話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

どくだみ茶さんの公開ページ

どくだみ茶さんのプロフィール

ママ・40代・秋田県、女の子20歳

どくだみ茶さんの声

3590件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい とびきりの笑顔  投稿日:2021/03/17
スマイルショップ
スマイルショップ 作: きたむら さとし
出版社: 岩波書店
おこずかいをにぎりしめて、初めてのお買い物。いろいろなお店をのぞく男の子の目が、かがやいていますね。それなのに突然、こんな人ごみのなかで、危なすぎます!男の子の絶望がつたわってきました。でも、ほしいモノは買えなかったけれど、ステキな出会いがありました。写真に写った、男の子のとびきりの笑顔から、私もスマイルわけてもらいました。男の子の気持ちに合わせて、景色のトーンも変わっていきます。たくさんのお店や人物が、なんて細かくいきいきと描かれているのでしょう。にぎやかな声や音が聞こえてきそうです。私もおいしいものを食べたり、掘り出し物を見つけたりしている気分になりました。誰もが笑顔をわけあえるスマイルショップ、たくさんできるといいですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろな生き物がいたから  投稿日:2021/03/17
クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅
クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅 著: ドゥーガル・ディクソン
絵: ハンナ・ベイリー
訳: 橋本 あゆみ

出版社: 化学同人
「クジラが歩いていた」というタイトルにワクワクしながらページをめくりました。初めに、色分けされてわかりやすく描かれた「地質年代」で、生命の歴史をざっくり、つかむことができます。6億年の歴史はとてもダイナミック。巨大ワニと恐竜が戦っている時代があったり、キリンほどの大きさの鳥が空を飛んでいる時代があったり、ヘビに足があったことも。絶滅したり、生き残ったり、いろいろな生き物がいたから進化してきたんですね。ていねいにいきいきと描かれた絵がすてきでした。解説文もわかりやすく、子どもから大人まで楽しめます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっぱい笑って  投稿日:2021/03/17
あっぷっぷのぷ〜
あっぷっぷのぷ〜 作: あいはら ひろゆき
絵: すずき まみ

出版社: サニーサイド
赤、青、そして緑に黄色、ユーモラスでやさしそうなオニさんたちと、にらめっこ。オニさんたちの変顔に笑ってしまいます。「あっぷっぷ」でページをめくって、「ぷー」で笑わせるシンプルなくりかえしは、赤ちゃんにぴったりですね。「あっぷっぷのぷー」のひびきも、心地良く、読んでいる大人も笑顔になります。赤ちゃんも、オニさんたちに負けないくらい変顔になって、いっぱい笑ってほしいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やさしくできるかな  投稿日:2021/03/16
はらすきー
はらすきー 作: あきやま ただし
出版社: 講談社
ユーモラスで個性的な犬たちの表情や、「はらすきー」とういう、そのまんま?の名前が、おもしろいです。絵はほっこりしていますが、お話はなかなかシビアですね。おなかが空きすぎて、みんなの食べ物を食べてしまう、はらすきー。みんなが怒る気持ち、よくわかります。ケンだけが、はらすきーをかばいます。食べ物を前にして、横たわるはらすきーがせつなかったです。自分だったら、ケンのようにやさしくできるだろうか、はらすきーのように変わることができるだろうか、そんなことを思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 勇気ときずな  投稿日:2021/03/16
恐竜トリケラトプス はじめてのたたかい
恐竜トリケラトプス はじめてのたたかい 作・絵: 黒川 みつひろ
出版社: 小峰書店
草食恐竜のトリケラトプスと肉食のティラノサウルスの戦い、昔の地球上では、こんな光景があたりまえにあったんですね。戦いの場面は、迫力があって、おおきな声が聞こえてきそう。ツノが折れたり、体中にキズを負いながらも、家族や仲間をまもるために戦うトリケラトプスたちの、勇気やきずなが伝わってきます。リトルホーンが生まれた場面に、ほっこりしました。肉食ティラノサウルスの、おそろしい歯もみどころですね。草食と肉食のちがいが、よくわかる絵本、小さな子どもも楽しめます
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何も言わないけれど  投稿日:2021/03/14
あした、がっこうへいくんだよ
あした、がっこうへいくんだよ 作: ミルドレッド・カントロウィッツ
絵: ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
初めて学校へ行く日の、前の晩、なかなか眠れない男の子の不安な気持ちがつたわってきます。くまのぬいぐるみに話しかけながら、自分の気持ちを落ち着けようとしています。くまのウィリーは、何も言わないけれど、すべてをうけとめてくれる大切な大切な友達なんですね。やさしい色合いの絵にほっこりします。本のサイズ感もかわいいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 書きだしてみる  投稿日:2021/03/13
どんなきもち?
どんなきもち? 作: たかい よしかず
出版社: 大日本図書
気持ちを伝えるのは、大人でもほんとうに難しいですね。こんなとき、どんな気持ちになるのか、いろいろなシチュエーションが、描かれています。犬やバス、おおきくなったり、は楽しく想像できそうです。でも誰か相手がいたときの気持ちは、、。ひとつひとつの場面をじっくり見て、いろいろ想像してみたいです。気持ちシートに書きだしてみるのも、いいなと思いました。書き出すことで、気持ちが整理できそうです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんないい笑顔  投稿日:2021/03/11
カシャッ!
カシャッ! 作: 北村 人
出版社: ポプラ社
子どもは生まれたときから、パパやママにカメラやスマホで撮られているから、ものごころがつくと、真似したくなりますね。男の子が持っているのは、本格的なカメラ。いろいろなアングルから、かっこいいカメラマンです。モデルの食べ物たちも、みんないい笑顔。「ママカメラ」もいいですね。どんな顔も、すぐに笑顔になってしまいます。きれいな配色で、おおらかに描かれた絵と、くりかえしの言葉がここちよかったです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなゴールしました  投稿日:2021/03/06
109ひきのどうぶつマラソン
109ひきのどうぶつマラソン 作・絵: のはな はるか
出版社: ひさかたチャイルド
109ひきの、いろいろな動物たちのマラソン大会が、細かく描かれています。お気に入りの選手を見つけるのも、楽しいです。ジャングル、つなわたり、どうくつ、とコースはなかなかハード。それぞれの場所でクイズの答えさがしも、おもしろいなと思いました。一位でゴールは、まさかの展開!。みんなも最後まで、がんばりましたね。選手や応援のにぎやかな声がきこえてきそうでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春がきましたよ  投稿日:2021/03/06
おねぼうさんはだあれ?
おねぼうさんはだあれ? 作: 片山 令子
絵: あずみ虫

出版社: 学研
「おねぼうさんは だあれ」のひびきが、なんともやさしくて心地いいですね。まだ眠りからさめない友達のまくらもとに、花束をおいていくミミナちゃんがほほえましいなと思いました。春がきたうれしさが、伝わってきます。そんなミミナちゃんも、ぽかぽか野原でいねむり、きもちよさそう、、。アルミ板の切り絵!?で描かれた絵もステキで、すみずみまで楽しめました。春の野原にでかけたくなる絵本でした。
参考になりました。 0人

3590件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

5月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット