もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もゆらさんの公開ページ

もゆらさんのプロフィール

その他の方・60代・神奈川県

自己紹介
家内と娘のミニマム3人家族のおとうさんです。
暇を見つけては、図書館の絵本コーナーにすわりこんで
読みふけって、メモをとっています。
好きなもの
フラメンコギター、明太子、お話づくり、どうぶつえん、
絵本のこと、色のこと、文字のこと
ひとこと
自分自身が親でいられる、子どもに感謝しなければいけません。
そして子育ての責任は、エンドレス・・・。還暦過ぎて気付いたお粗末さ。
絵本に励まされ、教えられ、涙や笑いをたくさんもらって育てられ、
良書は尽きず、この今もあふれています。
しあわせなこと、しあわせなこと。
ブログ/HP
仕事と趣味合体のホームページです。
散らかっていますが、どうぞお気軽にお越しください。

もゆらの本ばこ

公開

  • 海をわたった折り鶴
  • むしのほん
  • おじいちゃん、戦争の話を聞かせてください。 五年一組 八木 湧太郎
  • あめのひのくまちゃん
  • おおやまさん
  • つみき
  • でんしゃが きた
  • どうぶつものがたり
  • ポッケのワンピース
  • まめだぬき
  • もじゃもじゃペーター
  • 宮沢賢治の絵本 貝の火
  • 福音館文庫 ミス・ヒッコリーと森のなかまたち

もゆらさんの声

557件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う とってもグラフィカル  投稿日:2019/06/10
のぞいてみよう しぜんかがく みず
のぞいてみよう しぜんかがく みず 絵・文: てづか あけみ
出版社: パイ インターナショナル
 なかなか手に取りにくい科学ものですが、
とてもきれいな絵を楽しみながら、水を学べる絵本です。
触ること、流れること、降ってきたり、音をたてたり、いろんなこと。

 でも途中で、その絵の面白さや楽しさが、
たくさん記された科学の理屈に、とうとう負けてしまいました。
もう少し疲れない程度、絞った内容だといいのになぁ。

 ステキなイラストレーションに 感謝。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 記憶の欠片  投稿日:2019/06/10
おもいで
おもいで 作: 内田 麟太郎
絵: 中野 真典

出版社: イースト・プレス
 おもいでが ゆめのお話。
大人も子どももだれもが一度ならず体験する ゆめです。
幼い不安な記憶と ちょっと成長した自分の記憶と
やっと過去に向き合えた安堵の記憶とが入り混じる ふしぎなお話。

 不安と 空虚と 断片の連なる絵とは対照的に
主人公のこころのことばは 短く 朴訥として 明確です。  
ゆめだからなのか 幼いからなのか 思い出だからなのか
静かに じっと聞き入るような衝動にかられます。

 こころに刺さった記憶の欠片を抜くのは 他でもない
きっと自分自身の成長なのでしょうね。
ふしぎなお話に 感謝。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ありがとう  投稿日:2019/06/09
みんなに やさしく (imagination unlimited)
みんなに やさしく (imagination unlimited) 著: パット・ズィトゥロウ・ミラー
イラスト: ジェン・ヒル
翻訳: ドリアン 助川

出版社: イマジネイション ・プラス
 大切なことを 私にも声かけされた気がします。

 幼いとき 社会を想像できるほど物事を知りません。
家族と 近所の顔見知りと そして数少ないともだちぐらい。  
みんながみんなに やさしくしてあげられるなら
辛いことは起きないはずです。
それでもけんかしたり 失敗したり 波風は立つものです。
一人でいる辛さ みんなと居たいと思う葛藤
そういうことみんなで共有できるよう 普段から考えなきゃ・・・
そう気づかされた「みんなに やさしく」でした。

 やさしくすることがむずかしい?
やさしくすること 親切にすること 同じですから。
考えてばかりいる自分を恥ずかしいと思うみなさん、
大丈夫ですよ 小さなことで 十分です、
読めばあなたにも 響きます きっと。

 著者パット・ズィトゥロウ・ミラーさんに感謝。
ジェン・ヒル画伯の心理描写にも 感謝。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う これは大奥どの  投稿日:2019/06/09
れいぞうこのおくのおく
れいぞうこのおくのおく 作・絵: うえだ しげこ
出版社: 教育画劇
 おもしろい視点のえほんです。
たぶん、節約してお料理している家庭では起こりえないなぁ。
余裕のくらしがちょっと、憎らしい・・・。

 子どもにとって冷蔵庫は宝箱ですからね
中で早く出番を待っている食材があると知ったら応援するね。

 お母さんのドキドキじゃない方で楽しめればいいのになぁ。
うえだしげこさんに 感謝。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 道徳  投稿日:2019/05/25
ごめんなさい
ごめんなさい 作: サトシン
絵: 羽尻 利門

出版社: ポプラ社
 忙しさのあまり、体裁の手前、親の天秤で、理由も聞かず・・・。
人は時として、どこか自分勝手に考える生き物のようです。
大人も子どもも、それは同じです。

 子どもの目線で、いい話がたくさん記されています。
我が子の思いに初めて気づく親の、申し訳なさも読み取れます。
しかしどこか機械的で、教科書のような印象を持ちました。
どこか日本的で、「窮屈」な何かです。

 「ごめんなさい」に、感謝。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ティーチャの、資質  投稿日:2019/05/25
デイビッドがっこうへいく
デイビッドがっこうへいく 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
 友達がいるとつい、調子に乗る目立ちがり屋だね。
デイビッドはデイビッドだよ、
本当の彼は、彼にもわからないかも。

 ノートの破り端に書かれたセリフのイメージでね、
デイビッドの内面をほんのちょっと、ワルに見せたかったんだよ。
でも反省文も、書かされたみたいだけどね。

 個性を認めて伸ばしながら、協調性を育む・・・。
学校の先生って、猛獣の調教師いえ、原石の研磨師みたいだね。
デイビッドの偉大な先生に、
感謝。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 反省  投稿日:2019/05/25
デイビッドがやっちゃった!
デイビッドがやっちゃった! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
 わざとじゃない、うん、わざとじゃない。
ただ、ウソ言うのだけは、よくない。
好き嫌いや物忘れ、失敗に言い訳なんて、大人だってあるさ。

 ある夜ベッドで、いけない自分にハタと気づいた!
えらいぞデイビッド、自分から詫びるなんて。
へそ曲がりの大人より、どんなに素直か。
母さんも、辛抱強くて、えらい。

 父さん!トイレですよ、頼みます。
いいですか、1分間しっかりと反省、してくださいね。
・・・感謝。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっと、泣ける  投稿日:2019/05/24
だめよ、デイビッド!
だめよ、デイビッド! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
 好奇心旺盛、元気はち切れるほどのデイビッド。
隠すことなく、デイビッドそのもの。
イラストレーション、生き生きと躍動していますから。

 No! No! NO! NO! Don’t・・・!
母ちゃんが大変だ!心配を通り越してるぞ。
あぁ、母と子って、ガチンコバトルなんだなぁ。

 だからきっと、言わずもがなの仲良し、なんだね。
かたじけない、父さん、出番なし。

感謝。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像を育む、夢のえほん。  投稿日:2019/05/24
ゆめたまご
ゆめたまご 作・絵: たかの もも
出版社: フレーベル館
 夢って、何でしょう? 見たの?見なかったの?
本当なの?とウソなの?との間を、ふわふわするだけで、
知らぬ間に記憶のなかから霞んでなくなってしまう、不思議です。 
「ゆめたまご」はそんな不思議を包んで、目の前で見せてくれます、
手品みたいに。あぁ、夢を手にとれるなんて、ウソみたい。

 願いを叶える方法、「ゆめたまご」を育むことができない悲しさ、
偶然にもたまごに芽が出たそのときの驚き、
大事に大事に育てそして、花いっぱいに咲き誇ったときの嬉しさ。
主人公このみの心の動きを、作者たかのももの奥深い色彩が、
幻想のカタチにかえてページいっぱいに広がります。

 赤と黒のチェックが、不思議の世界への入り口。
でもその前に、ちょっと怖い夢、見なきゃいけないんです。
ど、どうしよう、もも画伯。続編で何とか・・・。

感謝。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う マルタイだ!  投稿日:2019/05/24
まよなかのせんろ
まよなかのせんろ 著者: 鎌田 歩
出版社: アリス館
 保線の機械マルタイこと、MTTマルチプル・タイ・タンパーえほん。
電車の走行を安全に保つため、みんなが寝静まった深夜に、
マルタイが作業員とともに動き出すのです。

 先頭の運転席、作業コックピットの計器類、
レールを持ち上げて、枕木の両側をガガッっとダンピングする、
ダダダッとコンバクターが敷き砂利を突き固めて、
その後ろから、みんなで線路をきれいに整理整頓・・・
手に取るようにわかります。
丁寧に描かれているので、私も夜中その場にいるみたい。
地上作業員のみなさん、お疲れ様です。
安全をありがとう。

 鎌田画伯の観察眼に、感謝。
参考になりました。 0人

557件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット