たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

Tamiさんの公開ページ

Tamiさんのプロフィール

ママ・40代・千葉県、男の子8歳

自己紹介
自然の中で子育てをしたいと、息子が1歳のときに、東京から千葉の海辺の町に引っ越しました。
毎日海や山を駆け回って遊ばせていますが、せめてもと、絵本の読み聞かせを始めました。
息子の声に応えながら毎日1時間くらい読んでいたら、
5歳までに読み聞かせた回数は20000回、読み聞かせた本は5000冊を超えました。
5歳半くらいから一人読みを始め、8歳になった今でも毎日2時間近く読むほどの本好きです。
好きなもの
5歳の息子が好きなもの。
電車、消防車、飛行機、ヘリコプター、戦闘機、レスキュー車、ロケット、などなど乗り物ばかり。
電車絵本だけで200冊以上読みました。大宮の鉄道博物館の年パス会員。

6歳、小1。
「宇宙のサバイバル」をきっかけに宇宙にはまる。
宇宙関連の本ばかり読んでいて、レゴではソユーズやアポロやスペースシャトルを作っています。

7歳、小2。「実験対決」、「発明対決」、「サイエンスコナン」、「はたらく細胞」、「まんがサイエンス」など、科学漫画が大好きな科学っ子。

8歳、小3。独学でスクラッチを始める。どんどん新しい機能を使いこなす現代っ子。
釣りをはじめる。学校が休みの日は、朝夕釣りをする。
読書をこんなにしてきたのに国語が苦手。漢字は特に苦手。算数はクラスで一番得意。
岩石や鉱物が好き。長期休暇は鉱物関係の博物館をめぐる。
ひとこと
レビューは子育ての記録のようなものです。
星5つにした本は、ぜひ購入して本棚に置きたいもの。
星4つは、図書館で借りてでもぜひ読んでほしいと思うもの。

Tamiさんの声

521件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 唯一のモノクロ。そして大長編。  投稿日:2018/10/17
タンタンの冒険 タンタン ソビエトへ
タンタンの冒険 タンタン ソビエトへ 作・絵: エルジェ
訳: 川口 恵子

出版社: 福音館書店
2年生(7歳)くらいからタンタンシリーズにはまった息子。
図書館で借りてきて、あっという間に全巻読み終え、
今だに繰り返し読んでいます。
毎度毎度大笑い。
文字通りお腹を抱えて笑って読んでいます。

しかし、この本だけはちょっと異色。
唯一モノクロであり、そしてとにかく分厚いのです。
これ、読めるのかなと半信半疑でしたが、
他のシリーズと同様、ちゃんと笑いながら読んでいました。

本当はフランスでは第一冊目だったようですが、
日本では19巻目に出版されました。
欧米がイメージする社会主義国ソ連がこれ、なんでしょうね。
そういえば、映画「007」シリーズでも、
ソ連はまさにこんな風に描かれていました。
今の子どもが読む場合は、
現在のロシアではなく、
ソ連であることを伝える必要があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キャンプ好きはもちろん、震災時のサバイバルにも。  投稿日:2018/10/17
元気と勇気がわいてくる! 冒険遊び大図鑑
元気と勇気がわいてくる! 冒険遊び大図鑑 著者: かざまりんぺい
出版社: 主婦の友社
冒険や外遊びに関する本ならかざまりんぺいさん。
という感じの方です。
漫画で説明してくれているので、
小3の息子も問題なく読めました。
今、息子は釣りにはまっていますが、
釣り道具は高価で、なかなか思うように購入できません。
しかも、しょっちゅう仕掛けや針をフグに噛み切られる始末。
でもこの本ならば、道具を買わずとも、
その辺にあるもので、釣りもできてしまいます。
この本、釣り以外でも何でもそうなんですが、高価な道具を買うことなく、
身近なもので楽しんでしまうコツがたくさん。
あれこれ買う余裕のない我が家にはぴったりな本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 資料的要素の強い作品。  投稿日:2018/10/17
タンタンの冒険 タンタンとアルファアート
タンタンの冒険 タンタンとアルファアート 作・絵: エルジェ
訳: 川口 恵子

出版社: 福音館書店
タンタンが大好きな小3の息子。
全巻繰り返し読みましたが、
さすがにこの本だけは読みませんでした。

この本は、ラフのスケッチなのです。
しかも途中。
結末がわからない状態です。
エルジュが途中で亡くなってしまったのですね。
だから、タンタンがどのように出来上がるのかがわかる
資料的要素の強い作品です。

物語を楽しめるかといえば楽しめない。
タンタン資料館、エルジュ資料館というものがもしあるならば、
そこに収蔵されているといった資料です。
よっぽどのタンタンのファン、エルジュのファンの方ならばおススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全部おいしそう!  投稿日:2018/10/17
めん たべよう!
めん たべよう! 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
小3の息子は食べ物の本が大好き。
もう絵本は卒業しましたが、やっぱりこの本には飛びつきました。
よだれをたらしそうな勢いで見ています。
家族みんな、麺は何でも大好きなんです。
親子で会話もはずみます。
小西英子さんの食べ物の絵本はどれも本当においしそう。
我が家的には、
おいしそうな食べ物の絵は、小西さんがナンバーワンだと思っております。
0歳〜1歳の頃は、「サンドイッチサンドイッチ」が息子の一番のお気に入りでした。100回くらい読まされました。
カレーライスもおべんとうもお気に入りでしたよ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 個人的には気になります…。  投稿日:2018/10/16
すいかのプール
すいかのプール 作: アンニョン・タル
訳: 斎藤 真理子

出版社: 岩波書店
夏といえばスイカ。そしてプール。
この2つがMIXされた夢のような物語。
みんながスイカのプールを心待ちにしている様子、
プールを楽しんでいる様子、
読んでいてワクワクします。

ただ、やっぱり気になる。
食べ物で遊んでしまう話は。
個人的には好きじゃないです。
ちなみに8歳の息子の反応は、「ふーん」って感じで、
そんなでもなかった。
もっと小さい子だったら、もっと楽しむと思う。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 理屈ではわかるけれど。  投稿日:2018/10/15
元素図鑑
元素図鑑 監修: エイドリアン・ディングル 若林 文高(国立科学博物館)
絵: エイドリアン・アダムズ
訳: 池内 恵

出版社: 主婦の友社
宇宙のすべてのものは92の元素でできている。
そんなことは知っている。
言いたいことはわかる。
私にとって、それでも理解できないのが元素なのです。
で、この本は私にはわからなかった。
小3の息子は読んでいました。
読んでいたけれど、肝心なところはきっと理解できていない。

例えば、
爆薬は、窒素、水素、炭素、酸素、ナトリウムでできている。
ビスケットは、炭素、水素、酸素、窒素、そしてカルシウム。
炭酸ジュースは、水素、酸素、炭素。
ペンキは、酸素、水素、炭素、チタン。

地球上の多くのものが、
窒素、水素、炭素、酸素、そして何かできていることが多い。
それぞれの量と結びつき方が違うだけなんです。
その説明はこの本にはありません。
そこまでなら、大体わかってはいるのです。
でも、そういうことは化学の点が取れる手助けにはならなかった。
高校時代、化学ができなくて、どれほどの苦悩を味わったか。
息子にはその苦悩を味あわせたくなくて、
化学が理解でき、かつ大好きになれる本を本気で探しているのですが、残念ながらこの本ではなかった。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 抱腹絶倒の科学漫画  投稿日:2018/10/15
おとぎ話を科学する! コミック空想科学読本2
おとぎ話を科学する! コミック空想科学読本2 監修: 栄光ゼミナール
漫画: 筆吉 純一郎
監修: 柳田 理科雄

出版社: PHP研究所
1巻に続いて2巻も、
小3の息子は、文字通りお腹を抱えて笑っています。
こんなに笑えて、科学に対する好奇心や知識がついて、
とってもお得な漫画です。
息子が特に好きだったのは一寸法師。
一寸ってのは3センチくらいだから、
お椀に乗ると本当は前が見えないくらいの背の高さ。
またお椀は水に浮かべるとバランスもよくなく、
曲げわっぱに乗るのがよいとのことです。
「金の斧銀の斧」では、
銅や鉛、白金など、元素鉱物の斧が次々に登場するのが、
息子のツボでした。
笑いながら、自然と科学が好きになります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ある意味おもしろい。  投稿日:2018/10/14
<よりみちパン!セ> バカなおとなにならない脳
<よりみちパン!セ> バカなおとなにならない脳 作: 養老 孟司
絵: 100%ORANGE/及川賢治

出版社: イースト・プレス
小学生〜高校生の子どもたちが、
養老先生に様々なことを質問します。
子どもらしい質問もあれば、大人も気になる質問もあり、
あーなるほどと思いながら読みました。
しかし、個人的に一番おもしろかったのは、
養老先生の人柄が出まくりのところです。
好きな人の前で緊張してしまうと、
中学生が本気で悩んでいるようなことにも、
ヘンなことではないから、慣れればいいと、短く終えてしまったり、
時には質問自体がくだらないとばかりにバッサリ切ってしまうことも。
先生の娘さんが、
宇宙のはてはどこにあるかと聞いてきたときに、
宇宙は空間だから、はてなんかない
質問自体がおかしいという。
ご自身の娘さんにまで、
そんな調子で答えているのかと想像するとちょっと笑えます。
近所の子どもたちと、
ちょっとひねくれた知恵のあるお年寄りが会話しているのを、
横で見ているような本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかくかわいいのです。  投稿日:2018/10/14
ペンギンのおかいもの
ペンギンのおかいもの 著: さかざきちはる
出版社: WAVE出版
JR東日本のスイカのペンギンの絵本ということで、
電車好きの息子が3歳くらいのときに読みました。
探して遊べる絵本です。
絵が、ペンギンが、とにかくかわいい。
センスいいのです。
母親受けもよいはずだし、
男女問わずだし、
プレゼントにもおススメできます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 例のテレビ番組でお馴染みの方です。  投稿日:2018/10/13
池の水をぬいた! ため池の外来生物がわかる本
池の水をぬいた! ため池の外来生物がわかる本 文: 加藤 英明
出版社: 徳間書店
息子が「池の水をぜんぶ抜く」というテレビ番組が好きで、
いつも見ています。
かいぼりを行って、外来生物を取り除く作業の際、
この本の著者である加藤さんが外来生物の説明をしてくれています。
この本は、
池の概要から始まり、池の役割、かいぼりの概要などを踏まえたうえで、外来生物を説明してくれています。
外来生物というのは、
常に人間の都合で自然に放たれてしまっているわけですが、
その歴史や背景は生物によっていろいろで、
ここは番組ではあまり説明されていないので、
興味深かったです。
勉強になりました。
参考になりました。 0人

521件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット