宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

やっちょとやまちゃんさんの公開ページ

やっちょとやまちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・香川県、男8歳 男7歳

自己紹介
 5歳と4歳の年子の男の子の母親です。
 読み聞かせに特に熱心だったということではないのですが、上の子が3ヶ月くらいから読み聞かせしています。そのおかげかどうか、二人とも絵本大好きです。

 幼い頃に自分が大好きだ絵本に(そんなこと忘れているのですが)子どものおかげで出会うことがあって、その瞬間が忘れられず家族全員で絵本ライフを満喫しています。

 
好きなもの
 お父さんと二人の息子たち。
 もちろん絵本・キャンプ・お花・絵画鑑賞・甘いお菓子・・・。
 モネの睡蓮の絵が、絵の中で一番好きです。
ひとこと
 最初は、みなさんの声を頼りに選書していました。そして、子どもには絵本を読んだ後に感想をきくことはしないので、お父さんと二人で語り合っていますが、こんな私の感想でもお役にたてるならと投稿を始めました。
 絵本は、何冊あってもいい!!と思っているのですが、300冊を超えた時点でジジからストップがかかり、自分が好きで子どもが繰り返し読むものだけを購入する事にしました。しかし、気分屋なものですからきっとペースは落ちますがどんどん増えると思います(笑)上の子は、新しい絵本に目がないので絵本を大事に扱うができるようになってきたこともあり、図書館をフル活用しています。
 

やっちょとやまちゃんさんの声

630件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子どもの夢をのせたお話。  投稿日:2010/12/04
ピーポポ・パトロール 百本きゅうりのかっぱのやくそく
ピーポポ・パトロール 百本きゅうりのかっぱのやくそく 作: 柏葉 幸子
絵: 西川 おさむ

出版社: 童心社
 パトカーって憧れますよね。何も悪いことしてないけど、親はパトカーを見たらドキドキするのに、子どもはパトカーが大好きですよね。
 おもちゃのパトカーがおばけが困っていると、大きくなって出動します。さあ、今夜もピーポポ出動。空を飛んだり、川にもぐったりの大冒険。ひとしはどんなおばけが困っているのか、いつもドキドキです。今回のおばけはかっぱのさんた、どんな悩みがあるのかな。ちょっと、ジーンとする場面もあり、親子で大好きになった本です。

 図書館でおもしろそうな題名と表紙をみて、思わず借りてきた本です。
テンポのいいお話と挿絵と文章が適度にあるので、一人で本を読み出したぐらいのお子さんにちょうどいいと思いますし、読み聞かせても親子で楽しめます。

 これシリーズになっているみたいなので、子どもに絶対に借りてきてとリクエストされちゃいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな木ほしいなぁ。  投稿日:2010/12/02
おおきな きが ほしい
おおきな きが ほしい 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 偕成社
 木登りが大好きの兄のお気に入りでした。こんな夢のような木が欲しいと何度も言っていました。兄は、横に曲がった松やまきの木によく登っていました。
 ツリーハウスって、子どもも大人も楽しめますよね。子どもの豊かな想像力を、実にみごとに再現した本だと思います。どうやって登るかとか、どんな動物が一緒に住んでいるかとか、おうちの中でお料理できたり、四季とともに部屋の様子がかわっていくのもステキです。
 この本に出てくる木は、本当に大きな木だと思います。見開きに木の様子が細かに書かれているのですが、それがまた物語への興奮をかきたてています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心温まるお話がいっぱい。  投稿日:2010/12/02
カエルのべんとうや
カエルのべんとうや 作: 安江 リエ
絵: あべ 弘士

出版社: 福音館書店
 ともだちが欲しくて、べんとうやを開くことになったカエル君の短いお話が、7話おさめられています。

 母の友の掲載されたお話をまとめたもので、どれもカエル君のおいしいお弁当にともだちって、ステキだなと思えるほのぼのとしたエピソードやちょっとハラハラする場面が描かれていて、だいたいページに挿絵があるので、絵本から童話への橋渡しにピッタリだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言い回しが好き。  投稿日:2010/12/02
だごだごころころ
だごだごころころ 絵: 梶山 俊夫
再話: 石黒 なみ子 梶山 俊夫

出版社: 福音館書店
 梶山さんの絵が好きで、素朴なんだけど表情豊かで落ち着いた色合いの地味な絵本ですが、昔話でよく聞いたことのある内容を関西弁の言い回しで語っています。

 だごはおだんごのことだったり、魔法のしゃもじを使えば粉がどんどん増えてきたりと昔話特有の不思議な世界に読み進めるうちに親子で引き込まれていきました。

 三つ子の赤鬼と赤とんぼの対比がおもしろく、同じ赤鬼だと思っていましたが、実は牙のはえ方が違っているらしく子どもが見つけて、小学生になってもやっぱり読んでもらって絵に集中したら、いろんな発見があると感心しました。            
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆうかんなねずみのお話。  投稿日:2010/12/02
ウィリーをすくえ!チム川をいく
ウィリーをすくえ!チム川をいく 作・絵: ジュディ・ブルック
訳: あきのしょういちろう

出版社: 童話館出版
 野ねずみやはりねずみが小さいいかだに乗って、どぶねずみに捕まえられたかえるを助けに行くお話です。
 躍動感あふれる絵と、テンポのよい文章で、小さいお子さんでも十分に楽しめるし、一人で本を読み出した兄も気に入って繰り返し読んでいます。

 見開きにも絵があるし、冒険ものに欠かせない航路が分かる場面が丁寧に描かれていて、道中いろんなハプニングが起こるので、ワクワクドキドキします。小さいお子さんの冒険絵本の入門として読んでも楽しいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スケールが大きい!!  投稿日:2010/12/02
シロナガスクジラより 大きいものって いるの?
シロナガスクジラより 大きいものって いるの? 作・絵: ロバート・E・ウェルズ
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
 小学生になって、科学本に興味を持ち出したお兄ちゃん。その入門編にと思って図書館から借りてきました。
 シロナガスクジラの瓶詰めやエベレスト山をドドーン積み上げたりと、そのスケールの大きさに親子でニヤニヤ笑いながら読み進めました。
 図鑑は大きさや重さなどを書いていますが、これは順々に大きさの想像(それでも想像を越えますが)がしやすくなっていて、小学低学年はもちろん、幼稚園のお子さんでも楽しめると思います。
 宇宙のことに興味を持っていて、自分からこの本に出てきた分からないものを、図鑑や辞書を調べて理解を深めていました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 大爆笑。  投稿日:2010/12/02
めちゃくちゃはずかしかったこと
めちゃくちゃはずかしかったこと 作: リュドヴィック・フラマン
絵: エマニュエル・エカウト
訳: ふしみ みさを

出版社: あすなろ書房
 題名と表紙の絵に引かれて図書館から借りてきました。

 一人で本を読むことが多くなった長男は、ここ最近にないヒット絵本だったらしく、読み出したとたん大爆笑。おなかをかかえて笑っていました。

 ページをめくると「落書き!?」と思うような、ノートの汚れや走り書きなど、小学生低学年のノートっていう感じも味があります。

 大人が読んでも「そうそう、あるある」と、共感したり懐かしくなったり童心にかえれる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な絵本。  投稿日:2010/12/02
虎落笛
虎落笛 作: 富安 陽子
絵: 梶山 俊夫

出版社: あかね書房
 昔話風の絵と、聞きなれない題名に引かれて図書館から借りてきました。梶山さんの絵が大好きな私は、待ちきれずに息子より先に読んでみて、きつねにつままれた感じがしました。とっても不思議な本です。

 息子も手にとって静かに読んでいました。読後に、「不思議な本だね」と一言ポツリの言いました。

 冬の風の強い日にたった一人で竹林を抜けるのは、大人でも気持ちのいいものではありません。そういった状況の中で、主人公の少年がはらっぱや竹林の葉のすれる音や風に揺られる情景から、不思議な体験を目撃したのだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハラハラドキドキの本。  投稿日:2010/12/02
おばけのジョージー おおてがら
おばけのジョージー おおてがら 作・絵: ロバート・ブライト
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
 原書は絵本をいうだけあって、文字の量が少なくまた各ページに楽しい絵があるし、子どもの大好きなおばけということで、一人で本を読み始めた兄に借りてきました。
 ちいさな恥ずかしがりやのジョージおばけに、一気に読んでしまい、シリーズになっていると伝えると、全部読みたいと息巻いています。

 小さい恥ずかしがりやのおばけが、ハラハラドキドキしながら動物たちと協力してどろぼうをつかまえたり、屋根裏部屋でそのおはなしの自慢をねずみに聞かせているところが、最近我が家で悪さをするねずみとつながったようで、繰り返し読んでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっても楽しい童話です。  投稿日:2010/12/02
ネッシーのおむこさん
ネッシーのおむこさん 作: 角野 栄子
絵: 西川 おさむ

出版社: 金の星社
 日本の北の深い森の中にあるあまり大きくない湖に、一人ぼっちで暮らすかいじゅう「ザブー」。このザブー、5本の指をつかってラジオを聞くことが出来るのです。ある時、イギリスのネッシーのニュースが聞こえてきました。後1週間で33万3333歳になるザブーは、オスかメスか分からないネッシーに、もしメスならお嫁さんになってもらおう、オスでもともだちになってもらおうと、初めて湖を出て大冒険に行くお話です。

 途中で人間に見つかってしまいます。ザブーをネッシーと勘違いして、ネッシーを捕まえようと、たくさんの人がザブーを追いかけます。
 気のいい船長さんと船員さんに助けられ、ネッシーへのプレゼントも準備してネス湖をめざします。さて、ザブーはネッシーのおむこさんになったのでしょうか。絵本から童話への橋渡しにお勧めです。
 続編もあるので、是非手にとりたいです。
参考になりました。 0人

630件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット