くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

くまって、いいにおい」 アルゴドンさんの声

くまって、いいにおい 作:ゆもと かずみ
絵:ほりかわりまこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784198612184
評価スコア 4.2
評価ランキング 17,406
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • くまって、どんなにおい?

    • アルゴドンさん
    • 40代
    • その他の方
    • 茨城県
    • 女の子8歳、女の子2歳

    森の奥にすむくまのところには、悩みや悲しみをかかえたたくさんの動物たちがやってきます。そしてくまの毛に身をうずめ『いいにおい』に元気づけられて帰って行きます。そんな毎日に『ぼくだって、どきどき元気がないのに』と疲れてしまったくまは、おせっかいなキツネのおかげで誰もやって来ない静かな日々を手にいれるのですが....。
    誰もこない日が続きだんだん元気をなくしていくくまを、今度は逆に森の仲間たちが元気づけてくれる。そしてくまは自分が皆を助けているだけじゃないってことに気づくのです。
    ちょっとおせっかいで意地悪に見えたキツネとの友情や『ちょっとうっとうしいなあ』と思っていた森の動物たちのさりげない心遣いに思わずホロリとさせられます。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くまって、いいにおい」のみんなの声を見る

「くまって、いいにおい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / いやだいやだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット