べるがなる べるがなる べるがなるの試し読みができます!
さく・え: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NHK「おかあさんといっしょ」のエンディングテーマが絵本になりました!

わにがわになる」 たかくんママさんの声

わにがわになる 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,050+税
発行日:1977年2月10日
ISBN:9784772100496
評価スコア 4.02
評価ランキング 19,779
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く
  • だじゃれ初級編!

    最近は、言葉遊び系の絵本もたくさん出ていて、読みながら自分もくすっと笑ったり、そんな絵本がたくさんありますが、
    「いまいち意味がわから〜ん。」
    というものもあり、息子にはこのダジャレはちょっと高度すぎたか、と思うこともしばしば。
    これは、わかりやくていいです。
    「ねこがねころんだ」「ばったがばったりあった」「しかがしかられる」
    など題材も身近にいるものだし、想像もしやすい。絵もわかりやすい。
    ダジャレ初級編といった感じで、楽しいです。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わにがわになる」のみんなの声を見る

「わにがわになる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか


しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット