しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

アツナちゃんさんの公開ページ

アツナちゃんさんのプロフィール

パパ・30代・京都府、男7歳 女5歳

アツナちゃんさんの声

74件中 71 〜 74件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 奥さんのオススメ  投稿日:2002/06/16
星の王子さま
作: サン=テグジュペリ
出版社: (不明)
うちの奥さんの話しでは、このお話は、繰り返して読んでもらい、字が読めるようになってからは、自分で何度も読み返した記憶があるそうです。セリフも挿し絵も全部覚えてしまっているのに、わざわざ好きだったなんて、仲のいい親子の思い出話付で熱く語ってくれました。女の子にオススメ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あのモモの味は?  投稿日:2002/06/16
桃太郎
作: (不明)
出版社: (不明)
「ある日おじいさんは山へ柴刈りに、お婆さんは川へ洗濯に行きました」から始まっているおなじみのお話。日本という風土や文化をよく表していて、川で遊びながら、桃が流れてこないか、などと思ってたのをおぼえている。あのころは、世界がまだあったんだね。さみしいなー
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 究極の選択童話版  投稿日:2002/06/16
ねえ、どれがいい?
ねえ、どれがいい? 作: ジョン・バーニンガム
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
 ねえ、君なら「2千円でトゲのあるいばらにとびこむのと、1万円で死んだカエルをのむのと、2万円でお化けやしきにとまるのと、どれがいい?」へんな選択をせまる、楽しい本。キャキャと喜び、真剣になやむ子供の顔が、見ることができますよ。何度読んでも面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ファンタジーの高作品。  投稿日:2002/06/16
ウマと少年
作: C.S.ルイス
出版社: (不明)
漁師の養子シャスタは、奴隷に売られることを知り、馬ブレーとナルニアへ逃げ出す。途中で強国カロールメンの計略を知り、いろいろなアクションが展開、手に汗握るストーリー。
タシバーンの町や、砂漠や山中のようすなど、情景が広がり、親のほうが楽しめるかも。
参考になりました。 0人

74件中 71 〜 74件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット