クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

いつたくさんの公開ページ

いつたくさんのプロフィール

ママ・30代・広島県、男7歳 男27歳 男0歳

いつたくさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいいよるくま  投稿日:2004/05/26
よるくま
よるくま 作・絵: 酒井 駒子
出版社: 偕成社
初めて読んだときから、私も子供も大好きになった絵本です。おかあさんを探すよるくまが、けなげでかわいい。やっとおかあさんが見つかって、涙をながすよるくま。私までジーンときます。子供も「ママ、いたねえ」と言ってうれしそう。絵の雰囲気も好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしいさあちゃん  投稿日:2004/02/03
さあちゃんのぶどう
さあちゃんのぶどう 作: みのしま さゆみ
絵: ふくだ いわお

出版社: くもん出版
さあちゃんのぶどうがいっぱい実って、食べるのを楽しみに楽しみに待っていたのに、とりさん、ねずみさん、りすさん、くまさんに、先に食べられてしまいます。さあちゃんは、悲しくて、涙が、ぽろぽろ。来年は、一番最初に食べるんだ、と思います。
でも、さあちゃんはやさしくて、みんな(くまさんたち)も分けてあげるから、遊びに来て、というのです。
さあちゃんが、けなげで、かわいくて、心が温かくなる絵本です。ぶどうが、だんだん実っていく様子、さあちゃんが、食べるのを楽しみに待っている様子がよく表現されています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いのちの つぶ  投稿日:2004/01/16
14ひきのかぼちゃ
14ひきのかぼちゃ 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
最初のページ、これは かぼちゃのたね、いのちの つぶだよ というおじいさんの言葉があるのですが、そこを読んだだけで、この本が好きになりました。1つのかぼちゃのたねから、芽が出て、花が咲いて、実がなって、収穫して。10ぴきのねずみの子供たちは、このおじいさんの言葉の意味が、よく分かったことでしょう。うちの息子たちには、まだこういった意味は分かりませんが、絵本の中の昆虫やねずみくんたちの表情を見て喜んでいます。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット