オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

こみこみこさんの公開ページ

こみこみこさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女の子7歳 男の子4歳

こみこみこさんの声

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい クリスマスに♪  投稿日:2019/11/29
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
娘が年長さんの時に、通っている幼稚園で、冬休みのおすすめ絵本の中から選んで購入しました。
娘にはクリスマスプレゼントとして渡しました。

直接、サンタさんやクリスマス、という言葉は出てきませんが(宗教的な意味合いが出てしまうからかな?)、クリスマス感たっぷりです。
最初はミステリアスな展開なのですが、
最後に出てくるご馳走を囲んだパーティーには思わず、参加したくなります♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 虫だらけー!  投稿日:2019/11/29
1001ぴきの虫をさがせ!
1001ぴきの虫をさがせ! 作: エマ・ヘルブラフ
絵: テリ・ガウアー
訳: 荒木文枝

出版社: PHP研究所
1001の〇〇を探せシリーズはいろいろ読みましたが、娘が4歳くらいの時に本屋さんで、どれがいい?と選ばせたら何故かこれをセレクト。
虫たちも結構リアルな描写ですが、絵はどこか愛らしくって、気持ち悪いという感じはしません。
虫の勉強にもなるかな?
今4歳になる下の男の子も楽しく読んでます。
私はGが出てくるところはちょっと見れませんが笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本の素敵な色たち  投稿日:2019/11/29
ひらがないろは 普及版
ひらがないろは 普及版 編: 東京学芸大学文字絵本研究会
出版社: 日本地域社会研究所
娘が5歳ごろに、姉からプレゼントとしてもらいました。
とてもセンスが良く、いろはにほへと順にかな文字と、日本古来の色が絵で描かれており、文章も素敵です

子供にもわかりやすくて短文で、一緒に読んでいても楽しいですし、自分も知らない色がたくさん出てきました。
色の感性が豊かになりそうです。
日本の色って素敵です♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒にホットケーキ作ろ♪  投稿日:2019/11/29
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
定番中の定番ですが、やはりいいですね♪
娘と息子に何十回も読みました。
ホットケーキが焼けるところなんか、プツプツできたり、だんだん茶色くなって行ったり。
子供にもわかりやすく、あの焼ける過程をうまく説明してくれています。
ちゃんとお皿を洗うところまで書いてくれているのが親としては嬉しいですよね。

息子に読んであげたら、「これを読みながらホットケーキ作ろうよ」と言ってくれたので、一緒に作りました。
なんだかうれしかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろなかぜ  投稿日:2018/12/09
かぜ びゅんびゅん
かぜ びゅんびゅん 作・絵: 新井 洋行
出版社: 童心社
風って目にみえないけれど、いろんな風があるということを、擬音語や顔をつけて、赤ちゃんから小さい子にもかわいい絵でわかりやすく表現してくれてます。
こどもと一緒に、びゅーん!といいながら読みました。
お外にいったときに、この絵本を思い出して、風が吹いたら今のは「さー」だね、「ぱたぱたぱた」だねー、とか言いながらお散歩できそうです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う のりもの大好きな子に  投稿日:2018/12/09
のりものナンバーワン100点
のりものナンバーワン100点 編: オフィス303
出版社: 講談社
のりものアルバムシリーズは何冊か家にありますが、薄くて軽いので、持ち運びにも便利だし、重宝しています。
写真も大きく、どれもきれいでカッコ良い写真なので、子供は感激してゆびさして教えてくれます。
この本は大きさや重さなどいろいろな一番の乗り物を紹介しているので、電車や車以外にも船や飛行機も出てきて、勉強にもなり、楽しく読めます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 恐竜に親しみのわく絵本  投稿日:2018/12/09
恐竜 トリケラトプス はじめてのたたかい
恐竜 トリケラトプス はじめてのたたかい 作・絵: 黒川 みつひろ
出版社: 小峰書店
恐竜が写実的に描かれているわりに、文章は小さい子にもわかりやすく読み聞かせしやすかったです。ただ、トリケラトプスたちの見分けがつかず、仲間が出てきたときどれが主人公なのか区別がつきませんでした。キャラクターの名前も節目で変わるので、ちょっとややこしいですが、そこが逆に新鮮です。
太古の時代は名前なんて今のように厳密じゃなくて、呼ぶ人によって変わったり成長したら変わる、あだ名みたいなものだったんだなと思いをはせられました。
迷路?もあったり子供も恐竜って怖いだけじゃなくて、恐竜には恐竜の世界があるんだなと感じたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいおはなし3つ  投稿日:2018/12/09
くまのがっこう おでかけブック(1) おはなしだいすき
くまのがっこう おでかけブック(1) おはなしだいすき 絵: あだち なみ
文: あいはら ひろゆき

出版社: ブロンズ新社
くまのがっこうシリーズは絵もお話もかわいらしくて、娘もお気に入りでしょっちゅう読んでいます。
私も、絵を見てはセンス良すぎ!と感動してしまいます。
この絵本は季節は夏の、短いお話が3つ書かれていて、どれもジャッキーと、ジャッキーに振り回されるお兄ちゃんたちのかわいいお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小さい機関車が大活躍  投稿日:2018/12/09
機関車シュッポと青い しんがり貨車
機関車シュッポと青い しんがり貨車 作: リディア・フリーマン ドン・フリーマン
絵: リディア・フリーマン ドン・フリーマン
訳: 山下 明生

出版社: BL出版
トーマス好きな息子は、このお話の主人公をトーマスと重ねて聞いていたようです。
小さくてもいざというとき活躍してくれる主人公機関車シュッポと、置きっぱなしの貨車も実は陰ながらに活躍してくれます。
レトロな雰囲気の絵と文ですが、やはり60年以上前に書かれたもののようです。
トーマスが好きな子なら、きっと好きなはずです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい猫たち♪  投稿日:2018/12/09
ねこのえんそうかい
ねこのえんそうかい 作: ミース・バウハウス
絵: フィープ・ヴェステンドルプ
訳: 日笠 千晶

出版社: 金の星社
子供もピアノをならっているので、ピアノの出てくるお話を読んであげようと借りてました。
猫たちがピアノジャズトリオを組んで、大勢のお客さん(猫たちの妄想)の前でいい気分で演奏してるつもりになってるシーンが大好きです♪
音楽は、たとえへたくっそでも、楽しむことが一番だなと感じます。
お姉さんのようにおけいこも大切ですけどね。
参考になりました。 0人

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット