。

    「わすれられないおくりもの」や「ずーっとずっとだいすきだよ」
    などと同様、身近な人の「死」を癒したいとき、小さな子どもたちにそれを伝えたいとき、お子さんたちと読んでみるのもいいかもしれません。

    投稿日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのおおじいじ」のみんなの声を見る

「ぼくのおおじいじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット