こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

アントニーなんかやっつけちゃう」 はなびやさんの声

アントニーなんかやっつけちゃう 作:ジュディス・ヴィオースト
絵:アーノルド・ローベル
訳:渡辺 茂男
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1995年
ISBN:9784579403479
評価スコア 4.22
評価ランキング 18,763
みんなの声 総数 8
「アントニーなんかやっつけちゃう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 溜飲が下がるお話

    お兄さんやお姉さんに虐げられていると思っているお子さんにとっては溜飲が下がるお話ではないかと思います。

    でも、なんで6歳になったらと思うのかな?自分が大きくなったら、アントニーも大きくなっているはずなのに、そういう発想はないのでしょか?ちょっと不思議ですが、子どもってこういう発想をするものなのかなというのも否めない気がしました。

    投稿日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アントニーなんかやっつけちゃう」のみんなの声を見る

「アントニーなんかやっつけちゃう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット