ごみじゃない! ごみじゃない!
作・絵: minchi  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
minchiさん、待望の最新刊! みーんな だいじな たからもの

やっちょとやまちゃんさんの公開ページ

やっちょとやまちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・香川県、男8歳 男7歳

自己紹介
 5歳と4歳の年子の男の子の母親です。
 読み聞かせに特に熱心だったということではないのですが、上の子が3ヶ月くらいから読み聞かせしています。そのおかげかどうか、二人とも絵本大好きです。

 幼い頃に自分が大好きだ絵本に(そんなこと忘れているのですが)子どものおかげで出会うことがあって、その瞬間が忘れられず家族全員で絵本ライフを満喫しています。

 
好きなもの
 お父さんと二人の息子たち。
 もちろん絵本・キャンプ・お花・絵画鑑賞・甘いお菓子・・・。
 モネの睡蓮の絵が、絵の中で一番好きです。
ひとこと
 最初は、みなさんの声を頼りに選書していました。そして、子どもには絵本を読んだ後に感想をきくことはしないので、お父さんと二人で語り合っていますが、こんな私の感想でもお役にたてるならと投稿を始めました。
 絵本は、何冊あってもいい!!と思っているのですが、300冊を超えた時点でジジからストップがかかり、自分が好きで子どもが繰り返し読むものだけを購入する事にしました。しかし、気分屋なものですからきっとペースは落ちますがどんどん増えると思います(笑)上の子は、新しい絵本に目がないので絵本を大事に扱うができるようになってきたこともあり、図書館をフル活用しています。
 

やっちょとやまちゃんさんの声

630件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う いじめっこといじめられっこ。  掲載日:2010/12/8
いじめっこがふたり
いじめっこがふたり 作: さとう さとる
絵: むらかみ つとむ

出版社: 偕成社
 おおきなきがほしいのコンビがおくる、かおると二人のいじめっこのお話です。

 どこにでもいるいじめっこだけど、かおるの近くにいるいじめっ子は仲良しの二人組み。一人でも困るのに、二人もいてそれが仲がいいから余計に困る。お母さんは、遊ばなければいいでしょと言うけれど、この二人がいないとまわりのみんなな楽しく遊べない。いじめられることもあるけど、そうでないときもあるし、この子たちがいろんな遊びを見つけてきて、いつのまにか仲良く遊んでしまう。

 そんな時ある事件が起きた。二人のいじめっ子が、かおるの買ってもらったばかりの白い帽子に、さくらんぼを入れて汚れてしまった。大切な白い帽子を汚されたかおるがとった行動とは・・・。

 小学校に入学して、同じクラスのやんちゃな子にちょっかい出されては「明日は学校行かない」と泣いて訴えていた長男。けど、朝にはけろっとしてまた学校へ。毎日毎日この繰り返しだった時期があって、この絵本に出会った時かおるの強さのほんのちょっぴりでもいいから、我が子にあればなと思いました。しかし、時間がたつにつれてけんかしたり、遊んだりを繰り返すうちにいい友だちになっていったので、我が子もたくましくなったなぁと。思い出に残る本です
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい やっと買ってもらえた自転車。  掲載日:2010/12/8
さとるのじてんしゃ
さとるのじてんしゃ 作: 大石 真
絵: 北田卓史

出版社: 小峰書店
 さとるの友だちは、みんな自転車を持っていて、自転車を持っていないさとるは一緒に遊んでもらえません。自転車があったらどんなにいいだろう。けど、あぶないから自転車は買ってもらえないというし、どうやったら買ってもらえるかな。
 お父さんとお母さんが相談して、自転車をやっと買ってくれるのですが、絶対に自動車の通る道では乗らないと約束します。
 それから毎日自転車に乗る練習をして、平らな道では転ばなくなったので、大丈夫と思って自動車の通る道を走ろうとしました。しかし、転んでしまったさとるに自動車がせまってきます。「あっ、ひかれる」さとるは、どうなっちゃうのかな。

 あぶないから自転車には乗らせません。このお母さんの気持ちはすごく分かります。しかし、あぶないから乗せないんでなくて、どうすれば安全に乗ることができるのかを教える大切さ。何事にも通じるお話だと思います。この本は、自転車にまつわる一連の話を、子どもの目線で書かれていて、もう少し早くこの本に出会っていたらと思いました。
 
 短くお話が分かれているので、幼稚園のお子さんにも是非読み聞かせあげてください。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい とっても楽しい童話です。  掲載日:2010/12/7
ネッシーのおむこさん
ネッシーのおむこさん 作: 角野 栄子
絵: 西川 おさむ

出版社: 金の星社
 日本の北の深い森の中にあるあまり大きくない湖に、一人ぼっちで暮らすかいじゅう「ザブー」。このザブー、5本の指をつかってラジオを聞くことが出来るのです。ある時、イギリスのネッシーのニュースが聞こえてきました。後1週間で33万3333歳になるザブーは、オスかメスか分からないネッシーに、もしメスならお嫁さんになってもらおう、オスでもともだちになってもらおうと、初めて湖を出て大冒険に行くお話です。

 途中で人間に見つかってしまいます。ザブーをネッシーと勘違いして、ネッシーを捕まえようと、たくさんの人がザブーを追いかけます。
 気のいい船長さんと船員さんに助けられ、ネッシーへのプレゼントも準備してネス湖をめざします。さて、ザブーはネッシーのおむこさんになったのでしょうか。絵本から童話への橋渡しにお勧めです。
 続編もあるので、是非手にとりたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすがは大いのしし。  掲載日:2010/12/7
もん太と大いのしし 改訂
もん太と大いのしし 改訂 作・絵: 馬場 のぼる
出版社: ポプラ社
 11ぴきのねこシリーズや、きつね森の山男など、馬場さんの絵本が大好きな子どもたち。そろそろ童話へと進めたいけど、こだわりのある長男が、これは絵が少ないとか、この本は文章が多い等と本選びに困っていた時に、絵本から童話への橋渡しにちょうどいいかなと思って図書館から借りてきました。みごとにはまった本です。

 矢も跳ね返し、大岩も砕くほどの大いのししと、このたいしょうを射止めるために切磋琢磨するもん太との不思議な友情が、読んでいて気持ちいい本です。

 馬場さんの本の最後には、サインとして馬のような字が書かれています。この字が大好きで、本棚から11ぴきのネコシリーズなど馬場さんの作品を取り出して、見比べていました。絵本っていろんな楽しみ方があるんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな木ほしいなぁ。  掲載日:2010/12/7
おおきな きが ほしい
おおきな きが ほしい 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 偕成社
 木登りが大好きの兄のお気に入りでした。こんな夢のような木が欲しいと何度も言っていました。兄は、横に曲がった松やまきの木によく登っていました。
 ツリーハウスって、子どもも大人も楽しめますよね。子どもの豊かな想像力を、実にみごとに再現した本だと思います。どうやって登るかとか、どんな動物が一緒に住んでいるかとか、おうちの中でお料理できたり、四季とともに部屋の様子がかわっていくのもステキです。
 この本に出てくる木は、本当に大きな木だと思います。見開きに木の様子が細かに書かれているのですが、それがまた物語への興奮をかきたてています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きなジオジオ  掲載日:2010/12/7
ジオジオのたんじょうび
ジオジオのたんじょうび 作: 岸田 衿子
絵: 中谷 千代子

出版社: あかね書房
 まだ字が分からない次男が、繰り返し繰り返し読んでと持ってきた本です。
 ジオジオは、ライオンでみんなから恐れられいます。しかし、年をとって動物を食べたいとは思いません。おかしが大好きなのです。スイーツ作るために、ぞうのブーラーがジオジオ専属のパティシエとして、毎日いろんなすてきなおいしいお菓子を作ってくれます。
 
 誕生日には、ジオジオが特別に注文したケーキを作るために、みんな必死で材料を集めます。さて、どんなケーキになるのでしょうか。ちょっと、ジーンとする場面もあり、次男は一人でも何度も何度も本を読んでいました。

 この本の他にも、ジオジオのパンやさんがあります。これとは、また違った設定で、こちらも是非お勧めします。絵本から童話へと、すてきな橋を渡しをしてくれると思います。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 味のある絵本。  掲載日:2010/12/6
どろんこ こぶた
どろんこ こぶた 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
 アーノルド・ローベルのこの小さな絵本シリーズは、長く読み継がれているだけあって、とってもいい絵本です。古典なんだけど、お話は古臭くなくてこれからもずーっと読み継がれると思います。

 一人で読む絵本としても、長さもちょうどいいし、もちろん小さい子でも絵が語ってくれるので、読み聞かせにもおすすめです。

 どろんこに身を沈めるのが大好きなぶたくんが、お掃除でどろんこをきれいにされたことにはらをたてて家出します。森の沼や町のごみ置き場など、どろんこを求めて旅に出ますが、最後に大変な事態になっちゃいます。これは、是非とも読んでみて確認してください。どろんこに似ているけど、入ったらまずいよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 暑い夏もやっぱりおでん。  掲載日:2010/12/5
おでんさむらい ひやしおでんのまき
おでんさむらい ひやしおでんのまき 作: 内田 麟太郎
絵: 西村 繁男

出版社: くもん出版
 おでんさむらいシリーズは親子で大ファンで、図書館で借りてくると子どもだけでなく母も父も我先にと読む絵本です。「次はお父さんや」とか、「もうまとめて皆で読もう」とか、家族皆で盛り上がれること間違いなし。

 今回は、お江戸の一大事!!しかし、妖怪の助っ人が大活躍してあわやの大惨事を見事に切り抜けます。いろんな妖怪が出てくるのも、子どもは楽しんでいるみたいです。ストーリーも楽しいし、最初にある短い歌が耳に残って毎号楽しみに読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんなパンがおいしそうです。  掲載日:2010/12/5
ジオジオのパンやさん
ジオジオのパンやさん 作: 岸田 衿子
絵: 中谷 千代子

出版社: あかね書房
 次男が大好きだった本です。本当によく読んでいたので、この本の他にもジオジオのたんじょうびがあるのですが、二冊迷わず購入しました。何度も繰り返し読み聞かせ、一人でもじーっとページをめくって読んでいました。

 ジオジオは、ピンクのかべのパンやさんです。いろんなパンを焼いていて、お客さんにおまけであげています。ジオジオとお客さんとのやりとりも楽しいし、次男が好きなのは、ネズミの坊やの場面です。私は、ロバのもの悲しげな歌に惹かれます。

 パン好きのお子さんに是非読み聞かせてください。もちろん、小学生低学年ぐらいから一人で読む童話としてもお勧めです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 心温まるお話がいっぱい。  掲載日:2010/12/5
カエルのべんとうや
カエルのべんとうや 作: 安江 リエ
絵: あべ 弘士

出版社: 福音館書店
 ともだちが欲しくて、べんとうやを開くことになったカエル君の短いお話が、7話おさめられています。

 母の友の掲載されたお話をまとめたもので、どれもカエル君のおいしいお弁当にともだちって、ステキだなと思えるほのぼのとしたエピソードやちょっとハラハラする場面が描かれていて、だいたいページに挿絵があるので、絵本から童話への橋渡しにピッタリだと思います。
参考になりました。 0人

630件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!
  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット