宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はらぺこヘビくん」 Pocketさんの声

はらぺこヘビくん 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784591092439
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,546
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く
  • 早く次のページをめくりたくなります

    はらぺこなへびくん、初めはりんごが出てきます。
    ぱくっと食べてしまうとりんご、そのものを飲み込んだ丸いお腹!

    このオチで、きっと次からのストーリー展開が想像できるので子どもも早く次のページをめくりたいという気持ちでワクワクしていました。おにぎりのときは三角になるし、パイナップルの時にはギザギザの形まで!

    段々とお話が進むにつれて、飲み込むものが大きくダイナミックになっていくところが面白いところです。

    はじめにはリンゴ一個のみ込んだだけで興奮していた子どもたちが、最後のページの結末、こんな風になっているなんて!

    蛇というと、なんだか少し怖いイメージがありますが、小さな子もとっても楽しめました。

    掲載日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はらぺこヘビくん」のみんなの声を見る

「はらぺこヘビくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット