いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ウーギークックのこどもたち」 りひまるさんの声

ウーギークックのこどもたち 文:坂元 裕二
絵:林田 秀一
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年03月05日
ISBN:9784309274829
評価スコア 3.38
評価ランキング 45,047
みんなの声 総数 7
「ウーギークックのこどもたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 私は好きですが、、

    ドラマ「Woman」を見て、この絵本を読んでみたくなりました。
    大人向けの絵本かな、、と思います。

    私なりの勝手な解釈なんですが。。。

    子供の魂を食べるウーギークックが、怖いや悲しいといった感情を知らないのは、
    きっと、ずっとひとりぼっちで過ごしていたからじゃないか。

    そして、今まで自分を怖がる人間ばかりで、暗いところで一人で過ごすウーギークックにとって、
    るるは、初めてそばにいてくれた人間。
    誰かと一緒にいることでウーギークックは、初めて今までにない色々な感情が芽生えてきたのかもしれない。

    ウーギークックは、るるが直面している死がどんなことなのか知りたくなったのかもしれないし、
    自分には、るるの魂を食べることはできないと思ったのかもしれない。
    魂を食べられないウーギークックは生きていくことはきっとできないだろうし、
    いずれにせよ、ウーギークックは、るるの変わりに死んでみようと思ったんじゃないか。

    「こわいは おいしい。かなしいは おいしい」最後に言ったウーギークックの言葉は、
    怖いも悲しいも、ひとりボッチでは感じることができなかった感情。
    誰かと一緒にいることで、芽生えた感情は、ウーギークックにとって、”おいしい”という表現になったのかと。

    私は、死について考えるというより、どちらかというと、人が生きている時に持つ様々な感情について色々考えさせられました。

    投稿日:2014/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ウーギークックのこどもたち」のみんなの声を見る

「ウーギークックのこどもたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット