新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

TOP500

ouchijikan

ママ・40代・東京都、女の子8歳

  • Line
自己紹介
子どもの頃、絵本を読み聞かせてもらった記憶が今も鮮明に残っています。

母になり今度は私が子どもたちに読んであげる番になりました。読んだ絵本も今では膨大な数になり、簡単な覚書をしてきた記録を元に当時のことを思い出しながらレビューを書いていきます。もちろん今も進行形でほぼ毎日読み聞かせを継続中です!

絵本の楽しさを伝えるお手伝いができれば嬉しいです♪

ouchijikanさんの声

1101件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 心があったかくなりました  投稿日:2022/09/25
さかなくん
さかなくん 作: しおたに まみこ
出版社: 偕成社
さかなも人間も動物たちも同じ場所で過ごす為には、自らの特性をまわりに合わせる為に工夫したり、ちょっと不便だなと感じることもあるのでしょう。だけど、この世界ではそれぞれがそれぞれを受け入れ、時には助け勇気づけ、ないものをカバーし合って当たり前に生活しているのですね。
理想的な社会だなと思いました。読んだあとじーんと心があったかくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心に響く文字のない絵本  投稿日:2022/09/25
わたしはヴァネッサと歩く
わたしはヴァネッサと歩く 作・絵: ケラスコエット
出版社: 岩崎書店
いじめについて絵本を描くというと、直接的な表現に目を背けたくなったり、だからといってオブラートに包んだ表現だと伝わらない。そんなジレンマがあるのかもしれません。
こちらの絵本は文字がないからこそ、自分で読み取って感じ取って考えることができます。いじめられてる人を見た時に自分はどんな行動ができるのかという部分をじっくりと考えるいいきっかけになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手芸屋さんのお仕事  投稿日:2022/09/25
くまのしゅげいやさん
くまのしゅげいやさん 文・絵: おまた たかこ
出版社: 小学館
お店の中は所狭しと、かわいらしい仕事アイテムが並べられています。そこでせっせと手芸屋さんを営んでいるのは、これまたかわいらしいくまさん。
一日のお仕事の様子が描かれていて、丁寧な仕事ぶりがうかがえます。生活がそのまま制作へとつながっていて、とても幸せなお仕事ですね。こんな毎日楽しいだろうな〜と憧れてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこのページを見てもかわいい♪  投稿日:2022/09/21
ごくらく ももんちゃん
ごくらく ももんちゃん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
娘たちが赤ちゃんだった頃よく読んだ絵本です。ももんちゃんの魅力はどこのページをめくってもかわいくて癒されるところだと思います。赤ちゃんもその優しい雰囲気を感じ取るのか、ご機嫌になります。お風呂に入って「ごくらくごくらく〜」。みんなと一緒にリラックスできるお風呂でももんちゃんも幸せそうです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キツネとオオカミが出会う前のお話し  投稿日:2022/09/20
さよならともだち
さよならともだち 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
「さよならともだち」というタイトルからは想像つかないような内容でした。このシリーズ最初のお話しのさらに前、キツネとオオカミが出会う前のお話しでした。
「さよなら」とついていても、その先にある出会いを強調して描かれているのでとても心があったかくなりました。
お互いにとって、なくてはならない唯一無二の存在でいられることは幸せなことですね。さみしいひとりぼっちの夜を経験したからこそ余計に今を大切に思うのですね。それを再確認した二匹の絆がまぶしく感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんでもない「夏」  投稿日:2022/09/18
なんでもない なつの日 「夏の夕ぐれ」
なんでもない なつの日 「夏の夕ぐれ」 詩: ウォルター・デ・ラ・メア
絵: カロリーナ・ラベイ
訳: 海後 礼子

出版社: 岩崎書店
都市に住んでいる私たち家族からしてみれば、この絵本の「なんでもないなつの日」はとても特別な贅沢な時間に感じられました。少なめな文章が穏やかな一日をより一層引き立てています。ゆっくりのんびりと読みました。
今は外に出られない猛暑が続くのが当たり前になってしまったので、こんな穏やかな「夏」が絵本の中の世界だけではない未来でありますようにと願う気持ちにもなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「あばば、うぶー」  投稿日:2022/09/18
まいごになったぞう
まいごになったぞう 作: 寺村 輝夫
絵: 村上 勉

出版社: 偕成社
村上勉さんの絵がやわらかく優しくあたたかく、ぞうのあかちゃんや動物たちをいきいきと描いています。それを見ているだけでも楽しいのですが、添えられた寺村輝夫さんの文章がさらにそれを引き立て、読んでいて自然と心が優しくなります。
迷子になったぞうのあかちゃんがいろいろな動物たちと出会い最後にはお母さんの元に帰っていくというお話しです。ぞうのあかちゃんに動物たちも癒されている様子がかわいらしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じゃがいもさんがかわいい♪  投稿日:2022/09/09
ピンポーン!つぎ とまります
ピンポーン!つぎ とまります 文: 五味 ヒロミ
絵: さとう めぐみ

出版社: 交通新聞社
似ている野菜やくだものたちが隣同士に座っていて「どっちがおりるかな?」とクイズになっています。小さな子にとっては野菜やくだものを覚えるいいきっかけになりそうです!
お話しもかわいいのですが、ずっと目が離せなかったのはじゃがいもさん。途中で寝ちゃうところも、起きるところも、わくわくと終点の公園を待つところもすっごくかわいくて、何度もじゃがいもさんばかり見てしまいました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きっかけが大切  投稿日:2022/09/09
プールのひは、おなか いたいひ
プールのひは、おなか いたいひ 作: へウォン・ユン
訳: ふしみ みさを

出版社: 光村教育図書
うちの子もまだプールで泳げないので、読んでいて共感した部分も多かったと思います。きっかけは本当に小さなことだったり、誰かの優しい一言だったりするんですよね。この子の場合は、先生が寄り添って褒めてくれたことで勇気を持つことができました。「楽しいかも?」と思えばあとはいつのまにか泳げるようになっているけど、その一歩を上手に誘導してあげることが大切なんだな〜とあらためて思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本だからこその楽しみ方  投稿日:2022/09/08
5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース
5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース 作: たしろ ちさと
出版社: ほるぷ出版
「ひっこしだいさくせん」が大好きで、こちらも読んでみました。期待を裏切らない良質な文章とイラストで今回もあっというまにこの5ひきのファンになりました♪
臨場感あふれる自動車レースは、たっぷりの読み応えがあり、街中の様子や噴水広場の市場の様子もかわいくてどのページもわくわくしました。絵本だからこその楽しみ方を教えてくれます。
参考になりました。 0人

1101件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット