こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

さくらいくんさんの公開ページ

さくらいくんさんのプロフィール

ママ・50代・青森県

自己紹介
おはなし会で読み聞かせをしています。
子育て支援センターや小学校での活動が中心ですが、ブックスタートのお手伝いもやっているので、4ヶ月の赤ちゃんへも絵本を届けています。

小学校の図書ボランティアへ参加して、子ども達とのふれあいも楽しんでいます。

高3の娘と中2の息子の母です。




好きなもの
楽しいお話!おいしいもの!甘いもの。上手いコーヒー。楽しいランチ(おしゃべり付き)。
ひとこと
 昨年は大好きな絵本作家さん内田麟太郎さん、宮西達也さんの講演会に参加できました。大感激して…もっと好きになって、絵本の世界へ引き込まれています。

さくらいくんさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大満足の一冊  投稿日:2013/07/09
オセアノ号、海へ!
オセアノ号、海へ! 作: アヌック・ボワロベールとルイ・リゴー
訳: 松田 素子

出版社: アノニマ・スタジオ
夏のおはなし会が7月にあります。今回のテーマが「うみ」いろんなお話の本を探していました。そんな時に見つけたのが「オセアノ号、海へ!」絵が繊細で美しい!海の底はまるで本物を見ているかのようでした。残念ながら、今回のおはなし会では、絵本の紹介のみになってしまいますが、ぜひ多くの方に見ていただきたいと思っています。見るたびに新しい発見や感動がある美しい楽しい一冊です。本箱にしまっておくのはもったいないので、我が家のリビングの飾ってあります。
参考になりました。 4人

なかなかよいと思う 涙が・・・出てしまいました  投稿日:2010/10/03
シニガミさん
シニガミさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
 涙が出てきました。シニガミ(死神)なんて、怖くて、読みたくないとと思っていました。途中まで、やめようかとも思っていました。でも、引き込まれて、読み終わった時には・・・涙が出てきてました。
 子供たちは、死神を知らないままだとどう感じるのだろう。読み聞かせとして、さらっと読んでいいものなのか?ちょっと考えてみたいと思いました。(子供たちのほうがさらっと受け止めるのかもしれませんが・・・)
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う だじゃれが好きなのはだれじゃ?  投稿日:2010/10/03
だじゃれ日本一周
だじゃれ日本一周 作: 長谷川 義史
出版社: 理論社
 長谷川義史さんの絵本の大大ファン!この本も大好きなダジャレ本だと聞き、内容も読まずに注文。
はまりまくりニヤニヤしている母の姿を見ていた中学生の息子が、本を手に取って「ぷーっ」と笑いをこらえている。ダジャレ好きな親子がはまった一冊がまた、増えたかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今日も感動の嵐でした  投稿日:2008/06/06
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
 出会いは…自分でもビックリする位偶然でした。売り上げbPという文字にみせられて、買ってしまったのでした。でも!その感動は…こみ上げてくる想いは、なんだろう?母の思い?娘の思い?未来への思い?感動の渦の中で、ただ涙が出てきてしまいました。それから、二度目に読もうとしてもなかなか、手が出てきませんでした。自分の中で、この思いを整理できていなかったのかもしれません。
 でも、今日この本に出会って、二週間になるこの日。子育ての話題からこの本を紹介する機会がありました。子育てが終わった方からまだ未婚の方とそれぞれ、感じる想いは違うようでしたが、皆さんが感動の涙を流していました。
 さまざまな方々へ…さまざまな感動を与えてくれるそんな絵本だと思います。この本に出合えたことにも感謝しています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 息子の反応は、なかなか良かったです!  投稿日:2008/06/06
にんじゃつばめ丸
にんじゃつばめ丸 作: 市川真由美
絵: 山本 孝

出版社: ブロンズ新社
 絵本好きな息子が身を乗り出して聞いていました。
にんじゃが主人公のお話(それも現代にいるかてもしれない〜となりの家族も?)はとても新鮮だったようです。軽快なテンポのお話でありながら、努力家のつばめ丸の姿もしっかり描かれていていました。ハラハラドキドキの結末は、これからのつばめ丸の活躍を予感させてくれます。これからもつばめ丸を応援していきたい(見守っていきたい)と思います!次回作が楽しみな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 書店でマジ読みしちゃいました!  投稿日:2008/04/12
ルリユールおじさん
ルリユールおじさん 作: いせひでこ
出版社: 講談社
 たくさんの色の付いた絵本の中で、ちょっと地味な絵本が目に留まりました。ミーハーな私は、“この本が好き!国内絵本第一位”の文字にもそそられて、手にとってみました。初めは、絵をパラパラと。でも、読んでいくと、引き込まれてしまいました。久しぶりにマジ読みをしてしまいました!
 この感動を息子に伝えようと読んであげたいと思いました。読んであげる前に目ざとく絵本を手にした息子の感想は、「すごくいい本だね…。本を直してくれる人がいるんだ!すごいなぁ」と久々の大ヒットのようでした。ぜひ、おはなし会で読んでみたいと思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 三匹のねずみとたまおじさん  投稿日:2008/01/26
にゃーご
にゃーご 作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版
三匹のねずみ君たちは、今日も先生のお話を聞いていない困ったくん達。そんな彼らが出合った天敵ねこに「おじさん、だぁれ?」とは…ねこのたまおじさんもちょっと、戸惑ってしまいます。ねずみ君たちとねこのたまおじさんの友情物語です。
おはなし会でも「にゃーご」の台詞の部分は、迫力があり大うけです!小学2年生の教科書にも掲載されているようです。ただ、内容は少し違いもあるようです。(講演会で作者の宮西達也さんも話していました)読み比べて見てくださいね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う へんしんは楽しい!  投稿日:2008/01/05
へんしんトイレ
へんしんトイレ 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
息子がはじめて、絵本に興味をしめしたのが、あきやまただしさんの絵本でした。そんな息子が面白いと薦めてくれたのが、この絵本です。低学年へのおはなし会で読みました。たくさんの笑顔を見ることが出来ました。楽しいへんしんをみんなで楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おはなし会でも・・・  投稿日:2007/10/02
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
 子育て支援センターのおはなし会で「くっついた」を読んでみました。どうぶつたちが楽しくくっついて、お母さんとそして、お父さんも…。微笑ましい場面ばかりでほんわかいい感じです。おはなし会では、最後にお母さんと子ども達がほっぺをくっつけてもらいました。
 赤ちゃん向けの絵本なので、小さくて読み聞かせには不向きなのが残念です。でも実際にお母さんと赤ちゃんのふれあいのためには、とってもいい時間を持つことができる絵本だと思います。スキンシップも楽しみましょう。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う ともだち、ほしい子 よっといで!  投稿日:2007/01/14
ともだち おまじない
ともだち おまじない 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
ともだちやシリーズの最新版です。
 今回は、お話ではありませんが、きつねさんとおおかみさんからのメッセージが、たくさん詰まってます。お話に登場してくれてた仲間達も全員集合。
 ともだちやの仲間達が教えてくれる、素敵なおまじないを楽しみましょう。
 春、夏、秋、冬・・・と季節ごとにも楽しめそうです。五・七・五のリズムも心地いいです。
 一人でこっそり、楽しんでいます。でも、ともだちになりたいから、おしえちゃいます。
「このほしで であえたことに ありがとう」今の気持ちです。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット