新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

TOP500

ジョージ大好き

ママ・40代・愛知県、男の子15歳

  • Line
ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容はあまり確認しません。ぺラペラ〜っと絵だけを確認してます。そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。調べてから探すと、新しい出会いはありませんから。おかげで幅広い種類のお話に出会いました。

ジョージ大好きさんの声

6129件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う まさかの・・・  投稿日:2024/06/12
いただきまーす・ごちそうさま
いただきまーす・ごちそうさま 作・絵: 五味 太郎
出版社: 岩崎書店
男の子がおやつを食べるんですが、

全部食べずに半分くらい残すんです。

なんで残すんだろう。

タイトルは確かにいただきますとごちそうさま

不思議に思っていましたが、

その残ったおやつを次に出てきた人も

食べていました。

このいただきますとごちそうさまの繰り返しですが、

最後はまさかのアレがでてきて

思わず「うわ〜」となりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい  投稿日:2024/06/12
うごかせ!のりもの
うごかせ!のりもの 作: 鎌田 歩
出版社: 教育画劇
ただののりもの絵本だと思っていましたが、

実は少しだけおもしろいしかけになっています。

そのしかけのおかげでめくる楽しみがでてきます。

乗り物の種類もたくさんあって

とても充実した絵本だなと思いました。

私はやっぱりはしご車が

一番大きな動きがあってよかったと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 最後は最高にいいです!  投稿日:2024/06/12
ゆきのひの ぼりす
ゆきのひの ぼりす 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: なかの ゆりこ

出版社: 福音館書店
雪遊びってやっぱり楽しそうですね。

そりあそびにちょうどいい坂道もあって

転んだって雪の上だし

ずっと楽しそうでした。

ぼりすの友達のばーばらも登場して

さらに雪遊びは盛り上がります。

最後は最高におもしろいです。

子供の発想っておもしろいなとおもいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これはとってもいいお話です。  投稿日:2024/06/12
ごちそうさま
ごちそうさま 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 大日本図書
おじいちゃん、おばあちゃん、

そして孫が出てくるお話です。

おいしそうなオムライス。

このオムライスは全ておじいちゃんたちが

庭で育てた野菜などからできています。

にんじんの育て方、しいたけの栽培方法など

それも一緒に載っているので

食育にいいと思いました。

知っている誰かが作ったものなら

好き嫌いなく食べれそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おそろいはいいね  投稿日:2024/06/12
おそろい おそろい
おそろい おそろい 作: 武鹿 悦子
絵: わらべ きみか

出版社: フレーベル館
動物が二匹ずつでてきます。

絵を見ると一部おそろいのものがあります。

おそろいはいいね・・となるんですが、

よく見ると少し違うんです。

そこを考えるのがおもしろいと思いました。

どこが違うかは文章になっていませんので

一緒に考えると楽しいと思います。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ずっと楽しい  投稿日:2024/06/12
すしねずみ
すしねずみ 作: はらぺこめがね
出版社: ポプラ社
すしねずみっていうタイトルと絵に惹かれました。

すしみたいな絵のねずみたちが

寿司屋さんに侵入するんですが、

自分たちがすでにお寿司みたいなのに

笑ってしまいました。

そのまま最後は食べられるのかな・・と

ちょっと期待してしまいます。

ねこがでてきたらどうなるかなと思っていたら

やっぱりでてきました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいね〜  投稿日:2024/06/12
ごろん ごろごろ
ごろん ごろごろ 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 童心社
眠くなってあくびがでたら

そのままゴローンと寝ころがる。

これが一番いいですね。

ベッドで完全にねるのではなく

一旦ゴローンと転がる。

果物たちがそれをしているので

読んでいるこちらもあくびがでそうです。

こたつに入ったみかんが一番よかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おかあさんみたいだね  投稿日:2024/06/12
とんとん ももんちゃん
とんとん ももんちゃん 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
ないている人をみると

背中をとんとんしてあげたり、

頭をなでなでしたりとまるでおかあさんみたいでした。

それでなきやんでくれたので

みていてほっとしました。

ももんちゃんも同じように泣いてしまいましたが、

今度はやってもらえる番ですね。

よかったよかった。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これは楽しい!  投稿日:2024/06/12
ポモさんといたずらネコ
ポモさんといたずらネコ 作・絵: すぎたひろみ
出版社: 理論社
帽子が大好きなポモさんが

散歩に行こうと思ったら帽子が風に飛ばされた。

それをいたずらネコが持って行ってしまった。

ここからはずっとにげるネコと

それを追いかけるポモさんのお話です。

ネコがどこにいるのか探すのもおもしろいですが、

全然関係ないことをしているポモさんも

おもしろいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幻想的です  投稿日:2024/06/12
アパートのまど
アパートのまど 作: 竹下 文子
絵: 杉田豊

出版社: フレーベル館
なんだか不思議なお話でした。

アパートには窓が八個あって

それぞれ誰かが住んでいます。

カーテンの色はバラバラですが、

そのカーテンの色には意味がありました。

そうなってくると最後のカーテンが黒なので

どんな展開になるか期待しましたが、

想像以上の展開でした。

不思議なお話でした。
参考になりました。 0人

6129件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット