話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

TOP500

レイラ

じいじ・ばあば・50代・兵庫県、女の子0歳 女の子0歳

  • Line
自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

7227件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大事なメッセージ  投稿日:2024/05/29
きこえないこえ
きこえないこえ 作: 内田 麟太郎
絵: 竹上 妙

出版社: 佼成出版社
内田麟太郎さんが、『エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのか』を読んで創作した作品だそう。
それだけに、表紙絵と題名から、深いメッセージを感じます。
年老いたメスの象が、友だちのクジラに語ります。
人間には聞こえない周波数で語るという事で、
その思いが切実です。
平穏に暮らしていた象たちでしたが、人間が象牙のために次々と捕獲。
なすすべもない象の思いが切ないです。
しっかりと受け止めたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 躍動する水  投稿日:2024/05/29
水はうたいます
水はうたいます 作: まど・みちお
絵: nakaban

出版社: 理論社
「まど・みちおの絵本」シリーズ。
まど・みちおさんの詩が、絵本として可視化されるのが嬉しいです。
まずは音読して、その心地良さを味わいます。
豊かなオノマトペと、繰り返し。
水の循環を、躍動的に活写しています。
nakabanさんの絵が、その世界観に溶け込みます。
永遠という着地が壮大ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幼い我が子に語る色  投稿日:2024/05/29
いろってなあに?
いろってなあに? 作・絵: アリス&マーティン・プロベンセン
訳: 小宮 由

出版社: アノニマ・スタジオ
『WHAT IS A COLOR?』が原題。
アニメーションの仕事をした後、子どもの本作りに転じた夫妻による、
50年以上前の作品の邦訳。
幼い我が子に語る色語り。
アメリカ人の感性のため、取り上げられるアイテムはいくつかなじみがないですが、
大まかなイメージはつかめるでしょう。
それぞれの色に対し、たくさんのアイテムを提示するので、
読者も、自分だったら、と意識が向くでしょうね。
素朴な画風やアングルは、アニメーション的、でしょうか。
「このせかいそのもの」という着地は、抱擁感があって素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しく学ぶあいうえお  投稿日:2024/05/27
おべんとうのあいうえお
おべんとうのあいうえお 絵: 加藤 休ミ
出版社: 交通新聞社
加藤休ミさんといえば、美味しそうな絵!
それに加えて、あいうえおが学べちゃうなんて、なんて素敵。
見開き1ページに、ひらがな一つずつ、書き順まであるのが嬉しいです。
でも、何といっても、お弁当に関するラインナップ!
もちろん、難しいラインナップは、お弁当時のマナーに早変わり、という潔さにも好感です。
リアルですが、独特の画風がいい塩梅。
私的には、「変な弁当」がツボでした。
うんうん、アリですね。
もちろん、読者が応用できるよう、巻末にはおまけネタも。
ひらがな表もちゃんと添えてある心遣い、完璧です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 壮大なしりとり  投稿日:2024/05/27
かぜがつよいひ
かぜがつよいひ 作: 昼田 弥子
絵: シゲリ カツヒコ

出版社: くもん出版
表紙絵からくる圧倒的なオーラ。
ああ、『だれのパンツ?』『なわとびぴょ〜ん』のシゲリカツヒコさんの絵ですね。
暴風の中、お母さんが買い物なので、姉弟でお留守番。
そりゃあ、しりとりで、お利口に。
ところが、屋外では、そのしりとりが現実に!?
暴風だけに、なぜか納得してしまうのがご愛敬。
確かに、確かに、みんな吹き飛ばされそう。
中盤はなかなか高度なしりとりですが、ちゃんと完備!
「ろ」バージョンはしっかり全部コンプリートしたいですね。
ラストへ向けては壮大な展開が。
さすが、この姉弟のお母さん!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しく学ぶ12か月  投稿日:2024/05/27
ステーき 12のおいしいきのはなし
ステーき 12のおいしいきのはなし 作: はらぺこめがね
出版社: 小学館
12のおいしいきのはなし、と副題にあります。
美味しい題材が魅力のはらぺこめがねさんですが、
気持ちはわかりますが、まあまあ、豪快な木!
なるほど、美味しく学ぶ12か月、ということですね。
英語表記と古来の呼び名、その月の風物も交えて。
「き」で終わる言葉ですが、英語表記もあるので「ツリー(木)」もラインナップしてあるのがミソ。
豪快で美味しそうな木が次々と。
さすがです!
オープニングとエンディングの文章も滋味深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新人研修も大変  投稿日:2024/05/26
オニのサラリーマン じごくのしんにゅうしゃいん
オニのサラリーマン じごくのしんにゅうしゃいん 作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子

出版社: 福音館書店
オニのサラリーマン、盛りだくさんの新人研修です。
社員不足は地獄も一緒って、切実さが伝わってきます。
新入社員、それぞれ出身地もなるほど。
地獄が舞台ですが、そこはご愛敬もたっぷりと。
今回も突っ込みどころ満載なのが愉快です。
桃太郎ネタは、ちゃんと元ネタをチェックしなければ。
新入社員の天然ぶりも笑いどころ。
涙の交換にもホロリ。
うん、ここがこのシリーズの魅力ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ありがとうございました!  投稿日:2024/05/21
かがくいひろしの世界
かがくいひろしの世界 編: 沖本 敦子
出版社: ブロンズ新社
かがくいひろしさんの巡回展の公式図録。
そりゃあ、かがくいひろしさんの作品すべて所持している身としては、
読まずにはいられません。
新作が待ちきれないほどのファンだっただけに、
ニュースで訃報を知った時、呆然と立ちすくんだことは今でも鮮明に覚えています。
絵本ナビのインタビュー記事などで、特別支援学校の経歴などは知っていたものの、
やはりこれだけの背景を知る貴重な資料がありがたいです。
膨大なアイデアノート、まだまだたくさんの作品が未完で終わってしまったことが、
とても残念です。
でも、かがくいさんのためにも、作品をしっかりと次の世代に届けなければ、と。
そのためにも、しっかりと読み込みたいと思います。
ありがとうございました!かがくいさん。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 哺乳類の魅力  投稿日:2024/05/19
いろんなところに いろんな どうぶつ
いろんなところに いろんな どうぶつ 作: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 小野寺 佑紀

出版社: 講談社
「いろんなところに いろんな」シリーズ。
今回は哺乳類。
そうそう、イルカ、コウモリも哺乳類でしたね。
哺乳類らしさという視点、あたたかい血液(恒温)や赤ちゃんとミルクなど、
なるほどなるほど。
生き残りの知恵、スローロリスが赤ちゃんに分泌した毒を塗りつけ守るとは。
テナガザルの木々の移動、ブラキエーション、なかなか巧妙です。
ヒトも哺乳類だけに、このバリエーションに圧倒されます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う マイルドな虫たち  投稿日:2024/05/19
いろんなところに いろんな むし
いろんなところに いろんな むし 作: ブリッタ・テッケントラップ
訳: いとう むしひこ

出版社: 講談社
「いろんなところに いろんな」シリーズ。
今回は虫ですが、絵で描かれているので、マイルドな造形ですので、
親しみやすいです。
確かに、種類が多く、歴史のある虫の世界。
じっくり学ぶと、不思議がたくさん現れます。
擬態はやはりすごいですね。
虫の研究から、様々なアイデアが人間の生活に役立っているなんて!
虫、再発見です。
参考になりました。 0人

7227件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット