しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

canatamさんの公開ページ

canatamさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子8歳 女の子6歳

canatamさんの声

45件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おおきなおいもは夢でいっぱい  投稿日:2018/09/10
おおきなおおきな おいも
おおきなおおきな おいも 原案: 市村 久子
作・絵: 赤羽 末吉

出版社: 福音館書店
幼稚園でお芋掘りに行く季節になったら、
必ず開きたいこの絵本。
素朴な絵が、この作品の夢の大きさに負けないくらい素晴らしく、大人になっても大好きな絵本です。

二女が模造紙10枚繋げて描いたおおきなおいもは、絵本に負けない迫力と夢がつまっていました。
一冊の絵本でたくさん遊べる、思い出の詰まった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 発想や視点の転換  投稿日:2017/08/02
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
桃太郎の絵本と同じ内容なのに、桃太郎の気持ち、視点になるとこんなにも違うなんて、という新しい発見のつまった絵本でした。
いわゆる一般的な桃太郎と合わせて読むと違いがすぐにわかってたのしかったですよ。
視点を変えてみる、想像力を働かせる。
この感覚がちょうど必要になってくる5歳と7歳の娘と読みました。
淡々とあったことを文字にしたり説明するとなんてことないことも、そこに関わっているひとはどんな気持ちかな、どんな風に感じたかな、と想像できるようになることはお友だち関係が広がる5歳児、保護者や先生の目からどんどん見えなくなっていく小学生の娘たちに必要なものだと感じました。
また、その逆の、視点も必要だと感じることができました。
自分にとっては本当に大変なことも、淡々と説明してしまうと意外とたいしたことないような感じるんだな、ということもわかることで、思いつめすぎず、楽天的にいけるのかもしれません。

ストーリーというより、視点が斬新で素晴らしかったです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 小さい子から大人まで!これぞコミュニケーション絵本?  投稿日:2016/01/04
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ
みつけてかぞえて どこどこどうぶつ 著: ルース・ラッセル
訳: 小林 美幸

出版社: 河出書房新社
我が家の娘たちは3学年離れており、長女がそろそろ長いお話に興味が出てきたため、ストーリー性のある絵本(児童書)も”一緒に楽しむ”のが少し難しくなってきました。

そこで登場、この絵本!
まだ2歳だったころから一所懸命絵を見つめていたせいか、今ではお姉ちゃんに負けない速さで「ここにいたよ!ママ!」と教えてくれます。
そして、もちろん、6歳の長女も楽しそうに探しますし、時には問題を出してくれます。
エンドレスで遊べて、みんなで楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいくてうっとり★  投稿日:2015/07/14
ANIMALS(アニマルズ) どうぶつ まねっこえほん
ANIMALS(アニマルズ) どうぶつ まねっこえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
個人的に、イラストのテイストが大好きです。
かわいくて、おしゃれで。
色もカラフルで元気がでます。

今回の絵本は、コローロファミリーと一緒に、親子で動物になりきって遊べそうです。
ぞうさんやぺんぎんさん、ぶたさん、、、そして最後は!
たかいたかーーーーい!でENDなんて、粋です。
子どもも大人も大満足な絵本タイムになりそうですね。

プレゼントにも最適だと思いました!
参考になりました。 1人

ふつうだと思う おいしそう  投稿日:2015/07/08
パティシエのモンスター
パティシエのモンスター 作: かわむら げんき
絵: サカモト リョウ

出版社: マガジンハウス
かわいくて、おしゃれで(なんたって、舞台はパリ!セーヌ川のほとりで休憩・・!!)、そして美味しそうな絵本でした。

ゆっくりお茶をしながら、暖かいひなたで読みたいような絵本です。

大人になってしまった私の友人たちにも、プレゼントに良いかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あそぶ姿勢が理想的  投稿日:2015/06/25
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 著者: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム
次女はまだあんまり言葉がわからない1歳すぎから、なぜだか片山健さんの絵本が好きです。
明らかに嬉しそうにするし、言葉がわかる最近では好きな気持ちを伝えてきます。
なんて素敵な感性だろう。

それで、私も片山さんが大すきになりました。
片山さんの描く絵本の中のお話や絵は、とてもまっすぐでどっしりしているように感じます。変な媚もなく、飾り気もなく、それがかえって心にしっかり響く気がするのです。

今回も、お父さんとあそぶ子どもと、大人に何も言われないなかで感じる子どもの心が素晴らしく描かれていて、溜息がでます。
お父さんも、「木になって」と言われて、しっかり木になりきり、手助けもしなければ声掛けもしない。木なんですね。
そうすると、子どもはしっかり自分の感覚や、考えで動き、話す。
親の姿勢は木のようであれ、というメッセージすら感じ取れます。

考えれば考えるほど、読め読むほど素敵な絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこりしました  投稿日:2015/06/09
「えいっ」
「えいっ」 作: 三木 卓
絵: 高畠 純

出版社: 理論社
お父さんが「えいっ」というと、信号も変わるし、星も出るし、、、
お父さんて、すごいんだ〜
と思っていたけど、あれれ、なんだかわかってきたぞ。
今度はぼくもやるよ!

素敵な可愛い親子のものがたり。
なんだか安心するやり取りです。
最後にママも出てきて。。。
お家に帰ってからのみんなで一家団欒が目に浮かびます。

私もやってみようかな・・・と思ったけれど、意外と難しい!
信号が「えいっ」で変わるなんて、やっぱり凄いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうそうそうなのよ!  投稿日:2015/05/22
いもうとガイドブック
いもうとガイドブック 文: ポーラ・メトカーフ
絵: スザンヌ・バートン
訳: 福本 友美子

出版社: 少年写真新聞社
私も、妹がいて。
私の子どもたちも女子2人。

とってもとってもとーーーっても共感できて、そして可愛いイラストで・・・
もう、全部が素晴らしい絵本だと思いました。
大人の友達(妹がいるひととか)や、妹ができる、赤ちゃん複雑な心境の未来のお姉ちゃんとかにプレゼントしまくりたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっしょにたのしめる  投稿日:2015/05/19
おばけとホットケーキ
おばけとホットケーキ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
2歳の娘でもわかって、一緒に楽しめる参加型絵本。
第2弾は子どもが大好きなホットケーキ!!
おばけの粉は消えてしまうのですね!
可愛いおばけに、最近おばけ=かわいい
みたいな方程式ができている娘。
なかなか寝ないのは困りものですが、こんなに可愛いおばけなら、私も一緒にあそびたいな。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほのぼの  投稿日:2015/05/19
ひよよのおひるね
ひよよのおひるね 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
縦開きの絵本のスタイルを活用して、大きな動物も、小さな動物もでてくる、とても楽しい絵本でした。

お昼寝バージョンのこちらも単純な言葉の繰り返しなのに、次はどうなる?と思わせる展開はさすがです。

最後、ぴよよも一緒にお片付け、たのしいお昼寝だったね、みたいな感じだとよかったかな〜〜〜??
参考になりました。 0人

45件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット