宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

Bigママさんの公開ページ

Bigママさんのプロフィール

その他の方・50代・神奈川県

Bigママさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ほのぼのします。  投稿日:2017/08/23
ワニぼうのかいすいよく
ワニぼうのかいすいよく 作: 内田 麟太郎
絵: 高畠純

出版社: 文溪堂
ワニの家族の海水浴のお話です。
息子のワニ坊は初めて海に来て
水がしょっぱくて驚きます。
でも、タコは海水を平気で、ごくごく飲むし
カニは、しょっぱくない水を、まずいと言うのです。

なんとも、ほんぼのとした
可愛いお話の展開で
ユーモアもあり、2歳ぐらいのお子様から
楽しめるのではないか?と思いました。

個人的にはワニのお母さんが赤い口紅?
をつけているのがツボです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかく絵が美しい。  投稿日:2017/07/16
月夜のみみずく
月夜のみみずく 作: ヨーレン
絵: ショーエンヘール
訳: 工藤 直子

出版社: 偕成社
とにかく絵が美しくって、、、
夜の森の表現が素晴らしく
見とれてしまいます。

ある年齢になったら、お父さんと
夜、森にふくろうを見に行く、というのが、
この家のならわしなのかしら?
以前はお兄ちゃんが行ったようですが、
今回は、とうとう妹が行く番が来たのですね。
女の子の胸のワクワクした様子が
こちらにも伝わってきます。

本当はおしゃべりしたいけど、
静かにしていないと、ふくろうには会えないから
静かに、静かに、、、

そしてついに、ふくろうが現れ
なんと目があった!
ほんのわずかな時間だったでしょうに、
女の子には100分にも感じられるほどだった。

初めての事を経験する時の
子供のワクワクした気持ちがとっても
素直に表現されていて、
こちらまで、すがすがしい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく楽しかった!  投稿日:2016/11/17
まくらのせんにん そこのあなたの巻
まくらのせんにん そこのあなたの巻 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 佼成出版社
だるまさんシリーズといい、かがくいさんの絵本は大好きです。
この本も途中に仕掛けがあり、思わず声を出して笑ってしまいました。
お子さんと楽しみながら読めると思います。
また、大人でも、、、!
辛いことをひと時忘れられそうな絵本だと思います。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット