宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

にじいろのさかな」 えりなマミーさんの声

にじいろのさかな 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1995年11月
ISBN:9784062619516
評価スコア 4.05
評価ランキング 21,073
みんなの声 総数 205
  • この絵本のレビューを書く
  • 見解の相違?

    この絵本、すごく人気があって綺麗で、友達も薦めてくれたのでどんなものかと期待をもって読んでみたのですが。。。残念の一言です。この絵本の狙いは理解できます。きっと子供達に分け合う事の大切さを教えたかったのでしょう。でも他の人のものを、あんな風に欲しがるのはどうでしょう?もらえなくて仲間はずれにするのも、もらったからって、仲良くするのもすごーく疑問に思いました。ちょっと違うんじゃないかと思います。こんなに疑問に思う絵本に初めて出会いました。読み終わってからも、かなり長い時間気持ちがスッキリしない状態です。そこでレビューを書かせてもらいました。辛口コメントでごめんなさい。この本、子供には読み聞かせしません。

    投稿日:2009/04/19

    参考になりました
    感謝
    14

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「にじいろのさかな」のみんなの声を見る

「にじいろのさかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット