貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

とうさんかあさん」 てんぐざるさんの声

とうさんかあさん 作・絵:ながの ひでこ
出版社:石風社
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784883441310
評価スコア 4.83
評価ランキング 143
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • お父さん・お母さんにも子ども時代があった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    発行年月日を見ると、長野ヒデ子さんの初期の頃の作品だと思います。
    簡単な仕掛け絵本になっていて、
    主人公『ぼく』のお父さんの昔の話は切れ目より上に、お母さんの昔の話は切れ目より下に描かれていて、
    同時に捲っていったり、片方ずつ薦めたり、時々どちらかの時間だけを遡ったりしながら、読者の好きに読み進めることができます。

    時代が時代なので、「ぼく」のお父さんとお母さんの子どもの頃は、はっきり描かれてはいませんが、昭和20年代くらいのようで、平成の今の子どもたちからすると、すごく昔に感じるかもしれませんし、
    どちらかというと、おじいちゃんおばあちゃんの子ども時代に近いかもしれません。
    どっちにしろ、自分のお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんにもちゃんと子供の時代があったのだということが、この絵本から伝わってきてくれるといいなぁと、思いました。

    掲載日:2012/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とうさんかあさん」のみんなの声を見る

「とうさんかあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット