ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ばけたくん10周年めの「おるすばんの巻」! どんなおるすばんするのかなー?

コユタンさんの公開ページ

コユタンさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男の子14歳 男の子11歳 女の子9歳

コユタンさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 懐かしかった  投稿日:2015/10/11
おじさんのかさ
おじさんのかさ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
自分の小学一年生の教科書に載っていたお話。
子供と図書館に行ったときに探して三十数年ぶりに読みました。

お話の結末は忘れていましたが
本を開いて一文を見た瞬間なつかしさで涙が溢れてきました。

子どもにも読み聞かせして楽しむことができました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う タイトルの意味が知りたくて  投稿日:2012/08/06
にゅーっ するするする
にゅーっ するするする 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
本屋さんで娘に向けた本を探していてタイトルを見て息子と何が「にゅーっ するするする」なのかが気になり購入。
三人の子供と一緒に読みました。

海から手が出てきてするするするとひきこまれます。
言葉は出てきません。にゅーっ するするするだけです。

こわーいと言いながらもまた読んで〜と持ってきます。

一番最後にたった一つセリフが出てきますが…
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まさにぴったり!!  投稿日:2008/10/27
ぶーちゃんとおにいちゃん
ぶーちゃんとおにいちゃん 作・絵: 島田 ゆか
出版社: 白泉社
バムケロシリーズの新作です。
お兄ちゃんが大好きなぶーちゃんとお兄ちゃんのお話。
ぶーちゃんのなんでもお兄ちゃんの真似をする様、
それをうるさいなぁと思うお兄ちゃんが我が家の兄弟そのもの。
きっと兄弟のいる家庭ではどこでもそうなのでしょうね。

子供がはじめて初めて読んであげた時に大笑いしたのは
兄弟で変な顔しているページ
一度に五連続位また読んでとせがまれるくらい気に入った様子です。
文章も簡単なのでまだ字がきちんと読めない息子ですが
私の読んだ内容を理解して、一人で同じように音読してみたり
していました。

絵の中にも工夫があり、同じ部屋の中なのに次のページでは
部屋の中の物が動いていたり、絵だけをじっくり見ても面白かったです。
家の中や庭の様子もカナダに住んでいる作者らしく外国の雰囲気が
満載です。
家具類もとても可愛くて本当にあるんなら欲しくなっちゃう感じでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママが泣いちゃいました  投稿日:2008/09/22
ぼくはおにいちゃん
ぼくはおにいちゃん 作: 小野 洋子
絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
次男の出産祝いにお兄ちゃんになった長男へといただいた本でした。
読み進めて行くうちに主人公のノンタの気持ちが長男の声のように
思い涙が止まらなくなりました。

「つまんないな ママは赤ちゃんばっかり可愛がってさ」

生まれたばかりの次男が泣いたら母に任せても出来るだけ
長男を優先に相手にしていたつもりでいましたが、
何一つ文句も言わないで我慢している息子
赤ちゃん可愛いって言ってくれる息子の今の本当の気持ちかなと
感じました。

赤ちゃんを邪魔と思い、散歩に行ったついでに置いてきちゃおうとか
逃げちゃおうと考えます。
でも、やっぱり可愛くて守ってあげる。

一度にはお兄ちゃんになれない。
毎日少しづつお兄ちゃんになって行くノンタの姿もいじらしく可愛いです。
参考になりました。 3人

なかなかよいと思う ありさんの大冒険です  投稿日:2008/09/22
ありのあちち
ありのあちち 作・絵: 土橋 とし子
出版社: 福音館書店
私達なら手にとって持てるバナナ、おせんべい、クッキー。
ありさんにしてみればすべて大きくておうちの中で大冒険です。
熱いやかんに触ってしまったところのページでは、
子供に読んで聞かせる私が「あちち〜」と驚いた顔をしていたので
当時1歳の息子はそのページになるたびに私の顔の真似をしていました。
今は1歳になる次男に読んで聞かせていますがやはり同じ部分が
面白いようです。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット