話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者」 てんぐざるさんの声

トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者 作:クリス・プリーストリー
訳:堀川 志野舞
絵:佐竹 美保
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,628
発行日:2011年11月30日
ISBN:9784591126448
評価スコア 4
評価ランキング 29,271
みんなの声 総数 1
「トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 18世紀のロンドンが舞台の謎解き

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    幻想的なイギリスらしい怖い話のシリーズ「モンタギューおじさんの怖い話」の作者、クリス・プリーストリーの新しいシリーズ。
    「トム・マーロウの奇妙な事件簿」第1巻です。
    時は18世紀、舞台はロンドンの町。印刷工場をしている父の手伝いをしているトム・マーロウは15歳の少年。
    前シリーズの「モンタギューおじさん…」は児童文学のジャンルに入ると思いますが、こちら「トム・マーロウ」シリーズはライトノベルに近いジャンルの作品です。
    本の装丁などからも、今の10代の少年処女たちが手に取りやすそうです。
    日本版のイラストは佐竹美保さんです。

    街で起きた不思議な事件の三人目の被害者は、トム・マーロウの親友=ウィル・ピコットだった。
    すりだったウィルが巻き込まれれ、殺されてしまった真相を探るため、トム・マーロウは父の工場によく印刷物を頼む博学のハーカー博士とともに謎に挑んでいくというストーリー。
    本書は21章でなっていて、1章1章は短く簡潔で読みやすい文章です。
    ミステリの謎解き要素はあるものの、そこだけに重きを置かず、町全体の風景、その時代でこその歴史的な情景などがさりげなくちりばめてあるところは、クリス・プリーストリーらしさが出ています。

    投稿日:2017/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者」のみんなの声を見る

「トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット