もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

おばけのソッチねこちゃんのまき」 渡辺諦さんの声

おばけのソッチねこちゃんのまき 作:角野 栄子
著:佐々木 洋子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1991年10月
ISBN:9784591030547
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,727
みんなの声 総数 3
「おばけのソッチねこちゃんのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 飴屋に住んでいるお化けのソッチが、放課後、お友達にペット自慢をされた。可愛い小犬や小鳥を見て、うらやましくなり、つい自分も「飼っている」と嘘をついてしまって、引っ込みがつかなくなったソッチは、おばあさんに動物を飼って欲しいと懇願するが、そっけなくあしらわれてしまう。約束したからどうしても何かを連れて行かなければならなくなったソッチは…

    見栄っ張りの性格が災いして、嘘をつき、最終的には嘘をつき通して本人にも嘘だか本当だかわからなくなってしまった女の子(のお化け)。虚言癖になっていく人の過程を見るようで、痛々しかった。
    正直に「うらやましい、私は何もペットを飼っていない」と言えればよかったのに…と読者は思った。そんなことを言ったらお話にならないのだろうけど、こういう場面を見ると、自分が小さかったころや、最近のことをいろいろ思い出して切なくなる。
    ついつい、雰囲気に流されて嘘をついたこと。ついた嘘によって引っ込みがつかなくなり窮地に立たされたこと。多かれ少なかれ誰でも体験するだろうが、筆者はみずみずしく可愛らしい雰囲気で、お説教になる感じも出さずに、上品に描いて見せてくれる。

     見栄っ張り→虚言癖。大人でもたくさんいる困った人たちだが、きっかけはこのように些細なことだったのかもしれない。
    みんなの仲間に入りたいけど、入れないお化けのソッチにとって、正直にしていることは、ある種の恐怖だったのだろうか。

    投稿日:2019/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おばけのソッチねこちゃんのまき」のみんなの声を見る

「おばけのソッチねこちゃんのまき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット