新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

天使のケーキちゃんさんの公開ページ

天使のケーキちゃんさんのプロフィール

その他の方・10代以下・静岡県

自己紹介
私は、小学2年生の女の子です。
私は、赤ちゃんのころから、本が大好きで、お母さんと毎日いっしょに読んでいたので、もう2000さつくらい読みました。
私は、本を読むと、なんだかそのお話の世界の中に自分もいるみたいで、楽しく思えるのです。
私は、きれいな絵を見ると、その絵をまねしてかきます。
私は、楽しい本が大好きです。もっともっといろいろな本を読みたいです。

2017年1月
私は、今、中学生になりました。
毎日忙しいけれど、本はかわらず大好きです。
将来は、作家になりたいと思っています。
いつもたくさんの本を読んでいます。最近は、岩波の国語辞典を買いました。
夢を持ち続けて、子どもの頃の心を忘れず、いつか自分自身の本を書きたいです。


私が「天使のケーキちゃん」というニックネームにしたりゆうは、お母さんのニックネームの「ガーリャ」という名前が、ロシア語の女の子の名前で、白いという意味があるので、私もお母さんと同じ真っ白なイメージにしたくて、「天使のケーキちゃん」にしました。
好きなもの
☆好きなもの
犬。本。絵をかくこと。ピンク色。チョコレート。

2017年1月
馬、狐、狼(動物全般)、乗馬、暗記

☆好きな作家
あんびるやすこさん、たかどのほうこさん、富安陽子さん、中川李枝子さん、どいかやさん、松谷みよ子さん、大島妙子さん、つちだのぶこさん、エルサ・ベスコフさん、今西乃子さん、中川ひろたかさん、みやにしたつやさん、飯野和好さん、ふくざわゆみこさん、植田真さん、みやこしあきこさん、あだちなみさん。

2017年1月
富安陽子さん、上橋菜穂子さん、荻原規子さん、友麻碧さん、成田サトコさん
ひとこと
いろんな人にたくさんの本をしょうかいして、読んでもらえるように、がんばりたいです。

2017年1月
本というと、文字がずらりと羅列していて、読書が嫌いという人もいると思います。
でも、物語を読むと、クスリと笑って、感動して泣いて、ハラハラ、ドキドキして・・・思わず
惹きこまれます。
私はそんな読書の楽しみをもっと多くの人に知ってもらいたいです。
大げさと思うかもしれないけれど、一冊の本によってあなたの人生が変わるかもしれません。
さあ、物語の1ページ目をめくってみませんか?

天使のケーキちゃんさんの声

127件中 91 〜 100件目最初のページ 前の10件 8 9 10 11 12 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 王であっても  投稿日:2014/09/05
虚空の旅人
虚空の旅人 作: 上橋 菜穂子
絵: 佐竹 美保

出版社: 偕成社
チャグムが<ナユーグル・ライタの目>を助けようとした気持ちに、この本を読んでいた私は、心を動かされました。チャグムは、大人達が見たら、きっと冷たいしせんをむけられることばかりだと思います。でも、その中で、自分の意しで動いているチャグムは、すごいなと思いました。私もそんなことができたらなと思います。チャグムが自分の立場には、目をつけずに、たった1人の命をすくおうとした気持ち、たしかに私の心にとどきました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 日常に魔法が関わっている中で  投稿日:2014/08/23
大魔法使いクレストマンシー魔女と暮らせば
大魔法使いクレストマンシー魔女と暮らせば 作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
絵: 佐竹 美保
訳: 田中薫子

出版社: 徳間書店
大魔法使いクレストマンシーのシリーズの中で、
この本が1番おもしろかったです。
わたしは、グウェドリンみたいなお姉さんがいたら、
いやだと思います。
いじわるだし、かってに命を使うなんて、ひどいからです。
グウェドリンに、クレストマンシーは、あまりおこらずに、
ほっとくから、すごいと思いました。
わたしなら、すぐおこると思います。
(おしろから追い出すかも。)
こんな世界があったらいいな、と思います。
そっちの世界は、自由だからです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ペガサスみたいな馬  投稿日:2014/02/12
講談社青い鳥文庫 黒魔女さんが通る!!(16) 黒魔女さんのホワイトデー
 講談社青い鳥文庫 黒魔女さんが通る!!(16) 黒魔女さんのホワイトデー 著者: 石崎 洋司
画家: 藤田 香

出版社: 講談社
ペガサスのような馬が出てくるところがいいです。
でも、黒ま女さんらしく、黒色で、
ひづめのところに、つばさがついているところが、おどろきました。
わたしは、乗馬を習っているけれど、
たずなを放すと、くるってしまう馬なんて、わたしはいやです。

ワッフさんは、エクソノーム様と同じ魔物かと思ったら、ちがったので、
もし、けっこんしたら、牛人間みたいな子が生まれるのかな?と
思いました。
想像したら、わらっちゃいました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 続きが読みたいな  投稿日:2013/12/21
アーヤと魔女
アーヤと魔女 作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳: 田中薫子
絵: 佐竹 美保

出版社: 徳間書店
お誕生日にお母さんからプレゼントしてもらった本です。
表紙を開いたら、佐竹美保さんの手書きのサインと、
かわいい女の子の絵があって、びっくりしました。
1番うれしかったお誕生日のプレゼントでした。

アーヤのふてくされた顔がかわいかったです。
言葉がしゃべれるねこっていいな、と思いました。
バスルームのとなりの図書館みたいなへやには、
わたしの読みたそうな本がありそうでした。
この続きを読みたいです。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい せかいで1番大きなパンプキンパイ  投稿日:2013/10/16
ぐりとぐらとすみれちゃん
ぐりとぐらとすみれちゃん 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
 わたしは、小さいころから、本が大すきで、「ぐりとぐら」の本も全部暗しょうして
しまいました。どの本にも思い出がいっぱいあります。

 わたしが1番すきなのは、「ぐりとぐらとすみれちゃん」。
ぐりとぐらは、朝からやさいをたくさん食べているんだね。わたしも、やさいが大すき。
でも、わたしなら、にんじんのオムレツじゃなく、にんじんケーキにしようかな?

 わたしも、ラディッシュやバジルやレタスを育てています。
朝起きるとすぐ、大きくなったかな?と見に行きます。
わたしも、りっぱなおひゃくしょう。

 わたしは、とってもくいしんぼう。だから、まずお料理に目をつけます。
ぐりとぐらたちが作ったお料理は、どれもおいしそう。
どれから食べようかな?と、いつも絵本を見ながらまよっちゃいます。

 わたしもいつか作ってみたいな、すみれかぼちゃみたいなまん丸かぼちゃで、
せかい一大きなパンプキンパイを。
 そしたら、森の動物たちもぞくぞくと集まってきて、みんなでいっしょに食べるの。
こおろぎのかなでる音楽の中で。

 ぐりとぐらの歌も大すき。おぼえやすくて、おもしろいから。
わたしもお料理するときに歌っています。
ぐりとぐらが、このよで1番すきなのは、お料理すること、食べることなんて、
とってもすてきなことだと思います。
ぐりとぐらのおいしそうなお料理や、みんなのうれしそうな顔を見ていると、
わたしも、気持ちがほっかほかになります。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい わたしのパパのお話です  投稿日:2013/05/14
ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜
ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜 著者: ニコリック鈴木美香子
出版社: 牧歌舎
これは、わたしのママが書いた本だと思うと、なんだかふしぎな感じがします。

そして、これは、わたしのパパが子どものころのお話だと聞いて、わくわくしました。
わたしは、まだパパが生まれた国に行ったことがありません。

しゅじんこうのルーレは、山が青々と広がっているところに住めて、
すてきだなと思いました。
がちょうのたまごは、どんなあじだったのかな?
私だったら、オムレツじゃなくって、たまごやきにします。
パラチンケは、とってもおいしそうで、読んでいてよだれが出てきそうでした。

ワインにするぶどうを、ぐちゅぐちゅと足でふむのも楽しそうでした。
うちの犬は、いたずらでどうしようもないけれど、その仕事だったら、役に立つと思います。

ルーレがねむってしまって、がちょうのミーチャがいなくなっていたときは、
どうなるんだろうと、ドキドキしました。
ミーチャは自分で家に帰ったなんて、サルと同じくらいりこうだなあ、と感心しました。
「いたずらミーチャめ!」ってルーレは言ったけど、
「おやすみ、ぼくのともだち」と言ったところは、わたしも心がほかほかしました。
お母さんが、「ミーチャを売らない」と言ってくれたことは、感動しました。

わたしも、いつかパパの生まれた村に行ってみたいです。
そして、がちょうに、口ばしでかまれたいです!
パパは、こどものころ、「犬よりもがちょうにかみつかれるほうが、こわかった」と
言うけれど、大げさに言っているのか、どれくらいいたいのか、
自分でたしかめてみたいな、と思います。

おじいちゃんのかいた絵は、がちょうが上手だと思いました。
わたしもいつか、こういう心があったかくなるような絵をかいてみたいです。
参考になりました。 6人

自信を持っておすすめしたい ロマンチック  投稿日:2012/12/04
サカサかぞくのだんながなんだ
サカサかぞくのだんながなんだ 作・絵: 宮西 達也
出版社: ほるぷ出版
わたしは、この本を読む時、とても時間がかかりました。
だって、全部さかさだから、読むのがとてもたいへんだったからです。
でも、おもしろいさかさことばがたくさんあって、お母さんといっしょに
わらっちゃいました。
さいごは、「すきキス」で、なかよくなれて、ロマンチックでよかったと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい とてもかしこいラーニ  投稿日:2012/12/04
1つぶのおこめ
1つぶのおこめ 作・絵: デミ
訳: さくま ゆみこ

出版社: 光村教育図書
とてもかわっている絵で、すてきだな、と思いました。
もしわたしの国に王女様がいたら、あのけちな王様より、
かしこくて、やさしいラーニみたいな人がいいと思います。

ラーニは、かしこすぎて、わたしも、さいしょはかけ算で計算できたけど、
さいごは、もう頭がくらくらして、できませんでした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい やっぱり今の時代のほうがいい  投稿日:2012/12/04
時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで
時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
時の迷路は、本当にほかの時代に行くわけじゃないけど、
タイムスリップで行ってるような気持ちになりました。
それに、わたしは、自分ではわかんなかったけど、
いがいに、めいろがとくいなことがわかりました。

わたしが1番行ってみたいのは、平安時代です。
わたしもおひめさまみたいに、かみを長くしたいからです。
でも、やっぱり自分の時代のほうがいいと思いました。
わけは、ほかの時代だと、食りょう不足になったり、
せんそうになったりして、人をきずつけるから、
今の時代のほうがいいと思うからです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい この本を読まないときは  投稿日:2012/12/04
チキチキチキチキいそいでいそいで
チキチキチキチキいそいでいそいで 作: 角野 栄子
絵: 荒井 良二

出版社: あかね書房
わたしは、この本を読む時、いつのまにか早口になって、
わたしやお母さんの心の中も、チキチキチキチキ、
いそいでいるようになって、ねる時も、たったの1分でねちゃいました。
でも、わたしは、のんびりやさんなので、この本を読んでないときは、
のんびり、のんびりやっています。
参考になりました。 2人

127件中 91 〜 100件目最初のページ 前の10件 8 9 10 11 12 ... 次の10件 最後のページ

似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット