宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いいこってどんなこ?」 Pocketさんの声

いいこってどんなこ? 作:ジーン・モデシット
絵:ロビン・スポワート
訳:もきかずこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1994年
ISBN:9784572003393
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,751
みんなの声 総数 203
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分に語りかけるといろんな感情がわいてくる

    バニーはバニーらしくしていてくれるのがいちばんよ

    自分で声に出して読みながら・・心の声と現実の声と両方の自分の本心が揺れ動きました。

    いいこってどんなこ?

    タイトルからして、何か訴えかけてくれるのだろうと察しがつきます。
    そして、このイラストもどこか不思議な、複雑な心の闇をもあらわすかのような色彩が独特です。

    この絵本に書いていること全て、自分の心の声そのもので、なんだか納得します。そのままでいい!本当はそう思っているんだけれど・・でも実際はもっとしっかりしてくれたら、すぐに泣いたり怒ったり、感情をぶつけてくることに対して怒ってしまったり・・

    理想と現実は違います。

    そんな心の揺れは誰もが持ち合わせていると思いますが、イライラしている自分に問いかけるように読みました。

    人と比べたり、こんな子だったらいいのに・・

    ないものねだりをしている自分もどこかにいます。

    いいこってどんなこ?

    改めて声に出して読んでみるといろんな感情が溢れてきます。

    投稿日:2016/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いいこってどんなこ?」のみんなの声を見る

「いいこってどんなこ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / ちいさなあなたへ / おおきいツリー ちいさいツリー / どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット