新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

まゆみんみんさんの公開ページ

まゆみんみんさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、女の子10歳

まゆみんみんさんの声

11915件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いいですね。  投稿日:2021/04/30
自由のたびびと南方熊楠
自由のたびびと南方熊楠 作: 三田村信行
絵: 飯野 和好

出版社: PHP研究所
我が家の小学5年生の子供の国語の教科書に、こちらの本が紹介されていました。
すみません、無知な親の私は、この方知りませんでした。
子供は今まで伝記物をコミックで読むこともありましたが、そろそろ伝記物の児童書もすすめたく思いました。
実在の人物の話は、また心に強く感じるものがあることでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいですね。  投稿日:2021/04/29
<よりみちパン!セ> みんなのなやみ
<よりみちパン!セ> みんなのなやみ 作: 重松清
絵: 100%ORANGE/及川賢治

出版社: イースト・プレス
子供たちも年齢が進むに連れて悩みも出てきますよね。
これが絶対に正解!これは絶対に違う!というものでもありませんが、誰かの考え方や意見を知ることは、解決の糸口に繋がったり、気持ちを前向きに持てるきっかけになるかもですね。
みんなそれぞれ少なからず悩みはあるもの、それがわかるだけでも一人じゃない自分だけじゃないと思えますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいですね。  投稿日:2021/04/29
さすらい猫 ノアの伝説
さすらい猫 ノアの伝説 作: 重松 清
絵: 杉田 比呂美

出版社: 講談社
我が家の小学5年生の子供の国語の教科書に、重松清さんの本がたくさん紹介されていました。
こちらの本も(新版でしょうか文庫本でしょうか表紙の絵柄が違っていましたが)。
子供たちの心情や素直な心がよく描かれていました。
素敵なトリオですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいですね。  投稿日:2021/04/29
はじめての文学 重松清
はじめての文学 重松清 作: 重松 清
出版社: 文藝春秋
我が家の小学5年生の国語の教科書に、重松清さんの本がたくさん紹介されていました。
そして「カレーライス」は国語の教科書に掲載されています。
短編集なので、忙しい現代っ子たちにも読みやすい1冊に思いました。
重松清さんのはじめての本としてもぴったりに思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 短編集で読みやすいですね。  投稿日:2021/04/29
卒業ホームラン 自選短編集男子編
卒業ホームラン 自選短編集男子編 著者: 重松 清
出版社: 新潮社
我が家の小学5年生の国語の教科書に、重松清さんの本がたくさん紹介されていました。
重松清さんの作品をそろそろ読める年齢になってきたのだぁと。
こちらの本は短編集なので、忙しい現代っ子たちにも読みやすいかと思います。
特に男子は共感できる部分も多いでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かに思う。  投稿日:2021/04/29
自由って、なに?
自由って、なに? 文: オスカー・ブルニフィエ
訳: 西宮かおり
監修: 重松 清

出版社: 朝日出版社
「自由っ、なに?」、確かに思いますよね(笑)。
我が家の小学校5年生の子供の国語の教科書に、重松清さんの本がたくさん紹介されていました。
こちらの本の監修は重松清さんなんですね。
「こども哲学」の内容が書かれた「きみの町で」を子供に購入してみました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい がんばれ!抜け出せ!!  投稿日:2021/04/29
ゼツメツ少年
ゼツメツ少年 作: 重松 清
出版社: 新潮社
色々な環境や色々な想いで生きている子供達がいるんだなぁと、改めて感じる1冊でもありました。
読んでいて心痛む辛い内容も多いのですが。
そこに目を背けることなく、何かを感じ考えることは大切に思いました。
人生が良い方向に進んでいくことを応援したくなる本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドラマで見ていました。  投稿日:2021/04/29
流星ワゴン
流星ワゴン 著: 重松 清
出版社: 講談社
「流星ワゴン」。
私はテレビドラマで見ていました。
重松清さん原作の本だったのですね。
やり直したい過去、やり直したいなと思ったこと、誰にでも少なからずあるかも知れませんね。
よい方向に向かう人生であってほしいと日々切に思いますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいですね。  投稿日:2021/04/29
小学五年生
小学五年生 作: 重松清
出版社: 文藝春秋
我が家の小学5年生の娘の国語の教科書に、重松清さんの本がたくさん紹介されていました。
こちらもその1つでした。
18編のショートストーリーが書かれた1冊で、忙しい現代っ子たちにも読みやすいと思います。
特に男児におすすめの1冊に思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいですね。  投稿日:2021/04/29
きみの町で
きみの町で 文: 重松 清
絵: ミロコ マチコ

出版社: 朝日出版社
人間の心って難しいですよね。
人間関係もまた。
小学校5年生の娘の国語の教科書に、重松清さんの本がたくさん紹介されていてので、短編集でもあるこちらの本を購入してみました。
短編集なので、忙しい現代っ子たちにも読書しやすいとも思いました。
イラストも何だかいいですね。
参考になりました。 0人

11915件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット