あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5178件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う じっとできない病  投稿日:2018/10/21
ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし
ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし 文: バーバラ・エシャム
絵: マイク&カール・ゴードン
訳: 品川 裕香

出版社: 岩崎書店
ADHD(注意欠如・多動性障害)理解としてセレクト。
デイヴィッドはじっとできない行動で、周りから迷惑がられているのですね。
その解決策を自分で考えるというストーリー。
まずは情報。
「じっとできない病」であるという事実。
そして、対策。
注意・集中力カードや、タイマーの活用、ストレス・ボールを握ること。
解決救急箱という発想も素敵です。
さらには、友だちの中にも、軽度の病があるということ。
まずはこの認識があるだけで、対策もできそうですね。
意外に存在するこの病。
あとがきには、自己効力感、ということも書かれてあります。
小学生くらいから大人まで、学べると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 左手の秘密  投稿日:2018/10/21
ミカちゃんのひだりて
ミカちゃんのひだりて 作・絵: 中川洋典
出版社: ひかりのくに
小学生のユリの独白(軽快な関西弁)で、
変わったクラスメート、ミカちゃんの行動が描かれています。
左利きで、自分だけの世界があるようなミカちゃん。
ユリも理解できないものの、気になる存在なのですね。
ある日、とうとう、クラスメート男子から、
「空気を読め!」と諭されたミカちゃんですが、
どうすることもできないユリの気持ちの揺れ動きがよおく伝わります。
そして、後半、ミカちゃんの左手の秘密が、大きな展開へ。
左利きと右利きだからこそのラスト、素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いじめっこ撃退  投稿日:2018/10/21
いじわるブッチー
いじわるブッチー 文: バーバラ・ボットナー
絵: ペギー・ラスマン
訳: ひがし はるみ

出版社: 徳間書店
表紙の女の子がいじめっ子のブッチー、いかにも、のオーラですね。
主人公は、このブッチーにいじめられているあたし。
ママ同士が友だちというので、一緒に遊ぶことになるのですが、
筋金入りの意地悪(子どもらしいですが)に、ほとほと困っているのですね。
子どもらしい妄想がなんとも微笑ましいです。
そしてついに、反撃!?
もちろん、子どもらしい知恵に、拍手。
誰とでも仲良く、という、大人の思惑をよそに、
子どもには子どもの、事情があるのですね。
いじめられっ子を勇気づけてくれるかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 題名が秀逸  投稿日:2018/10/21
まるでてんですみません
まるでてんですみません 作: 佐野 洋子
絵: 長 新太

出版社: 偕成社
佐野洋子さんが紡ぐ、形のおはなし。
題名が秀逸で、その言葉遊びがすごいです。
まんまるとまんまる、てんのはなし、さんかくとしかく、まっすぐなせんとぐにゃぐにゃのせん、
4つのお話が収められています。
自尊心の高いまる、カオスなてん、不満だらけのさんかく、動じないしかく、きちんとしたまっすぐ、だらしのないぐにゃぐにゃ。
それぞれの絶妙な距離感と心の動きがみどころでしょうか。
絵は長新太さんですが、意外に素直で的確な絵にビックリです。
やや抽象的なので、小学生以上でしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 会って、目を見て、話す  投稿日:2018/10/21
むねがちくちく
むねがちくちく 作: 長谷川 集平
出版社: 童心社
私とリリちゃんの、ちょっとした気持ちのすれ違いを描いてあります。
日曜日、約束の時間に待ちぼうけの私。
なんと、リリちゃんは別の場所で待ちぼうけ。
ちょっとした勘違いからけんかになるのは、
よくあることだけに共感できます。
さあ、どうやって仲直り?
おじさんの助言が効いています。
会って、目を見て、話す。
今の時代だからこそ、大切なんですね。
そうそう、ウミウシについても学ぶことができました。
小学生の女の子に。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 噂の怖さ  投稿日:2018/10/19
あの子
あの子 作・絵: ひぐちともこ
出版社: 解放出版社
「あの子といっしょにおらんほうがええで。」という噂。
主人公は、その噂を受け取る子どもたちのような気がします。
そういえば、と、噂は広がるもの。
でも、「ほんまにほんまのほんまやの?」という視点、大切ですね。
ちゃんと確かめること。
心がけたいものです。
小学生くらいから、大人まで、考えさせられると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぼくはやっぱりぼく  投稿日:2018/10/19
はっぱみかん
はっぱみかん 作: 風木 一人
絵: 山口 マオ

出版社: 佼成出版社
風木一人さんの作品、やはり、一味違います。
表紙の、葉っぱの付いたみかんが主人公。
他のみかんと違って、特別感を抱いていたのですが、
ある日、葉っぱを取られてしまったことで、落ち込んでしまうのですね。
でも、中身はいっしょ、ぼくはやっぱりぼく。
大事なことに気付きましたね。
意外に奥が深いです。
幼稚園児くらいから大人まで、感じるところがあると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当の物を見る勇気  投稿日:2018/10/19
かべのむこうになにがある?
かべのむこうになにがある? 作: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 風木 一人

出版社: BL出版
『Little Mouse and the Red Wall』が原題。
そびえ立つ赤い壁が印象的です。
大きな赤い壁に囲まれた所に住む小さな知りたがりのねずみが主人公。
ねずみは、壁の向こうに何があるか疑問に思い、
動物たちに尋ねるのですね。
でも、誰も知らないし、知ろうともしないのです。
ところが、ある日、空色の鳥が飛来し、ねずみは壁の外に連れて行ってもらうのです!
空色、というのが、何とも暗示的です。
本当の物を見る勇気、という表現に納得です。
そして、意外な展開がドラマティックです。
小学生くらいから、大人まで、それぞれ感じるところがあるように思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんなバージョン有り  投稿日:2018/10/17
きんぎょさんとめだかさん
きんぎょさんとめだかさん 作: とよた かずひこ
出版社: 世界文化社
とよたかずひこさんの、手遊び絵本です。
きんぎょさんとめだかさんが泳ぐ様子の手遊びで、
巻末に楽譜と遊び方がありますが、
ネット動画などで確認するといろいろなバージョンがあるようで。
そもそも短いので、オリジナル絵本となったようですね。
涼しい水の中で泳ぐ様子を感じ取るラストがメイン。
手遊びは別個でした方が良いですね。
手遊びというよりは、体操、でしょうか。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 貴重な実話から浮かび上がる子どもたちの生きる力  投稿日:2018/10/17
おかあちゃんがほしい
おかあちゃんがほしい 著: 梓 加依
出版社: 素人社
著者が、原爆投下後の孤児たちを支援していた教会シスターから聞き取った実話をもとに、フィクションという形で再構成した記録です。
ここで紡ぎ出されるのは、懸命に自力で生きようとした子どもたちの姿です。
もちろん、数多くの大人たちが、損得無しで援助してくれていたということも。
題名は、大人から、何か欲しいものは?と問われての、答え。
ストレートで、なんと切実な響きでしょうか。
しかも、子どもが、自身も困窮している中で、年下の子を世話しながらの言葉というのが、絶句です。
子どもたちの行動が次々と語られますが、その生きる力に圧倒されます。
さらには、ちゃんと、手を差し伸べてくれる大人も確かに存在したということのありがたさに、ただただ敬服です。
そして、視点は、今の子どもたちの現状にも向けられます。戦渦でもないのに、翻弄される子どもたち。
そう、手を差し伸べなければならない子どもたちが、今の時代にも存在しているということ。
大人がちゃんと自覚しないといけないことだと思います。
参考になりました。 0人

5178件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット