もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

チーボーさんの公開ページ

チーボーさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女8歳 女5歳

チーボーさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 思わず笑ってしまう  投稿日:2003/05/09
ぼくはアフリカにすむキリンといいます
ぼくはアフリカにすむキリンといいます 作: 岩佐 めぐみ
絵: 高畠 純

出版社: 偕成社
 毎日を退屈に暮らす一頭のキリンが同じく退屈しているペリカン配達屋さんに一通の手紙を託します。宛先は、地平線で会った最初の動物へ。
 ペリカンはアザラシ配達員に最初に出会い手紙を渡します。その手紙は、クジラ岬に住むペンギンの元へ届けられます。
そしてキリンとペンギンの文通が始まります。
 お互いまだ見ぬ相手を想像しながらの手紙のやり取りや手紙の内容が楽しく、面白いです。
 ページ数、文字数も多く、絵が少ないですがページが進むうちにのめり込んでしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色んなスタイルで読める本  投稿日:2003/05/07
もりのかくれんぼう
もりのかくれんぼう 作: 末吉 暁子
絵: 林 明子

出版社: 偕成社
 この本の面白いところ、それはタイトルの通り『かくれんぼう』にあります。
ただのストーリーとしての『かくれんぼう』でなく読者自身が鬼なのです。
森の動物達とのかくれんぼう!!
 ページをめくると森の木や葉に同化するように動物たちが隠れています。
それを子供たちは、立ったり座ったり、逆さまになって股の間から覗き込んだりしながら、自分が主人公と一緒になって動物達を探します。
 大人でもよ〜く目を凝らして見ないと、すぐには見つけられませんよ。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット