みんなにゴリラ みんなにゴリラ
作: 高畠 那生  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
穴の開いた仕掛けで、ページをめくるとみんなゴリラに変身! とにかく楽しく笑ってほしい!という思いがつまった絵本です。

Little Selections あなたのための小さな物語(7) 花のお江戸のミステリー」 渡辺諦さんの声

Little Selections あなたのための小さな物語(7) 花のお江戸のミステリー 編著:赤木 かん子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784591067635
評価スコア 4
評価ランキング 24,841
みんなの声 総数 1
「Little Selections あなたのための小さな物語(7) 花のお江戸のミステリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 時代物ミステリー入門に

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【内容】
    ・お文の魂(岡本綺堂)
    ・「銭形平次」誕生 他(野村胡堂)
    ・おくり火(石ノ森章太郎)(漫画)
    ・小梅富士(都築道夫)

    【感想】
    時代物でミステリの短編4つ。最初と最後はミステリ、「銭形平次」は随筆、漫画と間に毛色の違った作品が入り、最後まで飽きずに読み切れる。私はミステリも時代物もほとんど読まないが、これらの短編は非常に読みやすく、文章が美しく、江戸時代の雰囲気が伝わってくるようで、楽しめた。80年代〜90年代ごろ、テレビでよく時代劇をやっていたが、その雰囲気を文章で楽しんでいる感じであった。
    当時の時代劇は、だいたいの作品がお決まりのパターンで、勧善懲悪、最後に正義が勝つという単純明快なものが多かった。時々、リアルな人間模様を描いたドロドロした作品もあったと思うが、どういう訳か単純な方が人気があったようで、再放送を重ねていた。子どもだったので、同じパターンの作品ばかりで飽きてしまい、ギャグやパロディを勝手に作って楽しんでいた。
    大人になってみて、ハッピーエンドで終わる時代劇というのは、安心感があっていいと思うようになった。面白くはないけど、現実の生活の人間模様が複雑で、単純にはいかないから、テレビや物語のなかでは、せめてスッキリ解決してもらいたいと思うのだ。悪がやっつけられるのを見て留飲を下げる。ストレス解消になるのだ。

    この短編集の、特に「おくり火」が、私は好きだ。身分が高い者の傲慢さやいやらしさ、庶民がどうにもならない人生を精一杯生きる健気さが描かれている。現実は傲慢で鼻持ちならないバカがいい思いをし続けていることも多々あるが、この漫画のようにきっと天罰が下るだろうと、希望をもって生き抜きたいと思う。

    投稿日:2018/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「Little Selections あなたのための小さな物語(7) 花のお江戸のミステリー」のみんなの声を見る

「Little Selections あなたのための小さな物語(7) 花のお江戸のミステリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット