たんていわんたと あそべんちゃーブック たんていわんたと あそべんちゃーブック
作: むらたももこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
この本でしか楽しめない、へんてこなゲームがたっぷり!飽きずに長く楽しめる知育系ゲームブック新定番!

うきうきこーんさんの公開ページ

うきうきこーんさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子11歳 男の子5歳

自己紹介
二児の母です。下の子にとても手がかかって自分も産後体調がずっと悪いのでひきこもり状態です。時々パソコンでも見て楽しんでいます。
好きなもの
SMAP、韓流
ひとこと
自分の子どもの頃より子育て中の方が夢中で絵本を読んでいるかも。。。

うきうきこーんさんの声

641件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 心優しいバクのお話  掲載日:2018/6/18
だれもしらない バクさんのよる
だれもしらない バクさんのよる 作・絵: まつざわ ありさ
出版社: 絵本塾出版
バクと言えば夢を食べるという言い伝えがありますが、こんな風に怖い夢を本当に食べてくれたらいいですね。怖い夢って言うのも追っかけられたりホントに危機が迫ってる夢でなく、ブロッコリーが怖いうさぎさんとか歯医者が怖いワニさんって言うところも子供は安心して読めます。
子供が受けてた部分はバクさんがおなかいっぱいに食べ過ぎて『ゲプッ』ってげっぷしちゃうところでした^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプルでおもしろいかっこのぶたに笑いあり  掲載日:2018/6/18
たちねぶたくん
たちねぶたくん 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 株式会社KADOKAWA
『たちぶた』と『ねぶた』が繰り返し登場します。そして他にもいろんなポーズをしたぶたが登場するという本当にシンプルな絵本なのですが、とにかく笑えます。一番面白かったのが『うすめぶた』です。かなりツボに入って笑えます。『たちぶた』と『ねぶた』も少しずつポーズが違うのでそこも注意してみていると面白いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う めだかのがっこうならぬおたまじゃくしのがっこう  掲載日:2018/6/10
おたまじゃくしの しょうがっこう
おたまじゃくしの しょうがっこう 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
タイトルにも『しょうがっこう』とあるように小学校入学前後の子に読むといいかなと思います。途中で算数の時間の風景が出てきます。1+3,3+11,5+6,4+10と足し算が出てきますが5+6などは繰り上がりがあって少し難しいですよね。子供はどうにか答えられていました。それにしてもあしやしっぽを数えて足し算するなんてユニークですね。最初の俳句なども子供の名前を交えながら考えてアドリブで作ってみたら「やだぁ」と言いながらも喜んでいました。大喜利みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズミカルに読むととても楽しそう  掲載日:2018/6/5
ゴー・ゴー・ゴール!
ゴー・ゴー・ゴール! 作: 左近 蘭子
絵: かべやふよう

出版社: フレーベル館
サッカーのへたっぴぃな男の子がボールを蹴ったら変な方向に飛んでいってしまいました。それが面白いようにいろんな人がドリブルをして繋いでいってボールを運んでいきます、展開がリズミカルで楽しく読ませてもらいました。
「ゴー・ゴー・ゴール!」のかけ声が子供は気に入ったようで、声援のように少しゆっくりめでリズミカルに読んであげたら楽しそうでした。あとはオーバーヘッドキックですね。大笑いしていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんどん赤い鼻が誰かの手に渡る  掲載日:2018/6/5
ピエロのあかいはな
ピエロのあかいはな 作: なつめ よしかず
出版社: 福音館書店
サーカスのピエロの鼻がくしゃみをした拍子に転がってしまいます。そのあとねずみのチュチュが玉乗りのように転がし、クモザルくもすけがしっぽで遊んで放り投げてしまったりとどんどん誰かの手に渡ります。最後はちゃんとピエロの手に戻るのでしょうか。
最後にくす玉が割れるのですが、子供はくす玉を知らないので『金色の丸いやつ。ピラピラッてするやつ。』って言ってました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっとなぞなぞっぽい  掲載日:2018/6/5
ゆっくりにっこり
ゆっくりにっこり 作: 木島 始
絵: 荒井 良二

出版社: 偕成社
なぞなぞのようにおひっこししているひと、だれかなぁと問いかけが続きます。ママは何とか答えがわかりましたが子供はなかなか思いつかなかったようです。つばめ、がなかなか覚わらないようで「スズメかなぁ…」って答えてしまいます^^;
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 風邪をひいたとき温かくして休みましょう  掲載日:2018/6/5
ごっほんえっへん
ごっほんえっへん 作・絵: たごもりのりこ
出版社: 岩崎書店
風邪をひいておふとんにくるまっているかのこちゃんのお話。安静にしていないといけないので考えついた遊びはしりとりでした。ぬいぐるみのらのこちゃんと遊びます。最後はえっへんの『ん』で終わります。こんな風に遊んでいるうちに風邪が治ってしまうといいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おまつりに行く人を乗せて走ります。  掲載日:2018/6/5
きゅうこうだ いそげいそげ
きゅうこうだ いそげいそげ 作・絵: ベネディクト・ブラスウェイト
訳: 青山 南

出版社: BL出版
電車子供は表紙を見ただけでもう気に入ってしまったようです。絵が細かくてきれいですね。オタノシミマチのおまつりを目指してただひたすら電車が走ります。みんな機関車のダフィにホントに時間通り着くのかと疑いながら乗り込みます。いろんな駅に立ち寄りいろんな人達を乗せます。
果たして無事時間通りたどり着くのでしょうか。ハラハラしながら読んでみて下さい。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない なんだかちょっと痛々しい  掲載日:2018/6/5
かわをむきかけたサトモちゃん
かわをむきかけたサトモちゃん 文: えぐちよしこ
絵: 織茂恭子

出版社: アリス館
最後の一言がしゃれがきいてて笑って終われるけど、なんだかだまされちゃって信じちゃったさともちゃんが皮を剥こうとする姿が痛々しいです。擬人化するのもどうなのかな…。結局誰が勘違いしてそんな変な忠告をしたのかも分からずじまいで???です。何が訴えたかったのかな、このお話で。人からあなたは自分で自分のことをこう思っているけど本当は違うんでしょと言われても揺るがない心を持ちましょうってことなのか…そんなに深いこと考えてなさそうだし、ちょっと人の痛みにも反応してしまう私には辛い物語でしかありませんでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う むねがいっぱいパンパンパン  掲載日:2018/5/28
パンやのろくちゃん うんとね
パンやのろくちゃん うんとね 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 小学館
この絵本を見て子供は「あ、いいからいいからでしょ」って言いました。長谷川義史さんのイラストってすぐ分かりましたね。パンやのろくちゃんのお話が4つ入っています。迷子になったり、ママがお弁当作れずにお店のサンドイッチを持たされたり、ひとりで散髪に行ったり、誕生日のサプライズだったり、日常にありそうな題材でホンワカしかろくちゃんワールドにほっこりさせられます。うれしいと胸がパンパンパンになるパンやのろくちゃんでした。
参考になりました。 0人

641件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット