なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

犬になった王子 チベットの民話」 ヒラP21さんの声

犬になった王子  チベットの民話 文:君島 久子
絵:後藤 仁
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2013年11月15日
ISBN:9784001112429
評価スコア 4.85
評価ランキング 94
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 大陸的なドラマ

    チベットの穀物が伝わってきた由来についての伝承と、さまざまな神話を組み込んだ、いかにもアジア大陸の風土に密着したドラマだと思います。
    少々複雑さがあるので、高学年向けだと思います。
    ちょっとパターン的な展開とパターン的な絵が気になりましたが、犬になっても国に大麦を持ち借りたいと一心に願う王子のストレートさと、その犬を思う娘ゴマンの純粋さが輝いていました。
    後藤さんの描く絵は、絵本の中でゴマンが一番輝いている通り、美人画の人という感じがしました。

    サイン入り絵本を購入しましたよ。

    投稿日:2014/02/08

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「犬になった王子 チベットの民話」のみんなの声を見る

「犬になった王子 チベットの民話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット