どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

みっとーさんの公開ページ

みっとーさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男の子8歳 女の子6歳

みっとーさんの声

1874件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自閉症への理解が深まる  投稿日:2019/01/27
ジヘーショーのバナやん
ジヘーショーのバナやん 文: 成沢 真介
絵: 森 千夏

出版社: 少年写真新聞社
子どもから聞く、クラスの子の様子と同じなので、この絵本を読むと子どももその友達も助かるのではないかと思い読ませました。
まさに、自閉症への理解が深まる絵本なんです。

手をあげているのにあててくれない→泣く これにはこんな理由があるから、こう言ってみたらって、具体的に教えてくれていて本当に勉強にもなります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すごいインパクトのある絵というか写真というか…  投稿日:2019/01/27
天女銭湯
天女銭湯 作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史

出版社: ブロンズ新社
ものすご〜くインパクトのある絵。
絶対天女じゃないやん。と思いながら読んでたら、あれ?ほんまに天女…なのか!?
って感じでした。
韓国の人が描いている作品で、あかすりとか韓国っぽさがありつつも、お風呂で遊ぶ様子は日本と同じ。
おもしろかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イラストがおもしろい  投稿日:2019/01/27
天女かあさん
天女かあさん 作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史

出版社: ブロンズ新社
大阪弁と、このイラストがマッチしていて、韓国の人が描いたとは全然気づきませんでした。
電話で看病を頼んだら、天女につながって…
天女の風邪のなおしかたが素敵で、雲をつくっておふとんにしてくれるところは「お〜!天女!」ってワクワクしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人もおもしろい  投稿日:2019/01/27
ふしぎなにじ
ふしぎなにじ 作: わたなべ ちなつ
出版社: 福音館書店
絵本を開いて鏡の世界にご招待。って感じでした。
洗面所で両サイドの鏡を合わせていっぱい見えた。って遊んでいるのと同じ感覚で遊べます。
ほ〜なるほど。もっと開いたら?と、一人ですごく真剣に鏡の世界を楽しんでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい!  投稿日:2019/01/27
かがみのサーカス
かがみのサーカス 作: わたなべ ちなつ
出版社: 福音館書店
すごい。
鏡の絵本とサーカスの世界がマッチしまくってます。
一度サーカスを見てからだと、この鏡の絵本がもっと楽しくなるでしょうね。
にじの鏡の絵本とはまた違うおもしろさがあり、同じシリーズでこうも違うおもしろさを提供できるのかと感心しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい立体感  投稿日:2019/01/27
きょうのおやつは
きょうのおやつは 作: わたなべ ちなつ
出版社: 福音館書店
ツルツルに加工されて鏡になった絵本が、すごい立体感をつくりだしています。
ただホットケーキを作るシーンが描かれているだけなんですが、とびでる絵本みたいなのに、とびでていなくて、お〜上手!っていう鏡の工夫っぷりがおもしろいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おやすみ前の一冊に  投稿日:2019/01/27
おやすみ、ぼく
おやすみ、ぼく 文: アンドリュー・ダッド
絵: エマ・クエイ
訳: 落合 恵子

出版社: クレヨンハウス
自分のあし、おなか、手、ひとつひとつにおやすみを伝えていくチンパンジーがとってもかわいくて愛らしい。
枕にしずむチンパンジーの様子が本当に幸せそうでこっちも自然にねむたくなってきます。
おやすみの前の一冊にぴったり。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドキドキ わくわく  投稿日:2019/01/27
わゴムは どのくらい のびるかしら?
わゴムは どのくらい のびるかしら? 作: マイク・サーラー
絵: ジェリー・ジョイナー
訳: きしだ えりこ

出版社: ほるぷ出版
わ〜、え〜、まだ?
輪ゴムをひたすらのばしていくんですが、そののばしっぷりがすがすがしい。
いつくる?いつはじける?それを想像すると、ただ伸ばしているシーンがもうドキドキのおもしろさに早変わり。
楽しい1冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても興味深い  投稿日:2019/01/27
今森光彦 昆虫記
今森光彦 昆虫記 文・写真: 今森 光彦
出版社: 福音館書店
とっても興味深い図鑑写真集。
孵化する様子など、なかなか見れないシーンがコマ送りみたいになっていて見入ってしまいます。
図鑑のようにひたすらみな同じシーンで固定されているのではなく、生きた昆虫がそこにはたくさんいて、こういう図鑑をそろえてあげるのもいいな。って思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい実践的で分かりやすい  投稿日:2019/01/27
今森光彦の昆虫教室 とりかた・みつけかた
今森光彦の昆虫教室 とりかた・みつけかた 作: 今森 光彦
出版社: 童心社
昆虫に夢中な息子に買いました。
とっても詳しく昆虫のとりかたがのっていて、網の使い方や種類などなかなか教えてもらえない内容が盛りだくさんです。
昆虫標本の作り方がとてもおもしろくて、実際にカブトムシは作ったことがあったけれど躊躇していたバッタやトンボも、これならできそう。やってみようと意欲がわいてきました。
参考になりました。 0人

1874件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット