ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

ウーギークックのこどもたち」 多夢さんの声

ウーギークックのこどもたち 文:坂元 裕二
絵:林田 秀一
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年03月05日
ISBN:9784309274829
評価スコア 3.38
評価ランキング 45,047
みんなの声 総数 7
「ウーギークックのこどもたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 難しい・・・

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    感想を書こうかどうか迷いました。
    難しいです。
    「死」を取り扱った絵本って、デリケートな部分があって、
    どう、言ったらいいのか・・・

    日本テレビ系ドラマ「Woman」に登場した架空の絵本でした。
    話題を呼んで、現実の絵本になったものです。

    病院に住む子どもたち。
    その中に、るるという女の子がいました。
    るるは、子どもたちの魂を食べる怪物ウーギークックに、
    やめさせようと、パンやハム、砂糖や塩など代わりの物を持っていきますが、
    「たましいのほうが、おいしい。」と言われます。

    ウーギークックとは何を象徴しているのでしょうか。
    ウーギークックがしゃべる言葉に、どんな意味が含まれているのでしょうか。

    るるは、ウーギークックのたましいをもらって生き延びます。

    今までにない展開のおはなしに、戸惑っています。
    何不自由なく生活しているからでしょうか。
    「死」と隣り合わせにいないからでしょうか。

    読んでて悲しくなりました。怖くなりました。
    深いテーマがあるのかも・・・。

    るるは幸せになれたのでしょうか・・・

    もっと読み込まないといけないのかしら。
    私には難しい内容のおはなしでした。

    人それぞれ、いろんなとらえ方があると思います。
    他の方の感想も聞いてみたいです。

    投稿日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ウーギークックのこどもたち」のみんなの声を見る

「ウーギークックのこどもたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット