季節
くろくまくん ぴかぴか はみがき

くろくまくん ぴかぴか はみがき(くもん出版)

くろくまくんといっしょに、たのしくはみがき習慣を身につけよう!

  • 役立つ
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

まことあつさんの公開ページ

まことあつさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子8歳 男の子6歳

まことあつさんの声

2253件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 今、自分の落ち葉は何か  投稿日:2021/05/24
ちっちゃな木のおはなし
ちっちゃな木のおはなし 作: ローレン・ロング
訳: やまね もとよ

出版社: 評論社
正直、木がただ大きくなる話かと思い、
あまり期待していなかったのですが、
シンプルに、とても大切なことを
わかりやすく伝えてくれる
素晴らしい絵本でした。

5歳児も、次の日にも
「また読んで」と言ってきました。

成長するためには
今あるものを手放すことも大切ですが、
それには案外勇気がいるんですよね。

今、自分の落ち葉は何か、考えさせられました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 興味を持って  投稿日:2021/05/24
みてみて!
みてみて! ことば: 谷川 俊太郎
写真: 小西 貴士

出版社: 福音館書店
「ことば:谷川俊太郎」とあったので、
写真にことばが添えられているのかと思っていたら、
最後に谷川俊太郎さんのことばが載っていました。

でも、写真が本当によかったです。

ただ、虫や花の写真ではなく、
子どもたちが本当に「みてみて」と言っているようで、
子どもたちも興味を持って眺めていました。

虫好きの息子たちは
「あ、これ○○」とか虫の名前は
どんどん出てきていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うまく活用  投稿日:2021/05/24
グリンピースのいえ
グリンピースのいえ 作: 及川 賢治 竹内 繭子
絵: 及川 賢治 竹内 繭子

出版社: 教育画劇
カエルのグリンピースの家に
何が出てくるんだと
思っていましたが、
人間の捨てたゴミがどんどん出てきて、
しかもそれをうまく活用して
快適な家にしているので
次は何が出てくるんだろうと
子どもと一緒に楽しく見ました。

ピアノのソファとかは
いいなあと思ってしまいました。

でも、最後のページの
ゴミの山には人間として
恥ずかしくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カラフル  投稿日:2021/05/23
ちびとらちゃん
ちびとらちゃん 作: リブシェ・パレチコヴァー
絵: ヨゼフ・パレチェク

出版社: アットアームズ
読みながら、日本の絵本『モチモチの木』を
思い出しました。
勇気がない子も、大切な人のためには
勇気を出してがんばることができるんですよね。

カラフルで、かわいい絵で
お話もおもしろかったです。

ただ、勇気がないからって
トラのシマシマを取っていくのは
どうかと思いますが。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 恥ずかしくなる  投稿日:2021/05/21
ライオンとねずみ
ライオンとねずみ 作・絵: リーセ・マニケ
訳: 大塚 勇三

出版社: 岩波書店
ライオンとネズミのお話は
イソップでも有名で、
いろいろな絵本で読んだことがありますが、
このパピルスに書き記された古代文字では、
いかに人間がひどいやつかを
淡々と描かれていました。

読んでいて、人間でいることが
恥ずかしくなるぐらい。

最後の最後でなじみの話が出てきましたが、
人間が最後に何の懲罰もなく
終わっていて、読後感はよくありませんでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見やすかった  投稿日:2021/05/21
やさいのずかん
やさいのずかん 作・絵: 小宮山 洋夫
出版社: 岩崎書店
豆がページいっぱいに描かれていたり、
根っこの野菜、葉っぱの野菜と
種類ごとに分かれていたり、
季節でも分かれていたり、
とても見やすかったです。

先日、そら豆とグリンピースの皮むきを
子どもたちとしたばかりだったので、
子どもたちも豆の種類のページや
知っている野菜を見つけては名前を言っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人の私も知らなかった  投稿日:2021/05/21
みんなで!いえをたてる
みんなで!いえをたてる 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
転勤族なので、家を建てることはできませんが、
こんなふうに家ができるんだと
親子で興味深く見ました。

家を建てる前に
コンクリートを打ち込むなんて
大人の私も知らなかったし、
こういう順番で家が造られ、
設備が運ばれるのかと
子どもたちも絵を指差しながら見ていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 勇気  投稿日:2021/05/20
やねうらおばけ
やねうらおばけ 作・絵: マーサ・メイヤー
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
「おばけの話は読まないで」と
最近おばけの夢を見て怖がるようになった5歳児に
読むのはためらわれたのですが、
読んでみると、
ちょっとドキドキしますが、
女の子の勇気に
読んでいるこちらまでパワーをもらえ、
くすっと笑顔にもなれました。

5歳児も8歳児も
寝るまえでしたが、
そんなに怖がっていませんでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きれいでかわいい。  投稿日:2021/05/20
もりの ほうせき ねんきん
もりの ほうせき ねんきん 写真・文: 新井 文彦
出版社: ポプラ社
粘菌って言葉では知っていましたが、
こんなものだとは知りませんでした。

見れば見るほど、
きれいでかわいい。
もし、今度山の中に入ったら
花だけでなく、
粘菌も探すことになりそうです。

でも、ゾゾ―っと動くところは
気持ち悪くて見たくないですが。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 脱力  投稿日:2021/05/20
もりのおうちの きいちごジュース
もりのおうちの きいちごジュース 文: ハヤ・シェンハヴ
絵: タマラ・リックマン
訳: 樋口 範子

出版社: 徳間書店
正直、絵だけを見たら
自分で手に取ることはなかったと思いますが、
お薦めされていたので図書館で借りて読みました。

ライオンとキリンとウサギと
狩る側と狩られる側のお話かと
思っていたら、そんなこともなく、
新しく引っ越してきたのはだれだろうと、
隠れて見ようとするのには
ほのぼのしすぎて、脱力しました。
参考になりました。 0人

2253件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

5月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット