ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

TOP500

アマアマ47

ママ・50代・東京都

  • Line

アマアマ47さんの声

316件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 最後がいい  投稿日:2016/10/20
ティッチ
ティッチ 作・絵: パット・ハッチンス
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
爽やかな表紙で、子どもも楽しみにしている様子でした。
素朴な展開で、読みやすく、3歳の娘も気に入ったようです。
私はなにも考えずにどんどん読み進めてしまったのですが、最後のページで息子が『これでティッチが勝ったってこと?』と言われて思わずはっとしました。
なるほど〜、そうだよね〜、と思わずうなってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 母はクスクス  投稿日:2016/10/20
ロージーのおさんぽ
ロージーのおさんぽ 作: パット・ハッチンス
訳: 渡辺 茂男

出版社: 偕成社
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
明るくユーモアのある表紙で、子どもも何度も読み返しました。
そらとぼけためんどりと、後ろをついていくきつねが対照的で、母の私はいつもクスクス。私が笑うと子供達も楽しくなるのかゲラゲラ。
シンプルで親子で楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 古典ですね  投稿日:2016/10/20
くまのコールテンくん
くまのコールテンくん 作: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
クラッシクな表紙、素朴な物語、てらいもきおいもなく、すっと読める良書だと思います。
私はデパートでの買い物シーンがなんとなく懐かしく心揺さぶられるものがありました。
そうそう、私の子供時代はこんな風におもちゃと出会ってた!みたいな。
今はネットで割と手軽に届きますもんね、私達大人もそれに慣れちゃって。。。今の子ども達には実感湧きにくいところもあるかも。
だからかえって、この本を読んであげて良かったなと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハンス・フィッシャーに感服  投稿日:2016/10/20
ブレーメンのおんがくたい
ブレーメンのおんがくたい 作: グリム童話
絵: ハンス・フィッシャー
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
大変美しい表紙で、私は一目見て心を奪われました。
中のイラストも実に丁寧で美しい。ハンス・フィッシャーの力量に思わず感服です。
よく知っている作品なのですが、絵を見たさに思わず何度もめくってしまう。。。子供はそうでもない様子でしたが。。。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 手に取って良かった  投稿日:2016/10/20
アンガスとあひる
アンガスとあひる 作・絵: マージョリー・フラック
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
クラシックな絵本で、子どもにはとっつきにくい様子でした。
紹介されていましたので、手に取りましたが、そうでなければ手に取らなかった絵本だと思います。
大変冒険心のあるこいぬで、うちの子供達みたい!
最後にじっとしようと部屋にこもるけど、またすぐに出て行くんだろうなあ、なんて思わずクスリ。
手に取ってみて良かった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おすすめ!  投稿日:2016/10/20
親子で書こう!100さつ読書日記
親子で書こう!100さつ読書日記 著: フィンランド・メソッド普及会 北川達夫
出版社: 経済界
年長男子の息子の夏休みに購入しました。
この読書日記のおかげで親も子も今年の夏、ぐっと成長できたと実感しています。
年長男子には結構ボリューミィな絵本もあるのですが、良書が多く、息子もよく聞いてくれました。
『この子、こんな100p以上もある絵本も聞いて理解できるようになったんだ〜』と、私は思わずホロリ。
絵本は好きなのですが、どうも偏りがちだったわが家の新風となり、ちょっと難しめの絵本にも手が出せて、またそうすることがいい刺激にもなるのだと分かり、取り組んでみて本当に良かったと思います。
娘には4歳ではじめてみようかと、そして半分は兄に読んでもらおうかと、虎視眈々と考えているところです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しい♪  投稿日:2016/10/20
おしゃべりなたまごやき
おしゃべりなたまごやき 作: 寺村 輝夫
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
壁いっぱいの鶏に背を向けた王様がユーモラスな表紙で、楽しそうです。
中身も楽しいながらに、どことなく嘘をつくことの哀愁がただよう作品で、子どもにも面白さ以外の何かが伝わる作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何回も読んでみたい  投稿日:2016/10/20
いやいやえん
いやいやえん 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
大好きな中川さんの作品です。まだまだ絵がないとおぼつかない我が子にどうかな〜と思いながら読みました。
でも絵がなくてもいいものはやはりいいのですね。
息子はとくに最後のいやいやえんの章が気にった様子で、時間をおいてふと、そのシーンを話したりするのに驚き。
長すぎて聞いてないかと思っていたけれど、結構心に残るものなんですね。
1回さらっと読んだので、今度は丁寧に読んであげたい、そんな作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハロウィンに  投稿日:2016/10/20
ペネロペのたのしいハロウィン
ペネロペのたのしいハロウィン 原作: アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン
文: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
魔女風のペネロペがかっこいい表紙!
大好きなペネロペシリーズ、今の時期にぴったりで、来週のハロウィンイベントを控えて、子どもと一緒に盛り上がって読んでいます。
季節もので、とても愛らしい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も読んでます  投稿日:2016/10/20
こんとあき
こんとあき 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
6歳の息子と3歳の娘に読みました。
というか、何度も読んでます。私も大好きな絵本ですが、子ども達も大好きです。
特に息子よりも娘の方が気に入っている様子。
いつだったか郵便局で『こんとあき』の切手を見つけた時、もう大興奮!
『お母さん、こんとあき、こんとあき、だよ!』と鼻をふくらませてもう大変、大人たちは思わず笑ってしまいました。
優しい絵と物語で、本当に心に残る一冊です。
参考になりました。 0人

316件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です

全ページためしよみ
年齢別絵本セット