宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

まっくらなよると ばくのムー」 ちゃこもねさんの声

まっくらなよると ばくのムー 作・絵:むらかみ ひとみ
出版社:エムオン・エンタテインメント
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784789726856
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,583
みんなの声 総数 9
「まっくらなよると ばくのムー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 夢を食べるバクの絵本

    • ちゃこもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子1歳

    動物好きだった私にとってばくは夢を食べる動物。
    でもどうやって? 夢を食べられたらどうなるの?と結構大きくなるまで疑問に思っていました。
    最近はバクって夢を食べるんだってという話をあまり聞かなくなってきた気がします。

    この絵本は眠ると怖い夢を見るから大嫌いという4歳の息子に読んであげたいと思った絵本です。

    今日から一人で寝ることになったポロンくん。
    そこに出てきたのはやさしい目のバクのムー。
    バク達は、眠れない子どもがいないのか夜空でパトロールをして、夜の空に連れ出してくれるという。
    夜が怖かったポロンも、同じように眠れない子が他にもいるということに安心するというお話。

    4歳の息子も、このお話を読んで眠りを克服したということではないのですが、寝る前に読んでとせがまれます。
    自分なりに寝るのは怖くない、とがんばる為の1冊になったのかもしれません。

    投稿日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まっくらなよると ばくのムー」のみんなの声を見る

「まっくらなよると ばくのムー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / どうぞのいす / くれよんのくろくん / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット