新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

6124件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい セレクトに重宝  投稿日:2021/04/23
父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200冊
父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200冊 監修: 絵本ナビ
出版社: 玄光社
赤ちゃん絵本って、セレクトはなかなか難しいものです。
それだけに、一流の目利きがセレクトしてくださったガイド本は重宝します。
かがくいひろしさんの表紙絵が何とも素敵で、嬉しいです。
まだまだ目を通していなかった作品もいくつかあり、
早速リストアップ、チェックすることにしました。
やはり、生の声は貴重です。
ぜひ、参考にしてほしいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 5月の清々しさ  投稿日:2021/04/23
くうき
くうき 作: まど・みちお
絵: ささめや ゆき

出版社: 理論社
まど・みちおさんの少し哲学的な詩を絵本にした作品。
題材は、とらえどころのない「くうき」。
まど・みちおさんがとらえた「くうき」は、生き物のなかを巡り巡る空気。
この視点は新鮮です。
さらに、5月の新緑の中に、その存在を切り取ったところがすごいと思います。
そして、生き物たちのつながりへと終焉していくのですから。
ささめやゆきさんの、素朴な絵が、この世界観に寄り添っています。
5月、深呼吸して味わってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リトグラフで描く旅情  投稿日:2021/04/23
ぼくのたび
ぼくのたび 作: みやこし あきこ
出版社: ブロンズ新社
リトグラフで描かれたしっとりとした旅情です。
ホテルを経営している主人公のモノローグ。
日々旅人と接するからこその、旅への思い、そして妄想。
知らないものと会うワクワク感が伝わってきます。
妄想の方がカラーで、現実がモノトーンというのが何とも味わい深いです。
ホテルマンだからこその、最後のセリフがいいですね。
旅を理解できる世代の方が、しっくり共感できると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生き物の瞳  投稿日:2021/04/23
クマノミのおさんぽ
クマノミのおさんぽ 写真: 広部 俊明
文: 羽田 美智子

出版社: 小学館
水中写真家による写真絵本、女優の羽田美智子さんが文章を担当しています。
ということで、何だか、ドキュメンタリー映像を見ているような印象です。
愛らしいクマノミが案内してくれます。
やはり、クマノミの瞳が何ともキュートです。
水中のお友だちは、不思議な形態のものが多く、生き物の多様性を体感できそうです。
巻末には図鑑も完備。
水中写真家ということで、生き物たちのアングルがお見事です。
それぞれの生き物の瞳が印象的です。
色彩も豊かです。
小学生くらいから、たくさんの驚きを感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文房具の科学  投稿日:2021/04/23
文房具のやすみじかん
文房具のやすみじかん 文: 土橋 正
絵: 小池 壮太

出版社: 福音館書店
文具コンサルタントの作者による、物語仕立て文房具の科学絵本です。
まもるくんの留守中、文房具たちが遊ぶ様子を描いてあるのですが、
その中で、消しゴムが鉛筆の線を消す仕組みなどが語られるのですね。
そう、意外にこの仕組みは大人も知らないもの。
なるほど、なるほど。
消しゴムの意外な使い方もびっくりです。
絵はとてもリアルで、その質感が見事です。
それだけにキャラクターたちがとても生き生きして見えます。
小学生くらいから、文房具を再発見してほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 宇宙との距離感  投稿日:2021/04/23
うちゅうはきみのすぐそばに
うちゅうはきみのすぐそばに 文: いわや けいすけ
絵: みねお みつ

出版社: 福音館書店
印象的な題名に惹かれました。
宇宙開発をする研究者による作品です。
ふうせん宇宙撮影プロジェクトなどを手掛けているだけあって、
風船を手掛かりに、宇宙との距離感を実感させるストーリー。
地上から上昇して変わる景色が興味深いです。
地球と宇宙の境目というところがなるほど、でした。
そう、つながっているということが、案外大きな気づきとなります。
あとがきではさらに詳しい解説があり、こちらも、意外な納得でしょう。
小学生くらいから、宇宙を身近に感じるきっかけに。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色とりどりのカエルが圧巻  投稿日:2021/04/23
せかいかえるかいぎ
せかいかえるかいぎ 作: 近藤 薫美子
出版社: ポプラ社
生きものの描き方が独特の近藤薫美子さん。
何とも物々しい題名ですが、色とりどりのカエルが集まって圧巻、
という印象です。
カエルが大好きな作者らしく、カエル愛を感じました。
世界カエル会議が開かれるということで、世界中のカエルが集まるのですが、
まあ、かしましいこと。
ちょっとした言葉遊びもそこここに。
結局、何の会議か不明というのも、まあ、愉快愉快。
それにしても、カエルって、こんなに種類があるのですね。
意外に本格的に生態も描かれているようですので、
一種の図鑑のように眺めてみるのも一考でしょうか。
小学生くらいから、カエル好きにはいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 肉料理オンパレード  投稿日:2021/04/23
にくにくしろくま
にくにくしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
大好きなものに一体化するしろくまシリーズ。
今回は肉料理。
シロクマですから、肉が好物というのは妙に納得です。
いきなりステーキで焼き目がついても平気、というのに唖然ですが、
やはりこの豪快さ、たまりません。
なるほど、小籠包も肉料理、なかなかおしゃれです。
毎回お約束の、ラストのメニュー、さすがです。
私的には、裏表紙のピーマン肉詰めがオシです。
幼稚園児くらいから、みんな食いつきがよさそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 友だちと友だちの輪  投稿日:2021/04/22
ももんちゃん どこへいくのかな?
ももんちゃん どこへいくのかな? 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
愛らしいももんちゃん、題名が素敵です。
いつものように、元気いっぱいのももんちゃん、
なんと、自動車、ヘリコプターに乗ってお出かけです。
いつものお友だちと一緒に、違うお友だちのところへ。
友だちと友だちの輪がテーマでしょうか。
ももんちゃんを介してのつながりにほっこりです。
どろんこ自動車もヘリコプター今までのシリーズで既出ですから、
こちらも共演といったところでしょうか。
なかなかお出かけできず、お友だちに会えない今だからこそ、
この作品で楽しんでほしいですね。
乳児・小さい子向けのおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リアルなのに愛らしい  投稿日:2021/04/21
あまがえるのかくれんぼ
あまがえるのかくれんぼ 作: 舘野 鴻
絵: かわしまはるこ

出版社: 世界文化社
長野県の絵本美術館「森ののおうち」で原画展示中ということで読んでみました。
『がろあむし』の作者の舘野鴻さんの作品ですが、
絵は教え子のかわしまはるこさん。
さすが、リアルな生物画が印象的な舘野鴻さんの描写の息遣いそのまま、
さらに愛らしさが加わった完成度に驚きました。
かわしまさんはアマガエルが大好きだそう。
その愛があるこその造形なんですね。
池のそばの草むらにいる3匹のアマガエル、ラッタ、チモ、アルノーのおはなし。
かくれんぼをするのですが、体色が変わってしまっての騒動です。
3匹の様子から、カエルの生態についても学ぶことができます。
体色が変わるのは、成長の証。
子どもだからこそ、実感する驚きが見事に盛り込まれていますね。
天敵のサギとの遭遇もスリリング。
伸び伸びとした3匹の姿がとても清々しいです。
そして、草むらの植物群の鮮やかなこと。
よおく見ると、虫たちもそこここに。
小学生くらいから、生き物たちの世界を体感できると思います。
参考になりました。 0人

6124件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット