かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

吾輩は猫である」 金のりんごさんの声

吾輩は猫である 文:夏目 漱石
編:齋藤 孝
絵:武田 美穂
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784593560516
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,516
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く
  • 有名な文を子どもと一緒に!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    『吾輩は猫である』って、ものすごく惹かれる本なんですよね。
    で、私も学生時代に手にしてはみたものの、結局その長さに負けて、前半と最後だけ読んでお終いにしてしまいました。
    もう一度手を出そうとは思いませんが、それでもやっぱり妙に惹かれる本だったので、この絵本が出たと知った時には、大喜びでした。
    さて、実際に手にしてみると、とてもコンパクトになっていますが、本体の雰囲気は十分に味わうことができます。
    そして、「声に出すことばえほん」の通り、実際に声に出して読んで楽しい本になっています。
    一見「ミスマッチでは?」と思った武田美穂さんの絵もとても良く合っていて、特に先生には、明治の雰囲気が滲み出ていてとっても味わい深いものがあります。
    是非子どもと一緒に、「吾輩は猫である。名前はまだない」(「ドラえもん」で、あのジャイアンも口にしている有名な文章です!)と声に出して読みたい一冊です。

    投稿日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「吾輩は猫である」のみんなの声を見る

「吾輩は猫である」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / もったいないばあさん / ノンタンはみがきはーみー / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット