かみなのに かみなのに かみなのにの試し読みができます!
作: たにうち つねお  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
かみなのに「なんでー!? ふしぎー!」って、おもわず言っちゃう絵本!

ユウルーママさんの公開ページ

ユウルーママさんのプロフィール

ママ・30代・三重県、男6歳 男1歳

ユウルーママさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 歩くことがうれしいこの時期に  投稿日:2005/05/26
とっとこ とっとこ
とっとこ とっとこ 作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社
「くっく」とせがまれ、外出がふえる。芝生の上など、裸足でずっと歩いて行く。そんな1歳前後の歩き出しにぴったり。ほのぼのとしたまついのりこさんの絵と繰り返しの言葉がやはり好きなのかな。それぞれの靴を確認するかのように指差しながら、ページを繰ってます。いつも絵本のアドバイスをいただく絵本やさんも薦めてくださって買いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 二男はパンダ大好き  投稿日:2005/05/23
なーんだ なんだ
なーんだ なんだ 作: カズコ・G・ストーン
出版社: 童心社
パンダ好きの二男のために手にとりました。たまらない様子です。7ヶ月頃から読み聞かせまして、今ちょうど1歳になったところですが、おめめ、お鼻、こんにちはのごあいさつと色々教えてあげることもできてお得感いっぱい。毎日3回はひっぱりだしてきて「読んで」の仕草です。最近は主人やお兄ちゃんにもおねだりしています。「なーんだ」とか「パン(ダ)ちゃん」とか言葉もでてますよ。ちなみに長男は作者のてんとう虫のお話が好きでよく読みました。絵のタッチが私も大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子ってやはり  投稿日:2003/08/10
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ 作: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
「男の子はやはり冒険モノが好きなのだ」と、納得の絵本でした。続けて何日も読んでほしい訳ではないみたいで、数ヶ月に何度か「これこれ!」と言う感じでリクエストされます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供を産んで親に感謝した気持ち  投稿日:2003/07/27
ラヴ・ユー・フォーエバー
ラヴ・ユー・フォーエバー 作: ロバート・マンチ
絵: 梅田 俊作
訳: 乃木 りか

出版社: 岩崎書店
子供を産んで母に「こんな思いで産んでくれたのか」
父に「よくまあ3人も(私は第2子)何不自由なく育ててくれたな」と後から後から感謝しました。
子供に読み聞かすにはまだまだ無理です。
私が泣けるから。
ただ、ずっと大きくなって世の中のことが少しずつわかってきたときにチョイスしてほしいため、また、私の心の潤滑油として我が家の本棚のベストポジションをキープするであろう作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かな手ごたえありです  投稿日:2003/07/24
おふろだいすき
おふろだいすき 作: 松岡 享子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
喜びましたね。絵の優しい感じが、見慣れた林先生で、お風呂も動物も大好きな息子は正に、はまったと言う感じでした。見開きからすでに始まっている絵本の醍醐味を味わってください。絶対オススメ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひらがなと訳者の表現の美しさ  投稿日:2003/03/02
たいせつなこと
たいせつなこと 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: うちだ ややこ

出版社: フレーベル館
凄く好きな絵本です。息子も身近なものが題材とあって喜んでくれます。いろんな話題もつくれて、実にすばらしい絵本であると思います。ただ、ひとつ凄く気になることがあって英語版が見たかったのです。本当は、もっと早くこの絵本のすばらしさをお伝えしたかった。私の気になっていた点は字体なの。読み聞かせには、問題ないのですが視覚効果を狙い斜めに書いてあったり、フォントがかわったたりと私だけなのかなあ?しっかりとした内容のわりに忙しい感じがしてしっくりこなかったのです。子供は、どう感じとるのか聞きたかったのですが、うちの子にはまだ難しい質問でした。ただ、英語版が手元に届いてまたまたビックリ。ページ毎にフォントは違うし、文字のサイズは変わるしで、一冊丸ごとそれが狙いと分かりました。そして、内田さんの訳のすばらしさも知ることができました。比較的小さなサイズのひらがなだけのこの絵本、日本語の表現の美しさに感動しますよ。最後のページの[あなたはあなた]の章では繰り返し読むようにしています。一度はそのまま読み、二度目はアナタを子供の名前で、読むようにしています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これが原点か・・・・  投稿日:2003/02/22
エリック・カールの動物さんぽ
エリック・カールの動物さんぽ 作・絵: エリック・カール
訳: ゆあさ ふみえ

出版社: 偕成社
羨ましいな。そして、厳しい時代を生き抜いているからこそ独特のエリックワールドが、存在するのかと、納得の一冊でした。どこの英会話教室の幼児講座でも、幼稚園の英語の時間でも、エリック・カールは親しまれて教材として使われ、子供たちのほとんどは、何かしら彼の絵本に触れているはずです。いま、ようやく長い文章が少し理解し始めてきています息子のおやすみの前に、読んできかせるのにと、購入しました。挿絵はどれも息子の想像を膨らませるのに、すばらしく内容はまだ私の声を楽しんでいるようにも思えますが、しだいに、興味を持つに違いないと確信しています。ずっと長く心に残る、大人になって息子が親になっても、子供に読んであげてほしい一冊です。ただし、くどいようですが、我が家の場合はいまのところ、おやすみの前しか、読んで聞かせることができません・・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ああ、やっぱりね  投稿日:2003/02/10
どんなにきみがすきだかあててごらん
どんなにきみがすきだかあててごらん 作: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
絵本の中では、チビうさとデカうさと言う設定ですが、子供は読み始めてすぐに、「パパとぼくだ!」と申しておりました。原作では、やはり父子の会話だとかで、‘絵の威力ってスゴイもんだな‘と改めて思いました。また、チビちゃんの眠くなるしぐさや、ねんねの、のびのしぐさがかわいくて、息子の大好きな、作品の一つです。〔ナニシロ、うちの息子は動物がでてくるお話が大好きですので・・・・〕まずは、絵から父と子のサッパリした愛情を感じっとて、そしてお話からゆるぎない父の守ってくれる愛情を感じとることができます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 妹をいじめたひとたちはもう・・・・  投稿日:2003/02/03
わたしのいもうと
わたしのいもうと 作: 松谷 みよ子
絵: 味戸 ケイコ

出版社: 偕成社
今春、入園予定の幼稚園の絵本講座で読んで頂ました。講師の身内の方が、偕成社にお勤めで作者に手紙が、届いたくだりからのお話を聞くことができました。在園児のお母様ばかりで、知らない方ばかりの中でしたが、涙がこぼれてとまりませんでした。妹の止まってしまった時間を、死を恨む表現などひとつもありませんが、通り過ぎるセーラー服がなおいっそう感慨深く印象的でした。絵本に何を求めるかで、賛否はありますが、文面、挿絵に現実そのものズバリを求める方にも、また私のように想像力や自分なりの解釈を求める方にも子供たちにも、きっと共通の意見を聞くことができる作品であると思います。「妹をいじめた人たちはもう妹のことを忘れてしまったでしょうね」・・・たぶん一生忘れられないフレーズのひとつになりました。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

せなけいこさん50周年記念連載 第2回 本多慶子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • カブトくん
    カブトくんの試し読みができます!
    カブトくん
    作・絵:タダ サトシ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    今年でなんと成人式!愛されて20年の昆虫愛ロングセラー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット