話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
新装版 スノーマン

新装版 スノーマン(評論社)

名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!

  • かわいい
  • ギフト

うさぴょんこさんの公開ページ

うさぴょんこさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男3歳

自己紹介
もともと、私自身が絵本を好きだったので
子供が生まれたらたくさんの絵本を読んであげたいという
夢をもっていました。
平成17年生まれの男の子がおり、生後一ヶ月より読み聞かせをしています。
今ではすっかり息子も絵本大好きっ子になってくれ
親子揃って絵本ライフを楽しんでいます。

息子に絵本を読んであげる時間は、
なんともいえない幸せで
私自身の癒しタイムになっているように思えます。
好きなもの
★思い出の絵本や好きな絵本たち★

<思い出の絵本>
息子のファーストBOOK「おつきさまこんばんは」生後1ヶ月
 〃  セカンドBOOK「ちいさなうさこちゃん」生後1ヶ月
 〃  サードBOOK 「いないいないばぁ」  生後3ヶ月

<私の好きな絵本>
感動しちゃう絵本や胸がキュンとなってしまう絵本が大好きです。
「きつねのでんわボックス」「いつかまた会える」
「ラブユーフォーエバー」「虹の橋」
「くまのコールテンくん」「おやすみなさいコッコさん」
「あめふりコッコさん」「おかあさんになるってどんなこと」
「かみさまからのおくりもの」「こんとあき」 など。。。

<息子がはまった絵本歴>
0歳前半 「ちいさなうさこちゃん」
   ほかの絵本を見せても無反応だったのにこの絵本だけは手を伸ばして
   触ったりと反応があったのでこの時期たくさん読んであげました。
ひとこと
息子との何気ない日常会話に絵本のフレーズがさりげなく
出てきます。
お月様を見ては「おつきさまこんばんは」とご挨拶をしてみたり
何かをかぶに見立てて「うんとこしょどっこいしょ」と
かぶ抜きを再現してみたり。。。
うさぎのお母さんがお月様に旅立ってしまう絵本を読んだ直後に
「ママは、お月様に行かないでね」と言ってくれたり。

そんなとき、絵本てやっぱり良いなぁ。
絵本は子供の心の栄養になっているのかなぁって思えます。
初めての育児で悩むことも多いですが
絵本読み、これだけは続けてきて良かったと思えます。
何歳まで絵本、聞いてくれるのかな。。。。

絵本の上手な感想は書けませんが
たくさん投稿して息子との思い出を残せたらと思っています。
よろしくお願い致します。

うさぴょんこさんの声

83件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子を思う親の気持ち  投稿日:2008/02/08
ラヴ・ユー・フォーエバー
ラヴ・ユー・フォーエバー 作: ロバート・マンチ
絵: 梅田 俊作
訳: 乃木 りか

出版社: 岩崎書店
この絵本に出会ったのは息子が生後5ヶ月のとき。
抱っこをやめて寝かすと背中にスイッチでもあるかの
ように号泣される毎日で
家事もはかどらず慣れない育児に疲れていたときでした。
本屋さんで読んだら涙が止まらなくなりました。

赤ちゃんの頃も、怪獣のような2歳の頃も、
ティーンエイジャーの頃、そして大人になっても
寝静まると息子を抱っこしながら唄う母親。
子を想う母の気持ちが痛いほどに感じる絵本です。

ただ実際には
大人になってまでは、さすがに抱っこはしないでしょうね。
この絵本が伝えたいのは
大人になってもずっと愛しているということなのだと。
そしてその愛はまた子供へと受け継いでいく。
愛のリレーのようなお話しだなと思いました。

お母さんを抱っこするシーンの
落ち葉の絵がとてもせつないです。
私の勝手な解釈になりますが、
お母さんの命の葉が落ちかけているんだと感じて
余計に涙が止まりませんでした。

この絵本を読んだおかげで
抱っこできるうちたくさん抱っこしてあげようと
前向きに思えるようになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪の日にぴったり。  投稿日:2008/02/05
ゆきのひのおはなし
ゆきのひのおはなし 作・絵: かこ さとし
出版社: 小峰書店
2歳の息子と雪だるまを作ったり雪合戦をして
初めての雪遊びを経験しました。
そんな日にちょうど本屋さんで出会う事が出来た絵本です。

雪だるまが、雪合戦やそりをしているのが
ユニークで楽しいですね(*^_^*)
最後のひとかたまりになっちゃうのも面白いです。

雪遊びを経験したその日に出会えた絵本なので
思い出にも残りそうです。
経験したばかりのことなので、息子も
とっても喜んで聞いてくれています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サンタさんを理解することが出来た  投稿日:2008/02/05
ノンタン!サンタクロースだよ
ノンタン!サンタクロースだよ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
猫のサンタ、熊のサンタ、うさぎのサンタとそれぞれの動物のサンタさんがいるというのがとってもユニーク。
ホホホのホーイ!というサンタさんの掛け声も
楽しいし、待ちくたびれて寝てしまった
ノンタンもいじらしくてとっても可愛いです。

見開きいっぱいにたくさんのサンタさんが
登場するページは息子のお気に入り。
きりんのサンタさん!パンダのサンタさん!と
指さして喜んでいます。

2歳の息子が、
サンタさんを理解するようになったのは
この絵本のおかげだと思っています。
クリスマスはとっくに終わったのですが
子供には時期は関係ないみたいですね。
リクエストの多い絵本なので
きっと真夏でも読んでいることでしょう(^_^.)
すっかりサンタさんが大好きになってしまった
息子です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しく歯磨き  投稿日:2008/01/23
ノンタンはみがきはーみー
ノンタンはみがきはーみー 作: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンのとっても楽しい歯みがきの絵本です。

歯を磨くときの文章
「はみがき はーみー しゅこしゅこ しゅっしゅっ!」
がとてもリズムが良いですね。
歌のようにノリノリで読めてしまいます。
楽しく歯磨き習慣をつけてあげたいという方に
ピッタリな内容です。

2歳の我が子にはもう幼いかな?とも思いますが
まだまだ大好きで読んで欲しいと催促されます。
「はみがき はーみ ・・・・」の部分
息子もすっかり覚えてしまって
一緒に歌っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やえもんに会ってきました  投稿日:2008/01/22
きかんしゃやえもん
きかんしゃやえもん 作: 阿川 弘之
絵: 岡部 冬彦

出版社: 岩波書店
私が子供の頃、大好きだったやえもん。
アニメも見たし親にとって懐かしいお話しです。

我が息子は、蒸気機関車大好きっ子。
やえもんは、文章が長いので2歳の息子には
早いかなと思ったのですが、ちゃんと聞いてくれています。
「かたかた けっとん」「ぷっすんぷっすん」など
擬音語が楽しいようです。
小さな子には内容を少しかいつまんで読んであげても良いかもしれませんね。

先日、さいたま市に出来た交通博物館に行ってきました。
やえもんが秋葉原から移ってきていると噂で聞いていたので、係りの方にに聞いてみました。
「1号機関車」という機関車がやえもんだそうです。
やえもんの前で息子と大はしゃぎ(どちらかといえば私のほうが喜んでました・・・笑)
やえもんに「くず鉄にされなくて良かったねー」と話しかけたり写真を撮ったり。
展示ブースに入ってすぐの場所にピカピカに塗装された
やえもん、とっても格好良かったです。
実在していて会うことが出来るという点でも
嬉しいお話しだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい SL好きな子におすすめ!  投稿日:2008/01/12
SLときかんしゃ
作: (不明)
出版社: (不明)
電車やSLが大好きな息子。
2歳なりたての時に、初めてSLに乗せてあげたら
とっても喜んでくれました(*^_^*)
乗った事を覚えていて欲しくてSLの絵本を探して
見つけたのがこの写真絵本でした。

ネットで中身を知らずに注文したのですが、たまたま息子が乗った秩父鉄道のSLの写真も載っていて
これに乗ったんだよ!と教えてあげたらとても喜んでいました。

日本各地で走っているSLの写真がたくさん載っています。
(参考までに・・・ばんえつ物語号、山口号、奥利根号、あそBOY、秩父鉄道パレオエクスプレス、真岡号、北海道すずらん号、大井川鉄道のかわねじ号など)
そのほかにも電気機関車や、遊園地などで走る小さなSLの写真などもあります。

この写真絵本は、ポプラ社の350シリーズの中の一冊です。
350シリーズは、350円+TAXとリーズナブルなので
親としてはありがたいシリーズです。
お安いので知り合いのお子さんへのちょっとしたプレゼントにもオススメです。

SLが大好きなお子さんならきっと喜んでくれると思いますよー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても良いお話しです。  投稿日:2008/01/03 15:34:00
(DVD)ルドルフ 赤鼻のトナカイ 絵本付き
税込価格: \4,180
TVでこの絵本付DVDが紹介されいるのを見て
親の私が一目ぼれをしちゃいました。

誰もが知っているクリスマスソングの「赤鼻のトナカイ」。
歌詞のとおり、
赤鼻のトナカイ「ルドルフ」は、みんなから赤い鼻のことでいつもからかわれています。
けれど、吹雪の夜、サンタを乗せたソリの先頭で夜道を照らして大活躍をします。

40年以上も前にアメリカで作られた人形劇で、ひとつひとつ動かしては撮影をしたとか。アメリカでは、40年も毎年放送されているそうです。
現代のアニメとはまた違った雰囲気で、とても温かい画像なのがとっても良いです。
お話しも、人と違ってもそれは個性であり素敵な事なんだと
思えるとっても良い内容でした。

我が家は、2歳の息子にサンタさんからのプレゼントとして贈りました。「サンタしゃんにもらった」と言ってくれます。いつまでも信じていて欲しいものです。
ちなみに、来年のクリスマスは、TVで一緒に紹介されていた同シリーズの「サンタが街にやってくる」を贈ろうと決めています。来年のクリスマスが今から楽しみです★

自信を持っておすすめしたい 大喜び!  投稿日:2007/12/27
よこながきしゃぽっぽ
よこながきしゃぽっぽ 作・絵: リチャード・スキャーリー
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
2歳の息子が、ばあばサンタからこの絵本をもらいました。
開けてビックリ!すっごく長いー!
息子が大喜びで一言「すごいなぁ」ですって。
まさしく題名通りの横に長ーい汽車ぽっぽです。

すぐに汽車ごっこが始まりました。
それをばあばサンタは目を細めて見ておりました(*^_^*)
ところどころに細かいしかけ部分もあったりで長いという点以外でも楽しめます。
ところが、息子はこの絵本を読ませてはくれません(^^ゞ
完全に汽車のおもちゃ状態ではありますが、
こんな絵本も楽しくて良いかと思います。

演出で、ばあばからではなく本物サンタさんからという
ことになっており、「その絵本、誰にもらったの?」と
息子に聞くと「サンタしゃん」と答えてくれます。
いつまでもサンタさんからもらったと信じていて欲しいものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これぞ!赤ちゃん絵本  投稿日:2007/12/25
ちいさなうさこちゃん
ちいさなうさこちゃん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
息子のセカンドブックとして生後2ヶ月から読んでいます。
ファーストブックは、色合いが暗めのものを選んでしまったので反応が薄かったのですが、この絵本はとても反応が良くて、手を出して絵を触わろうとしてくれ読んでいてとても嬉しくなった思い出があります。

オレンジ、青、緑、黄色とはっきりとした色あいなので、低月齢でも反応が良かったのでしょう。
内容も、赤ちゃんが出来ますよという天使のお告げがあり、うさこちゃんが誕生するとてもHAPPYなお話しなので、赤ちゃんに読んであげるのにぴったりです。
妊娠中のお友達や出産祝いの贈り物としてもぴったりな絵本だと思います。

この絵本を初めて読んだときに、なんて奇麗な日本語なのだろうと感じ、訳をされた石井桃子さんのファンになりました。石井桃子さんが書かれた他の絵本もたくさん読んでみたいと思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しゅっしゅっぽっぽっ!  投稿日:2007/12/18
はしれ!かもつたちのぎょうれつ
はしれ!かもつたちのぎょうれつ 作: 田村 隆一
絵: ドナルド・クリューズ

出版社: 評論社
息子が電車大好きなので、電車や汽車の絵本を数多く持っていますが、この絵本が他の絵本と違うのは、
走り抜けていく機関車を描いている点です。
初めて見たとき、機関車が本当に走っているようで感心したものです。

2歳の息子は、この絵本を読んであげると
「しゅっしゅっぽっぽっ!」と効果音を入れてくれます。そういえば、効果音を入れてくれるのはこの絵本だけのような気がします。
息子が効果音を入れたくなるほど、本当に走っているような印象を受けているのではないかしら。
電車が大好きなお子さんならきっと喜ぶ絵本ではないでしょうか。

ただ、最後のページには、なんとなく私もあっけなさを感じてしまった一人で、その点は残念です。
参考になりました。 0人

83件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット